スポンサーリンク

【 秋を表現する言葉一覧】季語 – 季節の美しい言葉

【 秋を表現する言葉一覧】季語 - 季節の美しい言葉 一覧
スポンサーリンク

『秋』の季語を読み方付きで一覧にまとめました。 日本の秋の季節を連想させる情緒ある美しい言葉です。秋の情景を表す素敵な言葉をご覧ください。

 

秋の季語 一覧

 

【時候】

 

うすら寒(うすらさむ) 盆秋(ぼんしゅう)
うそ寒(うそさむ) 相月(そうげつ)
かりがね寒き(かりがねさむき) 秋くるる(あきくるる)
さやか 秋さる(あきさる)
さやけし 秋じむ(あきじむ)
すずろ寒(すずろさむ) 秋ぞ隔る(あきぞへだたる)
そぞろに寒し(そぞろにさむし) 秋づく(あきづく)
そぞろ寒(そぞろさむ) 秋に入る(あきにいる)
ひいやり 秋に後るる(あきにおくるる)
ひえびえ 秋の別(あきのわかれ)。
ひやひや 秋の名残(あきのなごり)
めであい月(めであいづき) 秋の夕暮(あきのゆうぐれ)
やや寒し(ややさむし) 秋の夕(あきのゆうべ)
ようやく寒し(ようやくさむし) 秋の夜(あきのよ)
ようよう寒し(ようようさむし) 秋の宵(あきのよい)
七夕月(たなばたづき) 秋の日(あきのひ)
七夜月(ななよづき) 秋の昼(あきのひる)
三秋(さんしゅう) 秋の暮(あきのくれ)
上秋(じょうしゅう) 秋の朝(あきのあさ)
下冷(したびえ) 秋の果(あきのはて)
中商(ちゅうしょう) 秋の気(あきのき)
中律(ちゅうりつ) 秋の湊(あきのみなと)
中秋(ちゅうしゅう) 秋の社日(あきのしゃにち)
九月尽(くがつじん) 秋の終(あきのおわり)
九月(くがつ) 秋の行方(あきゆくえ)
九秋(きゅうしゅう) 秋の限(あきのかぎり)
二百二十日(にひゃくはつか) 秋めく(あきめく)
二百十日(にひゃくとおか) 秋冷(しゅうれい)
今日の秋(きょうのあき) 秋分(しゅうぶん)
今朝の朝(けさのあさ) 秋初め(あきはじめ)
仲の秋(なかのあき) 秋初月(あきはづき)
仲秋(ちゅうしゅう) 秋半ば(あきなかば)
八月尽(はちがつじん) 秋口(あきぐち)
八月(はちがつ) 秋夕(しゅうせき)
八朔(はっさく) 秋夜(しゅうや)
冬を待つ(ふゆをまつ) 秋宵(しゅうしょう)
冬近し(ふゆちかし) 秋寂ぶ(あきさぶ)
冬隣る(ふゆとなる) 秋寒し(あきさむし)
冬隣(ふゆどなり) 秋寒(あきさむ)
冷たし(つめたし) 秋小寒(あきこさむ)
冷まじ(すさまじ) 秋彼岸会(あきひがんえ)
冷やか(ひややか) 秋彼岸(あきひがん)
冷ゆる(ひゆる) 秋惜む(あきおしむ)
処暑(しょしょ) 秋日向(あきひなた)
初めて涼し(はじめてすずし) 秋日影(あきひかげ)
初涼(しょりょう) 秋日(あきび)
初秋(しょしゅう) 秋暁(しゅうぎょう)
初秋(はつあき) 秋暑し(あきあつし)
前七日(まえなぬか) 秋暑(しゅうしょ)
十月(じゅうがつ) 秋更くる(あきふくる)
厄日(やくび) 秋朝(しゅうちょう)
夜を寒み(よをさむみ) 秋来る(あきくる)
夜半の秋(よわのあき) 秋気澄む(しゅうきすむ)
夜寒さ(よさむさ) 秋気(しゅうき)
夜寒(よさむ) 秋浅し(あきあさし)
夜長人(よながびと) 秋涼し(あきすずし)
夜長妻(よながづま) 秋涼(しゅうりょう)
夜長衆(よながしゅう) 秋深し(あきふかし)
夜長(よなが) 秋深む(あきふかむ)
女郎花月(おみなえしづき) 秋澄む(あきすむ)
孟秋(もうしゅう) 秋爽(しゅうそう)
季秋(きしゅう) 秋社(しゅうしゃ)
宵の秋(よいのあき) 秋立つ(あきたつ)
寒露(かんろ) 秋行く(あきゆく)
寝覚月(ねざめづき) 秋過ぐ(あきすぐ)
小田刈月(おだかりづき) 秋闌くる(あきたくる)
帰る秋(かえるあき) 秋闌(あきたけなわ)
律の調べ(りちのしらべ) 秋風月(あきかぜづき)
律の風(りちのかぜ) 秋麗(あきうらら)
後の彼岸(のちのひがん) 秋麗(しゅうれい)
文披月(ふみひろげづき) 秋(あき)
文月(ふづき) 稲刈月(いねかりづき)
文月(ふみづき) 空澄む(そらすむ)
新たに涼し(あらたにすずし) 立秋(りっしゅう)
新涼(しんりょう) 紅染月(べにぞめづき)
新秋(しんしゅう) 紅樹(こうじゅ)
早くも涼し(はやくもすずし) 紅葉月(もみはづき)
早涼(そうりょう) 素秋(そしゅう)
早秋(そうしゅう) 肇秋(ちょうしゅう)
晩秋(おそあき) 肌寒(はださむ)
晩秋(ばんしゅう) 色どる月(いろどるつき)
暮の秋(くれのあき) 草津月(くさつづき)
暮秋(ぼしゅう) 荘月(そうげつ)
月見月(つきみづき) 菊の秋(きくのあき)
朝冷(あさびえ) 菊咲月(きくざきづき)
朝寒し(あささむし) 菊月(きくづき)
朝寒み(あささむみ) 萩月(はぎづき)
朝寒(あささむ) 葉月尽(はづきじん)
木染月(こそめづき) 葉月(はづき)
末の秋(すえのあき) 薄寒(うすさむ)
末秋(まつしゅう) 蘭月(らんげつ)
桂月(けいげつ) 蘭秋(らんしゅう)
桐秋(とうしゅう) 行く秋(ゆくあき)
梢の月(こずえのつき) 親月(しんげつ)
残る暑さ(のこるあつさ) 豺の祭(さいのまつり)
残る秋(のこるあき) 豺獣を祭る(おおかみけものを)
残暑(ざんしょ) 身に入む(みにしむ)
水始めて涸る(みずはじめてかる) 金秋(きんしゅう)
涼新た(りょうあらた) 長き夜(ながきよ)
涼月(りょうげつ) 長夜(ちょうや)
深秋(しんしゅう) 長月(ながつき)
清秋(せいしゅう) 雁来月(かりくづき)
漸寒(ややさむ) 難月(なんげつ)
濃染月(こぞめづき) 雨冷(あまびえ)
燕去月(つばめさりづき) 雷声を収む(かみなりこえをおさむ)
爽か(さわやか) 霜降の節(そうこうのせつ)
爽やぐ(さわやぐ) 霜降(そうこう)
爽気(そうき) 風日待(かぜひまち)
爽涼(そうりょう) 風祭(かぜまつり)
物の音澄む(もののねすむ) 餞暑(せんしょ)
狼の祭(おおかみのまつり) 餞月(せんげつ)
玄月(げんげつ) 首秋(しゅしゅう)
白帝(はくてい) 髙秋(こうしゅう)
白秋(はくしゅう) 龍淵に潜む(りゅうふちにひそむ)
白露(はくろ) 九月尽く(くがつつく)

 

【天文】

 

いざよう月(いざようつき) 望の夜(もちのよ)
いなたま秋虹(あきにじ) 望月(もちづき)
いなつるび 朝月夜(あさづきよ)
おくりまじ 朝月夜(あさづくよ)
おしあな 朝月(あさづき)
げげん 朝霧(あさぎり)
しけ寒(しけさむ) 朝露(あさつゆ)
やまじ 栗名月(くりめいげつ)
三五の月(さんごのつき) 残る月(のこるつき)
三五夜(さんごや) 水霜(みずしも)
三日の月(みっかのつき) 河漢(かかん)
三日月眉(みかづきまゆ) 流れ星(ながれぼし)
三日月(みかづき) 流星(りゅうせい)
上の弓張(かみのゆみはり) 満月(まんげつ)
上り月(のぼりづき) 濃霧(のうむ)
上り月(のぼりづき) 無月(むげつ)
上弦の月(じょうげんのつき) 爽籟(そうらい)
上弦(じょうげん) 片割月(かたわれづき)
上露(うわつゆ) 狭霧(さぎり)
下の弓張(しものゆみはり) 玉兎(ぎょくと)
下り月(くだりづき) 白露(しらつゆ)
下弦の月(かげんのつき) 白鳥座(はくちょうざ)
下弦(かげん) 盆の月(ぼんのつき)
下露(したつゆ) 盆北風(ぼんぎた)
二八夜(にはちや) 盆東風(ぼんごち)
二十三夜(にじゅうさんや) 眉書月(まゆがきづき)
二十日亥中(はつかいなか) 眉月(まゆづき)
二十日月(はつかづき) 真夜中の月(まよなかのつき)
二夜の月(ふたよのつき) 碇星(いかりぼし)
二日の月(ふつかのつき) 秋の光(あきのひかり)
二日月(ふつかづき) 秋の初雪(あきのはつゆき)
五日月(いつかづき) 秋の初霜(あきのはつじも)
亥中の月(いなかのつき) 秋の初風(あきのはつかぜ)
今宵の月(こよいのつき) 秋の声(あきのこえ)
今日の月(きょうのつき) 秋の夕焼(あきのゆうやけ)
仲秋無月(ちゅうしゅうむげつ) 秋の大風(あきのおおかぜ)
仲秋節(ちゅうしゅうせつ) 秋の嵐(あきのあらし)
佳宵(かしょう) 秋の星(あきのほし)
入るさの月(いるさのつき) 秋の村雨(あきのむらさめ)
八日月(ようかづき) 秋の空(あきのそら)
初嵐(はつあらし) 秋の色(あきのいろ)
初月夜(はつづきよ) 秋の落日(あきのらくじつ)
初月(はつづき) 秋の虹(あきのにじ)
初露(はつつゆ) 秋の雨(あきのあめ)
初風(はつかぜ) 秋の雪(あきのゆき)
初魄(しょはく) 秋の雲(あきのくも)
十七夜(じゅうしちや) 秋の雷(あきのらい)
十三夜(じゅうさんや) 秋の霜(あきのしも)
十五夜(じゅうごや) 秋の音(あきのおと)
十八夜月(じゅうはちやづき) 秋の風(あきのかぜ)
十六夜(いざよい) 秋光(しゅうこう)
十六夜(じゅうろくや) 秋北斗(あきほくと)
十日月(とおかづき) 秋声(しゅうせい)
半月(はんげつ) 秋夕焼(あきゆうやけ)
台風の目(たいふうのめ) 秋天(しゅうてん)
台風圏(たいふうけん) 秋容(しゅうよう)
台風眼(たいふうがん) 秋日和(あきびより)
台風禍(たいふうか) 秋旱(あきひでり)
台風裡(たいふうり) 秋旻(しゅうびん)
台風(たいふう) 秋時雨(あきしぐれ)
名月(めいげつ) 秋景色(あきげしき)
名残の月(なごりのつき) 秋晴るる(あきはるる)
名高き月(なだかきつき) 秋晴(あきばれ)
四日月(よっかづき) 秋曇(あきぐもり)
土用時化(どようじけ) 秋望(しゅうぼう)
夕月夜(ゆうづきよ) 秋湿り(あきじめり)
夕月夜(ゆうづきよ) 秋空(あきぞら)
夕月夜(ゆうづくよ) 秋色(しゅうしょく)
夕月(ゆうづき) 秋陰(しゅういん)
夕霧(ゆうぎり) 秋雨(あきさめ)
夕露(ゆうづゆ) 秋雪(しゅうせつ)
夜這星(よばいぼし) 秋雲(しゅううん)
夜霧(よぎり) 秋雷(しゅうらい)
夜露(よつゆ) 秋霖(しゅうりん)
大西風(おおにし) 秋霜(しゅうそう)
天の川(あまのかわ) 秋風(あきかぜ)
天漢(てんかん) 秋風(しゅうふう)
天高し(てんたかし) 秋高し(あきたかし)
女名月(おんなめいげつ) 秋髙(しゅうこう)
姥月(うばづき) 秋黴雨(あきついり)
嫦娥(じょうが) 稲の殿(いねのとの)
宵月夜(よいづきよ) 稲光(いなびかり)
宵月(よいづき) 稲妻(いなずま)
宵闇(よいやみ) 空高し(そらたかし)
富士の初雪(ふじのはつゆき) 立待月(たちまちづき)
富士の山洗(ふじのやまあらい) 立待(たちまち)
寝待月(ねまちづき) 端正の月(たんしょうのつき)
寝待(ねまち) 籾落し(もみおとし)
小望月(こもちづき) 素風(そふう)
居待月(いまちづき) 繊月(せんげつ)
居待(いまち) 臥待月(ふしまちづき)
幻月(げんげつ) 臥待(ふしまち)
座待月(いまちづき) 良夜(りょうや)
弓張月(ゆみはりづき) 良宵(りょうしょう)
弓張月(ゆみはりづき) 色無き風(いろなきかぜ)
弦月(げんげつ) 芋名月(いもめいげつ)
弦(ゆみはり) 芋嵐(いもあらし)
待宵(まつよい) 若月(じゃくげつ)
後の月(のちのつき) 菊日和(きくびより)
御山洗(おやまあらい) 薄霧(うすぎり)
新月(しんげつ) 蛾眉(がび)
既望(きぼう) 豆名月(まめめいげつ)
旻天(びんてん) 送りまぜ(おくりまぜ)
明の月(あけのつき) 送南風(おくりまぜ)
明月(めいげつ) 遅月(おそづき)
星月夜(ほしづきよ) 野わけ(のわけ)
星河(せいが) 野分だつ(のわきだつ)
星流る(ほしながる) 野分晴(のわきばれ)
星走る(ほしはしる) 野分跡(のわきあと)
星飛ぶ(ほしとぶ) 野分雲(のわきぐも)
昼の月(ひるのつき) 野分(のわき)
曇る名月(くもるめいげつ) 金風(きんぷう)
更待月(ふけまちづき) 釣瓶落し(つるべおとし)
更待(ふけまち) 銀湾(ぎんわん)
月の兎(つきのうさぎ) 銀漢(ぎんかん)
月の入(つきのいり) 降り月(くだりづき)
月の出(つきので) 雁渡し(かりわたし)
月の剣(つきのけん) 雨の月(あめのつき)
月の剣(つきのつるぎ) 雨名月(あめめいげつ)
月の弓(つきのゆみ) 雨夜の月(あまよのつき)
月の暈(つきのかさ) 雨月(うげつ)
月の桂(つきのかつら) 雲漢(うんかん)
月の氷(つきのこおり) 霧の帳(きりのとばり)
月の眉(つきのまゆ) 霧の海(きりのうみ)
月の秋(つきのあき) 霧の籬(きりのまがき)
月の舟(つきのふね) 霧の谷(きりのたに)
月の蟾(つきのかえる) 霧の香(きりのか)
月の輪(つきのわ) 霧時雨(きりしぐれ)
月の都(つきのみやこ) 霧襖(きりぶすま)
月の鏡(つきのかがみ) 霧雨(きりさめ)
月の雨(つきのあめ) 霧雫(きりしずく)
月の雲(つきのくも) 霧(きり)
月の鼠(つきのねずみ) 露けし(つゆけし)
月よみ(つきよみ) 露の宿(つゆのやど)
月上る(つきのぼる) 露の玉(つゆのたま)
月今宵(つきこよい) 露の秋(つゆのあき)
月代(つきしろ) 露冴ゆる(つゆさゆる)
月傾く(つきかたむく) 露寒し(つゆさむし)
月夜烏(つきよがらす) 露寒(つゆざむ)
月夜(つきよ) 露時雨(つゆしぐれ)
月宮殿(げつきゅうでん) 露葎(つゆむぐら)
月更くる(つきふくる) 露霜(つゆじも)
月渡る(つきわたる) 露(つゆ)
月白(つきしろ) 青北風(あおぎた)
月落つ(つきおつ) 風の色(かぜのいろ)
月(つき) 颱風(たいふう)
有明月(ありあけづき) 高西風(たかにし)
有明月(ありあけづき) 鮭颪(さけおろし)
有明(ありあけ) 鯖雲(さばぐも)
望くだり(もちくだり) 鰯雲(いわしぐも)

 

【地理】

 

不知火(しらぬい) 秋の湖(あきのうみ)
刈小田(かりおだ) 秋の湖(あきのみずうみ)
刈田道(かりたみち) 秋の潮(あきのしお)
刈田面(かりたづら) 秋の狩場(あきのかりば)
刈田(かりた) 秋の田(あきのた)
初潮(はつしお) 秋の野(あきのの)
堰外す(せきはずす) 秋の錦(あきのにしき)
山の秋(やまのあき) 秋出水(あきでみず)
山の色(やまのいろ) 秋園(しゅうえん)
山の錦(やまのにしき) 秋山(しゅうざん)
山彩る(やまいろどる) 秋嶺(しゅうれい)
山澄む(やますむ) 秋川(あきがわ)
山粧う(やまよそう) 秋水(しゅうすい)
山粧う(やまよそおう) 秋汀(しゅうてい)
庭の秋(にわのあき) 秋江(しゅうこう)
望の潮(もちのしお) 秋渚(あきなぎさ)
末枯の原(うらがれのはら) 秋潮(あきしお)
末枯の野山(うらがれののやま) 秋濤(しゅうとう)
末枯の野辺(うらがれののべ) 秋田(あきた)
末枯野(うらがれの) 秋苑(しゅうえん)
枯野の色(かれののいろ) 秋郊(しゅうこう)
水の秋(みずのあき) 秋野(あきの)
水澄む(みずすむ) 粧う山(よそおうやま)
水落す(みずおとす) 色づく田(いろづくた)
水見舞(みずみまい) 花圃(かほ)
洪水(こうずい) 花園(はなぞの)
浜の秋(はまのあき) 花壇(かだん)
田の色(たのいろ) 花畑(はなばたけ)
田水落す(たみずおとす) 花野(はなの)
盆波(ぼんなみ) 苅田原(かりたはら)
盆荒(ぼんあれ) 草木の錦(くさきのにしき)
秋の園(あきのその) 落し水(おとしみず)
秋の山(あきのやま) 葉月潮(はづきじお)
秋の嶺(あきのみね) 野の末枯(ののうらがれ)
秋の川(あきのかわ) 野の秋(ののあき)
秋の庭(あきのにわ) 野の色(ののいろ)
秋の水(あきのみず) 野の錦(ののにしき)
秋の江(あきのこう) 野山の色(のやまのいろ)
秋の池(あきのいけ) 野山の錦(のやまのにしき)
秋の沼(あきのぬま) 野山色づく(のやまいろづく)
秋の波(あきのなみ) 野路の秋(のじのあき)
秋の浜(あきのはま) 風津波(かぜつなみ)
秋の海(あきのうみ) 高潮(たかしお)

【生活】

 

からすみ 秋の炉(あきのろ)
きりたんぽ 秋の燈(あきのひ)
ころ柿(ころがき) 秋の蚊帳(あきのかや)
すずこ 秋の袷(あきのあわせ)
たんぽ餅(たんぽもち) 秋の遊び(あきのあそび)
とんぶり 秋の遠足(あきのえんそく)
どぶろく 秋の野遊び(あきののあそび)
ばった 秋の鵜飼(あきのうかい)
秋遊(あきあそび) 秋の鵜(あきのう)
むしご 秋団扇(あきうちわ)
やま餅(やまもち) 秋女(あきおんな)
一番渋(いちばんしぶ) 秋季大運動会(しゅうきだいうんどうかい)
下り簗(くだりやな) 秋学期(しゅうがっき)
不作(ふさく) 秋容(しゅうよう)
中汲(なかくみ) 秋師(あきし)
串柿(くしがき) 秋忘(あきわすれ)
今年米(ことしまい) 秋思(しゅうし)
今年絹(ことしぎぬ) 秋意(しゅうい)
今年綿(ことしわた) 秋懐(しゅうかい)
今年藁(ことしわら) 秋扇(あきおうぎ)
今年酒(ことしざけ) 秋扇(しゅうせん)
俵網(たわらあみ) 秋振舞(あきぶるまい)
傷秋(しょうしゅう) 秋揚げ(あきあげ)
僧都(そうず) 秋渇き(あきがわき)
兎鼓(うさぎつづみ) 秋炉(しゅうろ)
冬仕度(ふゆじたく) 秋燈(しゅうとう)
冬用意(ふゆようい) 秋田刈る(あきたかる)
凶作(きょうさく) 秋簾(あきすだれ)
出来秋(できあき) 秋簾(あきす)
切子燈籠(きりこどうろう) 秋納め(あきおさめ)
切子(きりこ) 秋繭(あきまゆ)
刈上げ(かりあげ) 秋耕(しゅうこう)
刈上餅(かりあげもち) 秋興(しゅうきょう)
刈上(かりあげ) 秋蒔野菜(あきまきやさい)
刈干(かりぼし) 秋蕎麦(あきそば)
刈稲(かりいね) 秋袷(あきあわせ)
初猟(はつりょう) 秋鵜飼(あきうかい)
初蕎麦(はつそば) 種採(たねとり)
初鳥狩(はつとがり) 稲刈鎌(いねかりがま)
初鷹狩(はつたかがり) 稲刈(いねかり)
初鷹野(はつたかの) 稲叢(いなむら)
初鷹(はつたか) 稲垣(いながき)
利酒(ききざけ) 稲埃(いなほこり)
千振干す(せんぶりほす) 稲城(いなぎ)
千振引く(せんぶりひく) 稲堆(いなにお)
千振採る(せんぶりとる) 稲干す(いねほす)
収穫(とりいれ) 稲打(いねうち)
古古米(ここまい) 稲扱き(いねこき)
古米(こまい) 稲扱機(いねこきき)
古酒(こしゅ) 稲掛(いねかけ)
吊し柿(つるしがき) 稲木(いなぎ)
名残の茶(なごりのちゃ) 稲架(はざ)
名残月(なごりづき) 稲棒(ぼつち)
唐臼(からうす) 稲番(いなばん)
嗅がし(かがし) 稲積む(いねつむ)
団扇置く(うちわおく) 稲積(にお)
囮守(おとりもり) 稲舟(いなぶね)
囮番(おとりばん) 稲車(いねぐるま)
囮籠(おとりかご) 稲塚(いなづか)
囮(おとり) 竹伐る(たけきる)
土俵(どひょう) 筋子(すじこ)
塩烏賊(しおいか) 簀戸蔵う(すどしまう)
墓燈籠(はかどうろう) 簟の別れ(たかむしろのわかれ)
夕砧(ゆうきぬた) 簟名残(たかむしろなごり)
夜なべ(よなべ) 簾の別れ(すだれのわかれ)
夜仕事(よしごと) 簾の名残(すだれのなごり)
夜学子(やがくし) 簾外す(すだれはずす)
夜学校(やがっこう) 簾納む(すだれおさむ)
夜学生(やがくせい) 米俵編む(こめだわらあむ)
夜学(やがく) 籾埃(もみぼこり)
夜庭(よにわ) 籾干す(もみほす)
夜業(やぎょう) 籾引(もみひき)
夜田刈(よるたかり) 籾摺唄(もみすりうた)
夜相撲(よずもう) 籾摺機(もみすりき)
夜食(やしょく) 籾摺臼(もみすりうす)
大庭(おおにわ) 籾摺(もみすり)
大豆干す(だいずほす) 籾殻焼く(もみがらやく)
大豆引く(だいずひく) 籾磨(もみすり)
大豆打つ(だいずうつ) 籾筵(もみむしろ)
子うるか(こうるか) 籾臼(もみうす)
宮相撲(みやずもう) 籾(もみ)
宵砧(よいきぬた) 粟刈る(あわかる)
小夜砧(さよきぬた) 粟干す(あわほす)
小庭(こにわ) 粟引く(あわひく)
小田刈る(おだかる) 粟打つ(あわうつ)
小田守る(おだまもる) 糸瓜の水(へちまのみず)
小豆干す(あずきほす) 糸瓜引く(へちまひく)
小豆引く(あずきひく) 紅葉の賀(もみじのが)
小豆打つ(あずきうつ) 紅葉焚く(もみじたく)
小豆殻(あずきがら) 紅葉狩(もみじがり)
小鰯引く(こいわしひく) 紅葉舟(もみじぶね)
小鳥狩(ことりがり) 紅葉茶屋(もみじぢゃや)
小鳥網(ことりあみ) 紅葉衣(もみじごろも)
小鷹狩(こたかがり) 紅葉見(もみじみ)
小鷹野(こたかの) 紅葉踏む(もみじふむ)
岸釣(きしづり) 紅葉酒(もみじざけ)
崩れ簗(くずれやな) 紅葉重(もみじがさね)
干柿(ほしがき) 紙砧(かみきぬた)
干稲(ほしいね) 紫雲英蒔く(げんげまく)
庭揚げ(にわあげ) 絵燈籠(えどうろう)
引板(ひた) 網代打(あじろうち)
強ばい(つよばい) 網代木打つ(あじろぎうつ)
当薬引く(とうやくひく) 綿取(わたとり)
待網掛(まちあがけ) 綿干す(わたほす)
後の袷(のちのあわせ) 綿弓(わたゆみ)
忘れ団扇(わすれうちわ) 綿打弓(わたうちゆみ)
忘れ扇(わすれおうぎ) 綿摘(わたつみ)
懸煙草(かけたばこ) 綿繰り(わたくり)
扇置く(おうぎおく) 綿買(わたかい)
折掛燈籠(おりかけどうろう) 縄煙草(なわたばこ)
折掛(おりかけ) 罌粟蒔く(けしまく)
捨団扇(すてうちわ) 聞酒(もんしゅ)
捨扇(すておうぎ) 胡麻刈る(ごまかる)
掛稲(かけいね) 胡麻叩く(ごまたたく)
揚燈籠(あげどうろう) 胡麻干す(ごまほす)
搗栗作る(かちぐりつくる) 胡麻殻(ごまがら)
擣衣(とうい) 脱穀機(だっこくき)
新機(しんはた) 臓うるか(わたうるか)
新渋(しんしぶ) 舟燈籠(ふなどうろう)
新煙草(しんたばこ) 芋煮会(いもにかい)
新米(しんまい) 芋煮(いもに)
新糠(しんぬか) 花燈籠(はなどうろう)
新糯(しんもち) 若煙草(わかたばこ)
新絹(しんぎぬ) 苦うるか(にがうるか)
新綿(しんわた) 苦参引く(くららひく)
新綿(にいわた) 茜掘る(あかねほる)
新胡麻(しんごま) 茸採り(きのことり)
新蕎麦(あらそば) 茸狩(きのこがり)
新蕎麦(しんそば) 茸狩(たけがり)
新藁(しんわら) 茸筵(たけむしろ)
新豆腐(しんどうふ) 茸籠(きのこかご)
新走り(あらばしり) 茸飯(きのこめし)
新酒糟(しんしゅかす) 茹菱(ゆでびし)
新酒(しんしゅ) 草山(くさやま)
新麹(しんこうじ) 草泊(くさどまり)
早稲の飯(わせのめし) 草相撲(くさずもう)
早稲酒(わせざけ) 荒鷹(あらたか)
旱魃田(かんばつでん) 菊の枕(きくのまくら)
月の友(つきのとも) 菊の酒(きくのさけ)
月の宴(つきのえん) 菊人形(きくにんぎょう)
月の宿(つきのやど) 菊展(きくてん)
月の座(つきのざ) 菊師(きくし)
月を待つ(つきをまつ) 菊枕(きくちん)
月祭る(つきまつる) 菊枕(きくまくら)
月見舟(つきみぶね) 菊膾(きくなます)
月見茶屋(つきみぢゃや) 菊花の酒(きくかのさけ)
月見豆(つきみまめ) 菊花展(きくかてん)
月見酒(つきみざけ) 菊襲(きくがさね)
月見(つきみ) 菊酒(きくざけ)
朝庭(あさにわ) 菱の実取る(ひしのみとる)
木渋桶(きしぶおけ) 菱取る(ひしとる)
木莵引(ずくひき) 菱採り(ひしとり)
木賊刈る(とくさかる) 菱舟(ひしぶね)
松手入(まつていれ) 萩刈る(はぎかる)
松茸飯(まつたけめし) 萩刈(はぎかり)
枝豆(えだまめ) 萱の軒場(かやののきば)
枯露柿(ころがき) 萱刈る(かやかる)
柚味噌釜(ゆみそがま) 萱葺く(かやふく)
柚味噌(ゆみそ) 葛引く(くずひく)
柚子味噌(ゆずみそ) 葛掘る(くずほる)
柚醤(ゆびしお) 葛根掘る(くずねほる)
柚釜(ゆがま) 葛砧(くずきぬた)
柚餅子(ゆべし) 葭戸蔵う(よしどしまう)
柿すだれ(かきすだれ) 蔓たぐり(つるたぐり)
柿吊す(かきつるす) 蔓切(つるきり)
柿干す(かきほす) 蔓引(つるひき)
柿搗歌(かきつきうた) 蕎麦とろ(そばとろ)
柿渋(かきしぶ) 蕪蒔く(かぶまく)
柿羊羹(かきようかん) 薄刈る(すすきかる)
栗の子餅(くりのこもち) 薬掘る(くすりほる)
栗の粉餅(くりのこもち) 薬採る(くすりとる)
栗子餅(くりこもち) 薬草掘る(やくそうほる)
栗強飯(くりおこわ) 薯子飯(いもごめし)
栗羊羹(くりようかん) 薯汁(いもじる)
栗蒸羊羹(くりむしようかん) 薯粥(いもがゆ)
栗飯(くりめし) 薯蕷汁(とろろじる)
根釣(ねづり) 藁ぐろ(わらぐろ)
根魚釣(ねうおづり) 藁こづみ(わらこづみ)
根魚(ねうお) 藁にお(わらにお)
案山子(かがし) 藁塚(わらづか)
桑括る(くわくくる) 藁砧(わらきぬた)
橡団子(とちだんご) 蘆刈女(あしかりめ)
橡粥(とちがゆ) 蘆刈舟(あしかりぶね)
橡餅(とちもち) 蘆刈(あしかり)
橡麺(とちめん) 蘆火(あしび)
櫨ちぎり(はぜちぎり) 蘆舟(あしぶね)
櫨採(はぜとり) 虫売(むしうり)
櫨買(はぜかい) 虫屋(むしや)
氷頭膾(ひずなます) 虫籠(むしかご)
浅漬大根(あさづけだいこん) 行水の果(ぎょうずいのはて)
添水(そうず) 行水名残(ぎょうずいなごり)
渋取る(しぶとる) 衣打つ(ころもうつ)
渋取(しぶとり) 衣被(きぬかつぎ)
渋搗く(しぶつく) 裂膾(さきなます)
渋糟(しぶかす) 襖入るる(ふすまいるる)
温め酒(あたためざけ) 観月(かんげつ)
濁酒(にごりざけ) 観楓(かんぷう)
火恋し(ひこいし) 角力(すもう)
火鉢欲し(ひばちほし) 諸味(もろみ)
炉火恋し(ろびこいし) 諸醪(もろみ)
炬燵欲し(こたつほし) 豆叩く(まめたたく)
炭俵編む(すみだわらあむ) 豆干す(まめほす)
炭火恋し(すみびこいし) 豆引く(まめひく)
烏賊干す(いかほす) 豆打つ(まめうつ)
烏賊洗(いかあらい) 豆殻(まめがら)
烏賊裂(いかさき) 豆稲架(まめはざ)
烏賊襖(いかぶすま) 豊の秋(とよのあき)
焼しめ(やきしめ) 豊作(ほうさく)
焼米売(やきごめうり) 豊年(ほうねん)
焼米(やきごめ) 豌豆植う(えんどううう)
煙草干す(たばこほす) 負ばい(まけばい)
燈火の秋(とうかのあき) 負相撲(まけずもう)
燈火親しむ(とうかしたしむ) 走り蕎麦(はしりそば)
燈火親し(とうかしたし) 軒燈籠(のきどうろう)
燈籠店(とうろうてん) 辻相撲(つじずもう)
燈籠見物(とうろうけんぶつ) 運動会(うんどうかい)
燈籠(とうろう) 遠砧(とおきぬた)
牛蒡掘る(ごぼうほる) 金胡麻(きんごま)
牧帰り(まきがえり) 釣柿(つりがき)
牧閉す(まきとざす) 鎌あげ(かまあげ)
犬垣(いぬがき) 鎌しめ(かましめ)
猟開禁(りょうかいきん) 鎌祝い(かまいわい)
猪垣(いがき) 鎌祝(かまいわい)
猴酒(ましらざけ) 鎌納め(かまおさめ)
猿酒(さるざけ) 障子貼る(しょうじはる)
甘子(あまこ) 雁来瘡(がんがさ)
甘干(あまぼし) 雁瘡(がんそう)
生渋(きしぶ) 雪支度(ゆきじたく)
田の庵(たのいお) 零余子飯(むかごめし)
田仕舞(たじまい) 霞網(かすみあみ)
田刈(たかり) 風炉名残(ふろなごり)
田守(たもり) 馬下げ(うまさげ)
田番小屋(たばんごや) 高燈籠(たかどうろう)
田茂木(たもぎ) 高縄(たかなわ)
白柿(しろがき) 高羽籠(たかはご)
盆提燈(ぼんぢょうちん) 鮭打(さけうち)
盆燈籠(ぼんどうろう) 鯊釣(はぜつり)
相撲節会(すまいのせちえ) 鱸膾(すずきなます)
相撲(すもう) 鳩笛(はとぶえ)
砧の槌(きぬたのつち) 鳴子守(なるこもり)
砧盤(きぬたばん) 鳴子縄(なるこなわ)
砧(きぬた) 鳴子(なるこ)
秋あわれ(あきあわれ) 鳴竿(なるさお)
秋さびし(あきさびし) 鷹打所(たかうちどころ)
秋の宿(あきのやど) 鷹打(たかうち)
秋の山遊(あきのやまあそび) 鷹網(たかあみ)
秋の庵(あきのいお) 鹿狩(しかがり)
秋の御遊(あきのぎょゆう) 鹿笛(しかぶえ)
秋の戸(あきのと) 鹿笛(ししぶえ)
秋の服(あきのふく) 黒胡麻(くろごま)

【行事】

 

あさぎ門火(かどび) 盆前(ぼんまえ)
あら盆(あらぼん) 盆勘定(ぼんかんじょう)
お中元(おちゅうげん) 盆始め(ぼんはじめ)
しまい盆(しまいぼん) 盆市(ぼんいち)
大文字の火(だいもんじのひ) 盆払(ぼんばらい)
ねぶた祭(ねぶたまつり) 盆支度(ぼんじたく)
ねむた流し(ねむたながし) 盆替り(ぼんがわり)
みくにち茄子(みくにちなす) 盆棚(ぼんだな)
七夕の御遊(たなばたのおあそび) 盆火(ぼんび)
七夕の蹴鞠(たなばたのけまり) 盆礼(ぼんれい)
七夕の鞠(たなばたのまり) 盆綱(ぼんづな)
七夕七姫(たなばたななひめ) 盆舟(ぼんぶね)
七夕棚(たなばただな) 盆芝居(ぼんしばい)
七夕流し(たなばたながし) 盆花売(ぼんばなうり)
七夕竹売(たなばただけうり) 盆花折(ぼんばなおり)
七夕竹(たなばただけ) 盆花迎え(ぼんばなむかえ)
七夕紙(たなばたがみ) 盆見舞(ぼんみまい)
七夕色紙(たなばたしきし) 盆路作り(ぼんみちづくり)
七夕送り(たなばたおくり) 盆踊(ぼんおどり)
七夕雨(たなばたあめ) 盆過(ぼんすぎ)
七夕馬(たなばたうま) 盆飯(ぼんめし)
七夕 盛遠忌(もりとおき)
七姫 相撲の節会(すもうのせちえ)
七日の御節供 相撲の節(すもうのせち)
七日盆 相撲会(すもうえ)
七種の御手向(しちしゅのおたむけ) 真菰売(まこもうり)
七種の舟(しちしゅのふね) 真菰筵(まこもむしろ)
七遊(ななあそび) 短冊竹(たんざくだけ)
万燈会(まんどうえ) 石清水祭(いわしみずまつり)
万燈(まんどう) 硯洗う(すずりあらう)
三九日(さんくにち) 磨き盆(みがきぼん)
三九日(みくにち) 神嘗祭(かんなめさい)
不夜庵忌(ふやあんき) 神嘗祭(しんじょうさい)
中元売出(ちゅうげんうりだし) 秀吉忌(ひでよしき)
中元贈答(ちゅうげんぞうとう) 秋のおきまつり(あきのおきまつり)
中元(中元) 秋の二日灸(あきのふつかやいと)
中国盆(ちゅうごくぼん) 秋の出代(あきのでがわり)
乃木まつり(のぎまつり) 秋の薮入(あきのやぶいり)
乃木忌(のぎき) 秋の除目(あきのじもく)
乏し妻(ともしづま) 秋の雛(あきのひな)
九月場所(くがつばしょ) 秋去姫(あきさりひめ)
九月狂言(くがつきょうげん) 穂屋祭(ほやまつり)
九月芝居(くがつしばい) 穂屋(ほや)
九枝燈(きゅうしとう) 空棚(からだな)
乞巧奠(きこうでん) 立琴(たてごと)
乞巧棚(きっこうだな) 精霊棚(しょうりょうだな)
乞巧針(きっこうばり) 精霊流し(しょうりょうながし)
二十六夜祭(にじゅうろくやまつり) 精霊祭(しょうりょうまつり)
二星(じせい) 精霊花(しょうりょうばな)
二科展(にかてん) 精霊路(しょうりょうみち)
五老井忌(ごろうせいき) 精霊踊(しょうりょうおどり)
五色の糸(ごしきのいと) 精霊迎え(しょうりょうむかえ)
京官除目(きょうかんじもく) 糸織姫(いとおりひめ)
今日の菊(きょうのきく) 紅葉の帳(もみじのとばり)
仏歓喜日(ぶつかんぎび) 紅葉の橋(もみじのはし)
仲秋祭(ちゅうしゅうさい) 索餅(さくべい)
伊勢奉幣(いせほうへい) 終戦の日(しゅうせんのひ)
会式太鼓(えしきだいこ) 終戦日(しゅうせんび)
会式(えしき) 絵行器(えぼかい)
住吉の市(すみよしのいち) 綵雀(つくりすずめ)
住吉相撲会(すみよしすもうえ) 織女星(しょくじょせい)
供養踊(くようおどり) 織姫(おりひめ)
侫武多(ねぶた) 美術の秋(びじゅつのあき)
先祖棚(せんぞだな) 老人の日(ろうじんのひ)
八尾の廻り盆(やつおのまわりぼん) 船形の火(ふながたのひ)
八幡祭(はちまんまつり) 芋の葉の露(いものはのつゆ)
八朔の白小袖(はっさくのしろこそで) 芋茎御輿(ずいきみこし)
八朔の白帷子(はっさくのしろかたびら) 芒祭(すすきまつり)
切子踊(きりこおどり) 苧殻火(おがらび)
刈上の節供(かりあげのせっく) 苧殻焚く(おがらたく)
初盆(はつぼん) 茄子の牛(なすのうし)
別れ星(わかれぼし) 茱萸の袋(ぐみのふくろ)
南瓜忌(かぼちゃき) 茱萸の酒(ぐみのさけ)
南祭(なんさい) 草の市(草の市)
南部の火祭(なんぶのひまつり) 草刈馬(くさかりうま)
厳島延年祭(いつくしまえんねんさい) 草市(くさいち)
吉田浅間祭(よしだせんげんまつり) 荒棚(あらたな)
吉野忌(よしのき) 荷葉の飯(はすはのめし)
名残狂言(なごりきょうげん) 荷飯(はすめし)
含羞忌(がんしゅうき) 菊の日(きくのひ)
呉服祭(くれはまつり) 菊の染綿(きくのそめわた)
喧嘩ねぶた(けんかねぶた) 菊の節供(きくのせっく)
四万六千日(しまんろくせんにち) 菊の綿(きくのわた)
四宮祭(しのみやまつり) 菊の酒(きくのさけ)
国体(こくたい) 菊雛(きくびな)
在祭(ざいまつり) 薄粥(すすきがゆ)
地狂言(じきょうげん) 薫姫(たきものひめ)
地蔵会(じぞうえ) 蘭盆(らんぼん)
地蔵参(じぞうまいり) 虫合せ(むしあわせ)
地蔵幡(じぞうばた) 虫吹く(むしふく)
地蔵祭(じぞうまつり) 虫採り(むしとり)
坪刈(つぼがり) 虫狩(むしがり)
墓参(ぼさん) 蜻蛉朔日(とんぼついたち)
墓掃除(はかそうじ) 行合の橋(ゆきあいのはし)
墓洗う(はかあらう) 裏盆(うらぼん)
墓薙ぎ(はかなぎ) 豊年踊(ほうねんおどり)
墓詣(はかもうで) 豊穣会(ほうじょうえ)
夏の果(げのはて) 路刈り(みちかり)
夏明き(げあき) 路薙ぎ(みちなぎ)
夏書納(げがきおさめ) 跳人(はねと)
大宰府天満宮祭(だざいふてんまんぐうまつり) 踊の輪(おどりのわ)
天の小夜橋(あまのさよはし) 踊唄(おどりうた)
太秦牛祭(うずまさうしまつり) 踊場(おどりば)
夷切れ(えびすぎれ) 踊太鼓(おどりだいこ)
奉教諸死者祭(ほうきょうししゃさい) 踊子(おどりこ)
女七夕(めたなばた) 踊浴衣(おどりゆかた)
女夫星(めおとぼし) 踊笠(おどりがさ)
女星(めぼし) 辻飯(つじめし)
妙法の火(みょうほうのひ) 迎鐘(むかえがね)
妻呼ぶ舟(つまよぶふね) 迎馬(むかえうま)
妻星(つまぼし) 送舟(おくりぶね)
妻越し舟(つまこしぶね) 送行(そうあん)
姫瓜の節句(ひめうりのせっく) 送馬(おくりうま)
姫瓜雛(ひめうりびな) 造り雉(つくりきじ)
宇佐祭(うさまつり) 造り鷺(つくりさぎ)
宵弘法(よいこうぼう) 部領使(ことりづかい)
寄羽の橋(よりばのはし) 里祭(さとまつり)
富岡祭(とみおかまつり) 重九(ちょうきゅう)
小花粥(おばながゆ) 重陽の宴(ちょうようのえん)
小重陽(こちょうよう) 金毘羅祭(こんぴらまつり)
尻たたき祭(しりたたきまつり) 金魚ねぶた(きんぎょねぶた)
尾花粥(おばながゆ) 鎌倉八幡祭(かまくらはちまんまつり)
展墓(てんぼ) 門茶(かどちゃ)
希典忌(まれすけき) 阿波踊(あわおどり)
平安祭(へいあんまつり) 霧原の駒(きりはらのこま)
年の渡(としのわたり) 鞍馬祭(くらままつり)
年寄の日(としよりのひ) 音頭取(おんどとり)
引分使(ひきわけづかい) 願糸(がんし)
彦星(ひこぼし) 風入れ(かぜいれ)
後日の菊(ごにちのきく) 飛鳥井の鞠(あすかいのまり)
御会式(おえしき) 馬の市(うまのいち)
御命講(おみょうこう) 駒迎え(こまむかえ)
御影講(おえいこう) 魂待つ(たままつ)
御遷宮(ごせんぐう) 魂棚(たまだな)
愛の羽根(あいのはね) 魂祭(たままつり)
憑の節供(たのみのせっく) 魂迎え(たまむかえ)
扇燈籠(おぎどろ) 魂送(たまおくり)
手向の市(たむけのいち) 鳥居形の火(とりいがたのひ)
投松明(なげたいまつ) 日展(にってん)
掃苔(そうたい) 明治節(めいじせつ)
摩陀羅神(まだらじん) 星の別(ほしのわかれ)
放ち亀(はなちがめ) 星の契(ほしのちぎり)
放ち鳥(はなちどり) 星の妹背(ほしのいもせ)
放生会(ほうじょうえ) 星の妻(ほしのつま)
放生川(ほうじょうがわ) 星の恋(ほしのこい)
敗戦の日(はいせんのひ) 星の橋(ほしのはし)
敗戦日(はいせんび) 星の薫(ほしのかおり)
敦賀祭(つるがまつり) 星の貸物(ほしのかしもの)
文化祭(ぶんかさい) 星の閨(ほしのねや)
新盆見舞(しんぼんみまい) 星今宵(ほしこよい)
新盆(しんぼん) 星合の浜(ほしあいのはま)
新盆(にいぼん) 星合の空(ほしあいのそら)
新精霊(にいじょうろ) 星合(ほしあい)
施火(せび) 星宮祭(ほしのみやまつり)
施餓鬼会(せがきえ) 星祭(ほしまつり)
施餓鬼寺(せがきでら) 星迎(ほしむかえ)
施餓鬼幡(せがきばた) 暁星祭(ぎょうせいさい)
施餓鬼棚(せがきだな) 曹洞宗開山忌(そうとうしゅうかいさんき)
施餓鬼檀(せがきだん) 朔日路(ついたちみち)
施餓鬼舟(せがきぶね) 望月の駒(もちづきのこま)
楮の鞠(こうぞのまり) 朝顔姫(あさがおひめ)
槇売(まきうり) 木曾踊(きそおどり)
樺火(かばび) 机洗う(つくえあらう)
機織姫(はたおりひめ) 村歌舞伎(むらかぶき)
欲日(よくび) 村祭(むらまつり)
死者の日(ししゃのひ) 村芝居(むらしばい)
残菊の宴(ざんぎくのえん) 松前上る(まつまえのぼる)
毛見の日(けみのひ) 枡市(ますいち)
毛見の衆(けみのしゅう) 梶の七葉(かじのななは)
毛見の賂い(けみのまかない) 梶の葉姫(かじのはひめ)
水の子(みずのこ) 梶の鞠(かじのまり)
水の実(みずのみ) 梶葉の歌(かじのはのうた)
水陸会(すいりくえ) 梶葉売(かじのはうり)
池替え盆(いけかえぼん) 棚機つ女(たなばたつめ)
流燈会(りゅうとうえ) 棚機姫(たなばたひめ)
流燈(りゅうとう) 棚経(たなぎょう)
浅漬市(あさづけいち) 瑞饋祭(ずいきまつり)
浦祭(うらまつり) 瓜の牛(うりのうし)
海施餓鬼(うみでがき) 瓜の馬(うりのうま)
火伏祭(ひぶせまつり) 生き盆(いきぼん)
火取香(ひとりこう) 生見玉(いきみたま)
火祭(ひまつり) 生身魂(いきみたま)
烏鵲の橋(うじゃくのはし) 田実の節(たのみのせち)
燈姫(ともしびひめ) 田面の節(たのものせち)
燈籠売(とうろううり) 男七夕(おたなばた)
燈籠舟(とうろうぶね) 男山祭(おとこやままつり)
燈籠踊(とうろうおどり) 男星(おぼし)
牛女(ぎゅうじょ) 疎石忌(そせきき)
牛引星(うしひきぼし) 百八たい(ひゃくはちたい)
牛祭(うしまつり) 百子の池(ももこのいけ)
牡丹餅会式(ぼたもちえしき) 百子姫(ももこひめ)
牽牛星(けんぎゅうせい) 盂蘭盆(うらぼん)
犬飼星(いぬかいぼし) 盆のつと入(ぼんのつといり)
獺祭忌(だっさいき) 盆の市(ぼんのいち)
盆まま(ぼんまま) 盆の廻礼(ぼんのかいれい)
盆やつし(ぼんやつし) 盆の掛乞(ぼんのかけごい)
盆会(ぼんえ) 盆の贈物(ぼんのおくりもの)

 

【動物】

 

あまご 秋の鮎(あきのあゆ)
あめ鱒(あめます) 秋の鮒(あきのふな)
おけら鳴く(おけらなく) 秋刀魚(さんま)
おさる蟋蟀(おさるこおろぎ) 秋卒(あかえんば)
かしら紅猿子(べにましこ) 秋味(あきあじ)
かまどうま 秋燕(あきつばめ)
かまどむし 秋燕(しゅうえん)
がん 秋茜(あきあかね)
せいご 秋蚕(あきご)
たちの魚(たちのうお) 秋蚕(しゅうさん)
つくつく法師(つくつくほうし) 秋蝉(しゅうせん)
とうろう 秋蝶(あきちょう)
とんぼう 秋鯖(あきさば)
どんこ 秋鯵(あきあじ)
のしめ蜻蛉(のしめとんぼ) 秋鰯(あきいわし)
ばった 秋鰹(あきがつお)
ひいらぎ 稲の虫(いねのむし)
ひえどり 稲子麿(いなごまろ)
ひしこ 稲子(いなご)
ふっこ 稲舂虫(いねつきむし)
ふるせ 稲虫(いなむし)
ぶな 稲負鳥(いなおおせどり)
ほや鳥(ほやどり) 稲雀(いなすずめ)
ぼと鴫(ぼとしぎ) 穴惑い(あなまどい)
むく 竈馬(いとど)
下り鮎(くだりあゆ) 笹きり(ささきり)
下り鰻(くだりうなぎ) 筆津虫(ふでつむし)
両鳥屋(もろとや) 筑後鴉(ちくごがらす)
丸宗太(まるそうだ) 箆鴫(へらしぎ)
交喙鳥(いすか) 箸鷹(はしたか)
交嘴鳥(いすか) 米搗ばった(こめつきばった)
京女鴫(きょうじょしぎ) 粉茶立(こなちゃたて)
仏蜻蛉(ほとけとんぼ) 精霊ばった(しょうりょうばった)
仙入(せんにゅう) 精霊蜻蛉(しょうろうとんぼ)
伯労鳥(もず) 糠蠅(ぬかばえ)
候鳥(こうちょう) 紅葉たなご(もみじたなご)
児鵙(ちごもず) 紅葉鮒(もみじぶな)
入内雀(にゅうないすずめ) 紅鶸(べにひわ)
八丁蜻蛉(はっちょうとんぼ) 紋蜉蝣(もんかげろう)
八丈鶫(はちじょうつぐみ) 紋鶲(もんびたき)
八月蚊(はちがつか) 網掛の鷹(あみがけのたか)
初秋蚕(しょしゅうさん) 緋連雀(ひれんじゃく)
初雁(はつかり) 縮緬鰯(ちりめんいわし)
初鮭(はつざけ) 老蝶(おいちょう)
初鴨(はつがも) 肥前鴉(ひぜんがらす)
別れ蚊(わかれか) 背黒鰯(せぐろいわし)
別れ鳥(わかれどり) 背黒鶺鴒(せぐろせきれい)
別烏(わかれがらす) 胡黎(きやんま)
別鴉(わかれがらす) 色鳥(いろどり)
刺虫(いらむし) 芋虫(いもむし)
勝烏(かちがらす) 花咲蟹(はなさきがに)
去ぬ燕(いぬつばめ) 花鶏(あとり)
友鹿(ともじか) 茶柱虫(ちゃばしらむし)
反嘴鴫(そりはしぎ) 茶立虫(ちゃたてむし)
反脚鴫(そりあししぎ) 草きり(くさきり)
名吉(なよし) 草雲雀(くさひばり)
哀れ蚊(あわれか) 草鴫(くさしぎ)
唐鴉(とうがらす) 荒鷹(あらたか)
啄木鳥(きつつき) 菜虫(なむし)
四十雀雁(しじゅうからがん) 菱喰(ひしくい)
団子背負い(だんごしょい) 萩猿子(はぎましこ)
土雲雀(つちひばり) 萱きり(かやきり)
地虫鳴く(じむしなく) 落かいず(おちかいず)
地蜂焼(じばちやき) 落雁(らくがん)
坂鳥(さかどり) 落鮎(おちあゆ)
塒出の鷹(とやでのたか) 落鮒(おちぶな)
塩屋蜻蛉(しおやとんぼ) 落鯛(おちだい)
塩蜻蛉(しおとんぼ) 落鰻(おちうなぎ)
塩辛蜻蛉(しおからとんぼ) 蓑虫鳴く(みのむしなく)
夜の鹿(よるのしか) 蓑虫(みのむし)
大和蟋蟀(やまとこおろぎ) 藪きり(やぶきり)
大和鈴虫(やまとすず) 虎鯊(とらはぜ)
大猿子(おおましこ) 虎鵙(とらもず)
大鵙(おおもず) 虫すだく(むしすだく)
天津雁(あまつかり) 虫の声(むしのこえ)
太刀魚(たちうお) 虫の音(むしのね)
妹背鳥(いもせどり) 虫合せ(むしあわせ)
妻恋う鹿(つまこうしか) 虫吹く(むしふく)
姥鴫(うばしぎ) 虫売(むしうり)
姫蟋蟀(ひめこおろぎ) 虫屋(むしや)
姫雁(ひめがん) 虫時雨(むししぐれ)
嫁教鳥(とつぎおしえどり) 虫狩(むしがり)
嫁鳥(とつぎどり) 虫籠(むしかご)
宗太鰹(そうだがつお) 虫籠(むしこ)
実盛虫(さねもりむし) 虫聞(むしきき)
寒蝉(かんせん) 虫選び(むしえらび)
尉鶲(じょうびたき) 虫(むし)
小かまきり(こかまきり) 蚊の名残(かのなごり)
小椋鳥(こむくどり) 蚯蚓鳴く(みみずなく)
小牡鹿(さおしか) 蛇穴に入る(へびあなにいる)
小田の雁(おだのかり) 蛙穴に入る(かわずあなにいる)
小豆洗い(あずきあらい) 蜂の仔(はちのこ)
小雁(こかりがね) 蜉蝣(かげろう)
小鰭(こはだ) 蜩(ひぐらし)
小鰯(こいわし) 蜻蛉釣(とんぼつり)
小鳥来る(ことりくる) 蜻蛉(とんぼ)
小鳥渡る(ことりわたる) 蝋嘴鳥(しめ)
小鳥(ことり) 蝗串(いなごぐし)
小鴫(こしぎ) 蝗捕り(いなごとり)
山別(やまわかれ) 蝗(いなご)
山帰り(やまがえり) 蝶蜻蛉(ちょうとんぼ)
山鯨(やまくじら) 螻蛄鳴く(けらなく)
山鴫(やましぎ) 螽(いなご)
島仙入(しませんにゅう) 蟋蟀(こおろぎ)
川おこぜ(かわおこぜ) 蟷螂(とうろう)
川雲雀(かわひばり) 蟻穴に入る(ありあなにいる)
川鰍(かわかじか) 親無子(おやなしご)
川鱸(かわすずき) 諸鶉(もろうずら)
帰燕(きえん) 赤卒(あかえんば)
平宗太(ひらそうだ) 赤脚鴫(あかあししぎ)
庭たたき(にわたたき) 赤蜻蛉(あかとんぼ)
当年鴫(とうねんしぎ) 赤鯊(あかはぜ)
後れ蚊(おくれか) 赤鵙(あかもず)
後れ蠅(おくれはえ) 轡虫(くつわむし)
懸巣(かけす) 迷鳥(めいちょう)
手負猪(ておいじし) 連雀(れんじゃく)
拝み太郎(おがみたろう) 邯鄲(かんたん)
放屁虫(へひりむし) 酒顔雁(さかつらがん)
数掻く(かずかく) 野雁(のがん)
斑蜻蛉(まだらとんぼ) 金琵琶(きんびわ)
斧虫(おのむし) 金翅雀(きんしじゃく)
旅鳥(りょちょう) 金鐘児(きんしょうじ)
昔蜻蛉(むかしとんぼ) 金雲雀(きんひばり)
晩秋蚕(ばんしゅうさん) 鈴虫(すずむし)
更紗やんま(さらさやんま) 鉦叩(かねたたき)
朝鈴(あさすず) 銀やんま(ぎんやんま)
朝鮮鴉(ちょうせんがらす) 錆鮎(さびあゆ)
朝鳥渡る(あさどりわたる) 隠座頭(かくれざとう)
木たたき(きたたき) 雁が音(かりがね)
木樵虫(きこりむし) 雁の列(かりのれつ)
木突(きつつき) 雁の棹(かりのさお)
朱鷺(とき) 雁字(がんじ)
杓鴫(しゃくしぎ) 雁来る(かりきたる)
松虫(まつむし) 雁渡る(かりわたる)
柚子坊(ゆずぼう) 雁行(がんこう)
栗の虫(くりのむし) 雁陣(がんじん)
栗虫(くりむし) 雁(かり)
桃花鳥(とうかちょう) 雲井の雁(くもいのかり)
椋鳥(むくどり) 霰魚(あられうお)
横這(よこばい) 青松虫(あおまつむし)
樫鳥(かしどり) 青脚鴫(あおあししぎ)
機織(はたおり) 青虫(あおむし)
橿鳥(かしどり) 青蜻蛉(あおとんぼ)
残る海猫(のこるごめ) 青鴫(あおしぎ)
残る燕(のこるつばめ) 頭高(かしらだか)
残る虫(のこるむし) 飛鯊(とびはぜ)
残る蚊(のこるか) 馬肥ゆる(うまこゆる)
残る蛍(のこるほたる) 馬追(うまおい)
残る蝉(のこるせみ) 駆鶉(かけうずら)
残る蠅(のこるはえ) 高嶺蜻蛉(たかねとんぼ)
江鮭(あめのうお) 高麗鴉(こうらいがらす)
沙魚(はぜ) 鬼の捨子(おにのすてご)
泡虫(あわむし) 鬼やんま(おにやんま)
洲走(すばしり) 鮒落つ(ふなおつ)
浜鴫(はましぎ) 鮗(このしろ)
浮塵子(うんか) 鮭(さけ)
海猫帰る(うみねこかえる) 鯊の秋(はぜのあき)
海猫帰る(ごめかえる) 鯊の竿(はぜのさお)
海猫残る(ごめのこる) 鯊干す(はぜほす)
海鱸(うみすずき) 鯊日和(はぜびより)
深山茜(みやまあかね) 鯊舟(はぜぶね)
渋ちゃん(しぶちゃん) 鯊釣(はぜつり)
渋鮎(しぶあゆ) 鯊(はぜ)
渡り鳥(わたりどり) 鯔釣(ぼらつり)
渡り鶴(わたりづる) 鯖鴫(さばしぎ)
溝雲雀(みぞひばり) 鰍突く(かじかつく)
溢蚊(あぶれか) 鰍(かじか)
漂鳥(ひょうちょう) 鰡(ぼら)
火焚鳥(ひたきどり) 鰮(いわし)
灰色雁(はいいろがん) 鰯売(いわしうり)
熊の架(くまのたな) 鰯干す(いわしほす)
熊の栗棚(くまのくりだな) 鰯引(いわしひき)
熊栗架を掻く(くまくりだなをかく) 鰯網(いわしあみ)
燕帰る(つばめかえる) 鰯船(いわしぶね)
片口鰯(かたくちいわし) 鰯見(いわしみ)
片鳥屋(かたとや) 鰯(いわし)
片鶉(かたうずら) 鱸(すずき)
牝鹿(めじか) 鳥の渡り(とりのわたり)
牡鹿(おじか) 鳥屋勝(とやまさり)
猪垣(ししがき) 鳥渡る(とりわたる)
猪番(ししばん) 鳥馬(ちょうま)
猪穽(ししあな) 鴇(とき)
猪罠(ししわな) 鴇(のがん)
猪肉(ししにく) 鴨来る(かもきたる)
猪道(ししみち) 鴨渡る(かもわたる)
猪(いのしし) 鴫野(しぎの)
猪(しし) 鴫(しぎ)
猿子鳥(ましこ) 鵙(もず)
玉鴫(たましぎ) 鵯(ひよどり)
瓜坊(うりぼう) 鵯(ひよ)
田雲雀(たひばり) 鵲(かささぎ)
田鴫(たしぎ) 鶉斑(うずらふ)
番匠鳥(たくみどり) 鶉籠(うずらかご)
白腹(しろはら) 鶉野(うずらの)
白雁(はくがん) 鶉(うずら)
百舌鳥(もず) 鶫(つぐみ)
眉立茜(まゆたてあかね) 鶲(ひたき)
真雁(まがん) 鶴来る(つるきたる)
真鯊(まはぜ) 鶴渡る(つるわたる)
真鯔(まぼら) 鶴鴫(つるしぎ)
真鰯(まいわし) 鶸(ひわ)
真鶸(まひわ) 鶺鴒(せきれい)
石伏(いしぶし) 鷸(しぎ)
石斑魚(いしぶし) 鷹渡る(たかわたる)
磯鴫(いそしぎ) 鹿の声(しかのこえ)
神鹿(しんろく) 鹿狩(しかがり)
秋の烏(あきのからす) 鹿笛(しかぶえ)
秋の蚊(あきのか) 鹿鳴く(しかなく)
秋の蛍(あきのほたる) 麦藁蜻蛉(むぎわらとんぼ)
秋の蛙(あきのかわず) 麦蜻蛉(むぎとんぼ)
秋の蜂(あきのはち) 黄連雀(きれんじゃく)
秋の蝉(あきのせみ) 黄鶺鴒(きせきれい)
秋の蝶(あきのちょう) 黒やんま(くろやんま)
秋の蠅(あきのはえ) 黒雁(こくがん)
秋の駒(あきのこま) 黒鯊(くろはぜ)

【植物】

 

一葉(ひとは) 祗園坊(ぎおんぼう)
七竈(ななかまど) 禅寺丸(ぜんじまる)
下紅葉(したもみじ) 秋そうび(あきそうび)
中抜き菜(なかぬきな) 秋の七草(あきのななくさ)
中抜大根(なかぬきだいこん) 秋の名草(あきのなぐさ)
中稲(なかて) 秋の果物(あきのくだもの)
中菊(ちゅうぎく) 秋の桑(あきのくわ)
串柿(くしがき) 秋の芽(あきのめ)
丹波栗(たんばぐり) 秋の草(あきのくさ)
乱れ萩(みだれはぎ) 秋の蓮(あきのはす)
乱菊(らんぎく) 秋七草(あきななくさ)
二葉菜(ふたばな) 秋明菊(しゅうめいぎく)
五倍子(ふし) 秋果(しゅうか)
仏掌薯(つくねいも) 秋桑(あきくわ)
付子(ふし) 秋桜(あきざくら)
仙翁花(せんのうげ) 秋海棠(しゅうかいどう)
仙翁花(せんのう) 秋珊瑚(あきさんご)
会津身知らず(あいずみしらず) 秋胡瓜(あききゅうり)
兜花(かぶとばな) 秋茄子(あきなす)
兜菊(かぶとぎく) 秋茗荷(あきみょうが)
八千草(やちぐさ) 秋茱萸(あきぐみ)
八升芋(はっしょういも) 秋草(あきくさ)
八升豆(はっしょうまめ) 秋薊(あきあざみ)
八朔梅(はっさくばい) 秋薔薇(あきばら)
八束穂(やつかほ) 秋蘭(しゅうらん)
冬瓜汁(とうがじる) 稗刈(ひえかり)
冬瓜(とうが) 稗引く(ひえひく)
冬青(とうせい) 稗(ひえ)
出落栗(でおちぐり) 種朝顔(たねあさがお)
刀豆(なたまめ) 種瓢(たねふくべ)
刈安(かりやす) 種茄子(たねなす)
刈萱(かるかや) 稲の波(いねのなみ)
初滑子(はつなめこ) 稲の秀(いねのほ)
初滑茸(はつなめたけ) 稲の秋(いねのあき)
初紅葉(はつもみじ) 稲の花どき(いねのはなどき)
初茸(はつたけ) 稲の花(いねのはな)
初菊(はつぎく) 稲の花(いねのはな)
初萩(はつはぎ) 稲田(いなだ)
初見草(はつみぐさ) 稲穂(いなほ)
初見草(はつみそう) 稲葉(いなば)
剪秋紗(せんしゅうさ) 稲(いね)
剪秋羅(せんしゅうら) 穂紫蘇(ほじそ)
剪紅花(せんこうか) 穂芒(ほすすき)
力草(ちからぐさ) 穂草(ほぐさ)
千代見草(ちよみぐさ) 穂蓼(ほたで)
千屈菜(みそはぎ) 空色朝顔(そらいろあさがお)
千屈萩(みそはぎ) 突羽根(つくばね)
千振(せんぶり) 竹の実(たけのみ)
千生り(せんなり) 竹の春(たけのはる)
千石豆(せんごくまめ) 竹春(ちくしゅん)
千草の花(ちぐさのはな) 笑い茸(わらいたけ)
千草(ちぐさ) 笑栗(えみぐり)
南京豆(なんきんまめ) 笹龍胆(ささりんどう)
南天桐(なんてんぎり) 筑紫龍胆(つくしりんどう)
南瓜(かぼちゃ) 筧草(かけいぐさ)
占地(しめじ) 箒鶏頭(ほうきけいとう)
吊し柿(つるしがき) 籬の菊(まがきのきく)
名の木散る(なのきちる) 籬豆(かきまめ)
名月かえで(めいげつかえで) 粟の穂(あわのほ)
名木紅葉(なのきのもみじ) 粟畑(あわばたけ)
名残茄子(なごりなす) 粟花(あわばな)
君遷子(くんせんし) 粟飯(あわめし)
吾亦紅(われもこう) 粟餅(あわもち)
吾木香(われもこう) 粟(あわ)
唐かえで(とうかえで) 粳稲(うるしね)
唐きび(とうきび) 糯稲(もちいね)
唐梨(からなし) 糸瓜(いとうり)
唐花草(からはなそう) 糸瓜(へちま)
唐藷(からいも) 糸芒(いとすすき)
唐辛子(とうがらし) 紅冬瓜(きんとうが)
唐辛(とうがらし) 紅南瓜(きんとうが)
唐麦(とうむぎ) 紅天狗茸(べにてんぐたけ)
唐黍(とうきび) 紅木槿(べにむくげ)
団子芋(だんごいも) 紅梅草(こうばいぐさ)
団栗独楽(どんぐりごま) 紅楓(こうふう)
団栗餅(どんぐりもち) 紅玉(こうぎょく)
団栗(どんぐり) 紅芙蓉(べにふよう)
国光(こっこう) 紅茸(べにたけ)
園の菊(そののきく) 紅草(べにくさ)
土垂(どたれ) 紅葉かつ散る(もみじかつちる)
地梨(じなし) 紅葉の帳(もみじのとばり)
夜会草(やかいそう) 紅葉の淵(もみじのふち)
夜蒔胡瓜(よまききゅうり) 紅葉の笠(もみじのかさ)
夜顔(よるがお) 紅葉山(もみじやま)
大文字草(だいもんじそう) 紅葉川(もみじがわ)
大毛蓼(おおけたで) 紅葉(こうよう)
大菊(おおぎく) 紅葉(もみじ)
大薊(おおあざみ) 紅薯(こうしょ)
天井守(てんじょうもり) 紐鶏頭(ひもけいとう)
天津桃(てんしんとう) 紫えのころ(むらさきえのころ)
天狗茸(てんぐたけ) 紫つりふね(むらさきつりふね)
天竺まもり(てんじくまもり) 紫式部の実(むらさきしきぶのみ)
天蓋花(てんがいばな) 紫式部(むらさきしきぶ)
太芋(ふといも) 紫苑(しおん)
女郎花(おみなえし) 紫茉莉(むらさきまつり)
妻恋草(つまこいぐさ) 紫蘇の実(しそのみ)
姫橘(ひめきつ) 紺菊(こんぎく)
姫胡桃(ひめくるみ) 緑豆(ぶんどう)
嫁菜の花(よめなのはな) 縮緬かえで(ちりめんかえで)
子芋(こいも) 羊穂(ひつじほ)
定家葛(ていかかずら) 美男葛(びなんかずら)
実の椿(みのつばき) 羽団扇かえで(はうちわかえで)
実山椒(みざんしょう) 羽子の木(はごのき)
実石榴(みざくろ) 聖霊花(しょうりょうばな)
実紫(みむらさき) 背高泡立草(せいたかあわだちそう)
室のおしね(むろのおしね) 胡孫眼(こそんがん)
寝覚草(ねざめぐさ) 胡桃割る(くるみわる)
小式部(こしきぶ) 胡桃(くるみ)
小柿(こがき) 胡鬼の子(こぎのこ)
小梨(こなし) 胡麻(ごま)
小菊(こぎく) 自然生(じねんじょう)
小菜(こな) 自然薯(じねんじょ)
小萩(こはぎ) 臭木の実(くさぎのみ)
小車(おぐるま) 臭木の花(くさぎのはな)
小鮒草(こぶなぐさ) 臭桐(くさぎり)
尾花(おばな) 舞茸(まいたけ)
山の芋(やまのいも) 色づく草(いろづくくさ)
山女(やまひめ) 色ながら散る(いろながらちる)
山柿(やまがき) 色変えぬ松(いろかえぬまつ)
山栗(やまぐり) 色草(いろくさ)
山梔子の実(くちなしのみ) 色葉散る(いろはちる)
山梨(やまなし) 色見草(いろみぐさ)
山椒の実(さんしょうのみ) 芋がら(いもがら)
山箒(やまぼうき) 芋の秋(いものあき)
山紅葉(やまもみじ) 芋の茎(いものくき)
山芋(やまいも) 芋殻(いもがら)
山茱萸の実(さんしゅゆのみ) 芋畑(いもばたけ)
山萩(やまはぎ) 芋秋(いもあき)
山葡萄(やまぶどう) 芋茎干す(ずいきほす)
山薊(やまあざみ) 芋茎(ずいき)
山錦木(やまにしきぎ) 芋(いも)
山鳳仙花(やまほうせんか) 芒原(すすきはら)
岩茸採り(いわたけとり) 芒散る(すすきちる)
岩茸(いわたけ) 芒野(すすきの)
岩蓮華(いわれんげ) 芒(すすき)
島いも(しまいも) 芙蓉の実(ふようのみ)
嶺かえで(みねかえで) 芙蓉(ふよう)
川殻(はとむぎ) 芝栗(しばぐり)
川海苔(かわのり) 芭蕉林(ばしょうりん)
川苔(かわのり) 芭蕉破るる(ばしょうやぶるる)
布瓜(へちま) 芭蕉葉(ばしょうば)
常山木の実(くさぎのみ) 芭蕉(ばしょう)
常山木(くさぎのはな) 花こなぎ(はなこなぎ)
帽子花(ぼうしばな) 花カンナ(はなかんな)
干柿(ほしがき) 花木槿(はなむくげ)
干茸(ほしたけ) 花梨の実(かりんのみ)
干藷(ほしいも) 花煙草(はなたばこ)
幽霊花(ゆうれいばな) 花真菰(はなまこも)
庭紅葉(にわもみじ) 花縮砂(はなしゅくしゃ)
庭見草(にわみぐさ) 花芒(はなすすき)
弁慶草(べんけいそう) 花芙蓉(はなふよう)
弟切草(おとぎりそう) 花蓼(はなたで)
当薬(とうやく) 苔桃の実(こけもものみ)
彼岸花(ひがんばな) 苔桃(こけもも)
御一新草(ごいっしんぐさ) 苦参(くらら)
御所柿(ごしょがき) 苦栗茸(にがぐりたけ)
忍草(しのぶぐさ) 苦瓜(にがうり)
思草(おもいぐさ) 茅(かや)
懸崖菊(けんがいきく) 茅(ち)
我毛香(われもこう) 茗荷の花(みょうがのはな)
房鶏頭(ふさけいとう) 茘枝(れいし)
扇鶏頭(おうぎけいとう) 茜草(あかね)
打栗作る(うちぐりつくる) 茨の実(いばらのみ)
抜菜(ぬきな) 茯苓(ぶくりょう)
捨子花(すてごばな) 茱萸酒(ぐみざけ)
搗栗作る(かちぐりつくる) 茱萸(ぐみ)
摘み菜(つまみな) 茴香の実(ういきょうのみ)
敗荷(やれはす) 茸売(きのこうり)
敗醤(はいしょう) 茸山(たけやま)
散る柳(ちるやなぎ) 茸干す(きのこほす)
数珠玉(じゅずだま) 茸番(きのこばん)
文豆(ぶんどう) 茸飯(きのこめし)
新大豆(しんだいず) 茸(きのこ)
新小豆(しんあずき) 草の実飛ぶ(くさのみとぶ)
新松子(しんちぢり) 草の実(くさのみ)
新榧子(しんかや) 草の穂(くさのほ)
新胡麻(しんごま) 草の紅葉(くさのもみじ)
施覆花(おぐるま) 草の絮(くさのわた)
日本梨(にほんなし) 草の花(くさのはな)
早生蜜柑(わせみかん) 草の錦(くさのにしき)
早稲の穂(わせのほ) 草の香(くさのか)
早稲の香(わせのか) 草木瓜の実(くさぼけのみ)
早稲刈る(わせかる) 草牡丹(くさぼたん)
早稲田(わせだ) 草稗(くさびえ)
早稲(わせ) 草紅葉(くさもみじ)
明治草(めいじそう) 草花売(くさばなうり)
星草(ほしくさ) 草花(くさばな)
晩稲(おくて) 草萩(そうはぎ)
晩菊(ばんぎく) 草虱(くさじらみ)
曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 草野穂絮(くさのほわた)
月夜茸(つきよたけ) 荒地の菊(あれちのきく)
月草(つきくさ) 荒地野菊(あれちのぎく)
朝霧草(あさぎりそう) 荻の声(おぎのこえ)
朝顔の実(あさがおのみ) 荻の風(おぎのかぜ)
朝顔(あさがお) 荻原(おぎはら)
木の実拾う(このみひろう) 荻吹く(おぎふく)
木の実時(このみどき) 荻(おぎ)
木の実落つ(このみおつ) 荼の花(おおどちのはな)
木の実降る(このみふる) 莢隠元(さやいんげん)
木の実(このみ) 菊の主(きくのあるじ)
木天蓼(またたび) 菊の友(きくのとも)
木患子(むくろじ) 菊の宿(きくのやど)
木槿垣(むくげがき) 菊の露(きくのつゆ)
木槿(むくげ) 菊作り(きくづくり)
木犀の花(もくせいのはな) 菊大輪(きくたいりん)
木犀(もくせい) 菊日和(きくびより)
木瓜の実(ぼけのみ) 菊時(きくどき)
木練(こねり) 菊残る(きくのこる)
木賊(とくさ) 菊畑(きくばたけ)
木通(あけび) 菊(きく)
木酢(きず) 菜間引く(なまびく)
末枯るる(うらがるる) 菩提子(ぼだいし)
末枯(うらがれ) 菩提樹の実(ぼだいじゅのみ)
朴の実(ほおのみ) 菰の花(こものはな)
杉の実(すぎのみ) 萩の花(はぎのはな)
杉鉄砲(すぎでっぽう) 萩原(はぎわら)
杜鵑草(ほととぎす) 萩散る(はぎちる)
松ふぐり(まつふぐり) 萩見(はぎみ)
松ぼくり(まつぼくり) 萩(はぎ)
松茸(まつたけ) 萱の穂(かやのほ)
松虫草(まつむしそう) 萱原(かやはら)
板屋かえで(いたやかえで) 萱(かや)
林檎(りんご) 落栗(おちぐり)
枳殻の実(からたちのみ) 落椎(おちしい)
枳殻の実(きこくのみ) 落穂拾(おちぼひろい)

枸杞の実(くこのみ) 落穂(おちぼ)
枸杞子(くこし) 落花生(らっかせい)
枸杞酒(くこしゅ) 落葵(つるむらさき)
枸橘(くきつ) 葈耳(おなもみ)
柏黄葉(かしわもみじ) 葉唐辛子(はとうがらし)
柑子蜜柑(こうじみかん) 葉生姜(はしょうが)
柑子(こうじ) 葉鶏頭(はげいとう)
染指草(せんしそう) 葛かずら(くずかずら)
柚子(ゆず) 葛の花(くずのはな)
柞の実(ははそのみ) 葛の葉(くずのは)
柞紅葉(ははそもみじ) 葛(くず)
柳散る(やなぎちる) 葡萄園(ぶどうえん)
柳黄ばむ(やなぎきばむ) 葡萄柿(ぶどうがき)
柾の実(まさきのみ) 葡萄棚(ぶどうだな)
柾の葛(まさきのかずら) 葡萄紅葉(ぶどうもみじ)
柿なます(かきなます) 葡萄(ぶどう)
柿の秋(かきのあき) 葭の秋(よしのあき)
柿の蔕落(かきのほぞおち) 葭の花(よしのはな)
柿吊す(かきつるす) 葭原(よしはら)
柿干す(かきほす) 蓮の実飛ぶ(はすのみとぶ)
柿店(かきみせ) 蓮の実(はすのみ)
柿紅葉(かきもみじ) 蓮芋(はすいも)
柿羊羹(かきようかん) 蓼の花(たでのはな)
柿(かき) 蓼紅葉(たでもみじ)
栃の実(とちのみ) 蔦紅葉(つたもみじ)
栗きんとん(くりきんとん) 蔦(つた)
栗もたし(くりもたし) 蕃椒(とうがらし)
栗山(くりやま) 蕃薯(ばんしょ)
栗林(くりばやし) 蕎麦の花(そばのはな)
栗羊羹(くりようかん) 薄紅葉(うすもみじ)
栗茸(くりたけ) 薄荷の花(はっかのはな)
栗飯(くりめし) 薄黄木犀(うすぎもくせい)
栗饅頭(くりまんじゅう) 薄(すすき)
栗鹿の子(くりかのこ) 薊牛蒡(あざみごぼう)
栗(くり) 薑(はじかみ)
栴檀の実(せんだんのみ) 薤の花(らっきょうのはな)
根無草(ねなしぐさ) 薩摩薯(さつまいも)
桂の花(かつらのはな) 薬師草(やくしそう)
桃の実(もものみ) 薯蕷(ながいも)
桃吹く(ももふく) 藍の花(あいのはな)
桐の実(きりのみ) 藜の実(あかざのみ)
桐の秋(きりのあき) 藤の実(ふじのみ)
桐一葉(きりひとは) 藤袴(ふじばかま)
桐油の実(とゆのみ) 藤豆(ふじまめ)
桔梗(ききょう) 藪からし(やぶからし)
桜紅葉(さくらもみじ) 藪虱(やぶじらみ)
桜茸(さくらだけ) 藷蔓(いもづる)
梅嫌(うめもどき) 藷(いも)
梅擬(うめもどき) 蘆の秋(あしのあき)
梅紅葉(うめもみじ) 蘆の穂絮(あしのほわた)
梔子の実(くちなしのみ) 蘆の穂(あしのほ)
梨売(なしうり) 蘆の花(あしのはな)
梨子(なし) 蘆原(あしはら)
梨(なし) 蘭の秋(らんのあき)
棉の桃(わたのもも) 蘭の花(らんのはな)
棉吹く(わたふく) 蘭の香(らんのか)
棉(わた) 蘭(らん)
棗の実(なつめのみ) 虚抜き大根(うろぬきだいこん)
棗(なつめ) 虚抜き菜(うろぬきな)
椋の実(むくのみ) 虚栗(みなしぐり)
椎の実(しいのみ) 虱草(しらみぐさ)
椎拾う(しいひろう) 蚊子木(ぶんしぼく)
椎茸干す(しいたけほす) 蛇葡萄(へびぶどう)
椎茸(しいたけ) 蛍草(ほたるぐさ)
椿の実(つばきのみ) 蛮瓜(へちま)
楓紅葉(かえでもみじ) 蜀椒(しょくしょう)
楓(かえで) 蜀黍(もろこし)
楝の実(おうちのみ) 蜂屋柿(はちやがき)
楢の実(ならのみ) 蝦夷龍胆(えぞりんどう)
楢紅葉(ならもみじ) 蠅取茸(はえとりたけ)
楢茸(ならたけ) 血止草(ちどめそう)
楸(ひさぎ) 衝羽根(つくばね)
榎の実(えのきのみ) 衣被ぎ(きぬかつぎ)
榎の実(えのみ) 西条柿(さいじょうがき)
榛の実(はしばみのみ) 西洋朝顔(せいようあさがお)
樽柿(たるがき) 西瓜(すいか)
橘(たちばな) 親芋(おやいも)
橡の実(とちのみ) 観音草(かんのんそう)
橿の実(かしのみ) 角力草(すもうぐさ)
檀の実(まゆみのみ) 解夏草(げげそう)
檀特の花(だんとくのはな) 谷地珊瑚(やちさんご)
檸檬(レモン) 谿紅葉(たにもみじ)
櫟の実(くぬぎのみ) 豆柿(まめがき)
櫨の実(はぜのみ) 豊後芋(ぶんごいも)
櫨紅葉(はぜもみじ) 貝割れ菜(かいわれな)
次郎柿(じろうがき) 貝割菜(かいわりな)
正木の鬘(まさきのかずら) 貧乏葛(びんぼうかずら)
死人花(しびとばな) 貴船菊(きぶねぎく)
残る菊(のこるきく) 赤のまま(あかのまま)
残菊(ざんぎく) 赤のまんま(あかのまんま)
殻割菜(かいわりな) 赤まんま(あかまんま)
毒茸(どくたけ) 赤柿(あかがき)
毛犬稗(けいぬひえ) 赤梨(あかなし)
毬栗(いがぐり) 赤芽芋(あかめいも)
気連草(めなもみそう) 赤茯苓(あかぶくりょう)
水引の花(みずひきのはな) 車前子(おおばこ)
水影草(みずかげぐさ) 軒しのぶ(のきしのぶ)
水懸草(みずかけぐさ) 輪鋒菊(りんぽうぎく)
水木の実(みずきのみ) 辣韮の花(らっきょうのはな)
水玉草(みずたまそう) 通草かずら(あけびかずら)
水稗(みずひえ) 通草棚(あけびだな)
水草紅葉(みずくさもみじ) 通草(あけび)
水萩(みずはぎ) 郁子(むべ)
水蜜桃(すいみつとう) 酔芙蓉(すいふよう)
汗茸(あせたけ) 酢橘(すだち)
沙参(しゃじん) 酸漿(ほおずき)
沢ひよどり(さわひよどり) 里芋田楽(さといもでんがく)
沢桔梗(さわぎきょう) 野ばらの実(のばらのみ)
沢胡桃(さわくるみ) 野塘菊(あれちのぎく)
油桃(ゆとう) 野槐(ななかまど)
油桐の実(あぶらぎりのみ) 野稗(のびえ)
油点草(ゆてんそう) 野胡桃(のくるみ)
沿籬豆(えんりまめ) 野茉莉(のまつり)
法螺貝草(ほらがいそう) 野茨の実(のいばらのみ)
泡立草(あわだちそう) 野菊(のぎく)
洋梨(ようり) 野萩(のはぎ)
浅茅(あさぢ) 野葡萄(のぶどう)
浜えのころ(はまえのころ) 野路菊(のじぎく)
浜杉(はますぎ) 野鳳仙花(のほうせんか)
浜荻(はまおぎ) 金えのころ(きんえのころ)
浜菊(はまぎく) 金冬瓜(きんとうが)
海桐の実(とべらのみ) 金化粧(きんげしょう)
海棠木瓜(かいどうぼけ) 金木犀(きんもくせい)
深山龍胆(みやまりんどう) 金柑(きんかん)
渋柿(しぶがき) 金橘(きんきつ)
湿地茸(しめじ) 釣船草(つりふねそう)
溝萩(みぞはぎ) 釣鐘人参(つりがねにんじん)
溝蕎麦(みぞそば) 鈴子香(れいしこう)
漆の実(うるしのみ) 鉄道草(てつどうぐさ)
漆紅葉(うるしもみじ) 鉈豆(なたまめ)
火焔菜(かえんさい) 銀化粧(ぎんげしょう)
点突草(てんつきそう) 銀木犀(ぎんもくせい)
烏瓜(からすうり) 銀杏の実(いちょうのみ)
無患子(むくろじ) 銀杏散る(いちょうちる)
無患樹の実(むくろじのみ) 銀杏黄葉(いちょうもみじ)
無花果(いちじく) 銀杏(ぎんなん)
焼唐黍(やきとうきび) 錦木の実(にしきぎのみ)
焼栗(やきぐり) 錦木紅葉(にしきぎもみじ)
煙草の花(たばこのはな) 錦木(にしきぎ)
照紅葉(てりもみじ) 鍾馗蘭(しょうきらん)
照葉(てりは) 長十郎(ちょうじゅうろう)
熟柿(じゅくし) 長瓜(ながうり)
牛膝(いのこずち) 長薯(ながいも)
牽牛花(けんぎゅうか) 間引大根(まびきだいこん)
犬子草(いぬこぐさ) 間引菜(まびきな)
犬梨(いぬなし) 阿古陀瓜(あこだうり)
犬稗(いぬひえ) 陸稲(おかぼ)
狐花(きつねばな) 陸稲(りくとう)
狗尾草(えのころぐさ) 陸穂(おかぼ)
狼把草(ろうはそう) 隠元豆(いんげんまめ)
猫じゃらし(ねこじゃらし) 隼人瓜(はやとうり)
猿の腰掛(さるのこしかけ) 雀の稗(すずめのひえ)
猿柿(さるがき) 雁来紅(がんらいこう)
猿瓢(さるひょう) 雄刈萱(おがるかや)
猿笛(さるぶえ) 雌刈萱(めがるかや)
猿茸(ましらたけ) 雑木紅葉(ぞうきもみじ)
玄圃梨(げんぽなし) 零余子とり(むかごとり)
玉水木(たまみずき) 零余子(むかご)
玉瓜(からすうり) 霜茱萸(しもぐみ)
玉章(たまずさ) 霜見草(しもみぐさ)
玉箒(たまぼうき) 露草(つゆくさ)
玉蜀黍(とうもろこし) 青松笠(あおまつかさ)
玉見草(たまみぐさ) 青梨(あおなし)
玉黍(とうきび) 青瓢箪(あおびょうたん)
珊瑚樹(さんごじゅ) 青瓢(あおふくべ)
珊瑚草(さんごそう) 青花(あおばな)
球芽(むかぶ) 青蜜柑(あおみかん)
瓢の実(ひょんのみ) 風聞草(かざききぐさ)
瓢箪(ひょうたん) 風船葛(ふうせんかずら)
瓢(ふくべ) 飯桐の実(いいぎりのみ)
甘干(あまぼし) 香円(こうえん)
甘柿(あまがき) 香水蘭(こうすいらん)
甘蔗(さとうきび) 香草(こうそう)
甘藷の秋(いものあき) 馬鈴薯(ばれいしょ)
甘藷掘(いもほり) 駱駝薯(らくだいも)
甘藷畑(いもばたけ) 高尾かえで(たかおかえで)
甘藷(いも) 高尾紅葉(たかおもみじ)
甘藷(さつまいも) 高嶺岩茸(たかねいわたけ)
生姜(しょうが) 高粱(こうりゃん)
田の実(たのみ) 高麗胡椒(こうらいこしょう)
田五加(たうこぎ) 高麗黍(こうらいきび)
田村草(たむらそう) 高黍(たかきび)
田畦豆(たのくろまめ) 鬱金の花(うこんのはな)
田稗(たびえ) 鬼の醜草(おにのしこぐさ)
田芋(たいも) 鬼燈(ほおずき)
男郞花(おとこえし) 鬼目(ほろし)
畑稗(はたびえ) 鬼箭木(にしきぎ)
畦豆(あぜまめ) 鬼胡桃(おにくるみ)
白山蓬(はくさんよもぎ) 鬼芒(おにすすき)
白式部(しろしきぶ) 鬼薊(おにあざみ)
白木槿(しろむくげ) 鳥兜(とりかぶと)
白桃(はくとう) 鳩麦(はとむぎ)
白樺黄葉(しらかばもみじ) 鳳仙花(ほうせんか)
白玉草(しらたまくさ) 鴨跖草(おうせきそう)
白粉花(おしろいばな) 鵯上戸(ひよどりじょうご)
白粉草(おしろいぐさ) 鵯花(ひよどりばな)
白膠木紅葉(ぬるでもみじ) 鵲豆(ふじまめ)
白膠紅葉(ぬるでもみじ) 鶉豆(うずらまめ)
白舞茸(しろまい) 鶏栖子(けいせいし)
白芋(しろいも) 鶏頭花(けいとうか)
白芙蓉(しろふよう) 鶏頭(けいとう)
白英(はくえい) 鷹の爪(たかのつめ)
白茅(ちがや) 麻の実(あさのみ)
白茯苓(しろぶくりょう) 麻疹木(はしかのき)
白菊(しらぎく) 黄つりふね(きつりふね)
白萩(しろはぎ) 黄草(きぐさ)
百生り(ひゃくなり) 黄菊(きぎく)
百目柿(ひゃくめがき) 黄落期(こうらくき)
百草の花(ももくさのはな) 黄落(こうらく)
百菊(ひゃくぎく) 黄葉(こうよう)
皀角子(さいかち) 黄葉(もみじ)
相撲取草(すもうとりぐさ) 黄金草(こがねぐさ)
相撲草(すもうぐさ) 黄鶏頭(きけいとう)
真弓の実(まゆみのみ) 黍の穂(きびのほ)
真菰の花(まこものはな) 黍団子(きびだんご)
真萩(まはぎ) 黍畑(きびばた)
真葛原(まくずはら) 黍(きび)
真葛(さねかずら) 黐の実(もちのみ)
真葛(まくず) 黒舞茸(くろまい)
矢の根草(やのねぐさ) 黒葡萄(くろぶどう)
石榴(ざくろ) 鼠の尾(ねずみのお)
砥草(とくさ) 鼠尾萩(みそはぎ)
破芭蕉(やればしょう) 齢草(よわいぐさ)
破蓮(やれはちす) 龍田草(たつたぐさ)
磯菊(いそぎく) 龍胆(りんどう)
カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
一覧伝統季語日本語言葉
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました