スポンサーリンク

二文字の『かっこいい漢字』一覧238種【意味付き】|名前にも使えるかっこいい日本語

二文字の『かっこいい漢字』一覧238種【意味付き】|名前にも使える 一覧
二文字の『かっこいい漢字』一覧238種【意味付き】|名前にも使える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

かっこいい漢字の中から二文字の熟語を集めて一覧にしました。

漢字の読み方、意味、見た目を基準にして収集したものです。

漢字の読み方と意味を付けて紹介していますので、漢字の響きだけでなく意味を知ることで、座右の銘にしてみたり、名付けの参考にしてみたり、スローガンにしてみたり、目標にしてみたりなどなど、いろいろなことに使えると思います。

ぜひ 参考にしてみてください。

4文字の『かっこいい漢字』一覧115種【読み方・意味付き】

3文字の『かっこいい漢字』一覧175種【意味付き】

難しくてかっこいい漢字一覧【読み方・意味付き】120種類

二文字の『かっこいい漢字』一覧

 

暗黒(あんこく)

真っ暗なこと。全く光のささないこと。くらやみ。

 

闇雲(やみくも)

何も先の見通しが無いようす

 

闇夜(やみよ)暗い夜。月の出ない夜。

 

威風(いふう)威厳がある様子。勢いがある様子

 

異端(いたん)その時代の大多数の人から、正統と認められているものから外れているか、それに反対する立場であること。

 

一心(いっしん)多くの人々が心を一つにすること。

 

一閃(いっせん)ピカッと光ること。閃くこと。

 

一徹(いってつ)いこんだことはひと筋に押し通すこと。

 

稲妻(いなづま)雷の光のこと。

 

雲雀(ひばり)鳥のヒバリのこと。

 

叡智(えいち)深遠な道理を知りうるすぐれた知恵。

 

永遠(えいえん)いつまでも果てしなく続くこと。

永劫(えいごう)限りなく長い年月。

 

英傑(えいけつ)非常にすぐれている大人物。

 

英雄(えいゆう)才知・武勇にすぐれ、常人にできないことを成し遂げた人。

 

奥義(おうぎ)学問・芸能・武術などの最も大事な事柄。

 

黄泉(よみ)死んだ人の魂が行くという所。あの世。冥土。

 

果敢(かかん)決断力に富み、大胆なこと。

 

果断(かだん)物事を思いきって行うこと。決断力のあること。

 

怪傑(かいけつ)非常にすぐれた能力をもつ人。不思議な力をもつ人物。

 

改革(かいかく)従来の制度などを改めてよりよいものにすること。

 

開闢(かいびゃく)天と地が初めてできた時。世界の始まりの時。

 

蓋世(がいせい)世界を支配するほどの力を持っていること

 

覚醒(かくせい)目がさめること。迷いからさめること。

 

瓦解(がかい)物事の一部の崩れから全体の組織がこわれてしまうこと。

 

気鋭(きえい)意気込みの鋭いこと。

 

気丈(きじょう)心がしっかりしていること。

 

騎虎(きこ)物事にはずみがついて、途中ではやめられない、激しい勢い。

 

鬼謀(きぼう)常人の思いも及ばないうまい計略。

 

鬼哭(きこく)死人の霊魂が恨めしさに泣くこと。

 

久遠(くおん)永遠のこと。いつまでも続くこと。

 

虚空(こくう)何もない空間。

 

虚構(きょこう)実際にはない、作り上げたこと。

 

虚無(きょむ)何も存せず、むなしいこと。空虚。

 

強靭(きょうじん)しなやかで強いこと。

 

暁闇(ぎょうあん)月の落ちたあと、日の出る前の闇。

 

玉響(たまゆら)少しの間。ほんのしばらく。

 

玉砕(ぎょくさい)玉が美しく砕けるように、名誉や忠義を重んじて、いさぎよく死ぬこと。

 

金剛(こんごう)最も硬い金属の事。硬くて壊れないこと。

 

駆逐(くちく)敵などを追い払うこと。

 

空虚(くうきょ) 物のなかみ、または物事の内容をなす価値、あるいは心のより所が、何もないこと。

 

剣豪(けんごう)剣術の強い人。

 

剣舞(けんぶ)詩吟にあわせ剣をもって舞う舞。

 

堅固(けんご)意志がかたく、しっかりしていること。

 

軒昂(けんこう)気持がふるい立つさま。

 

元帥(げんすい)軍人の最高位。

 

幻想(げんそう)現実にないことを思い描くこと。また、その思い。

 

玄鳥(つばめ)鳥のツバメ。

 

虎魚(おこぜ)魚の一種。鋭いせびれに毒がある。

 

虎狼(ころう)欲が深く、残忍なことのたとえ。

 

御影(みかげ)神や貴人の霊魂。神霊。みたま。

 

光陰(こういん)月日。歳月。時間。

皇帝(こうてい)帝国の君主。

 

紅玉(こうぎょく)ルビーの事

 

紅桜(べにざくら)桜の一種。

 

紅蓮(ぐれん)猛火の炎の色のたとえ。

 

降魔(ごうま)悪魔を降伏すること。

 

降臨(こうりん)天上に住むとされる神仏が地上に来臨すること。

剛毅(ごうき)意志がしっかりしていて物事にひるまないこと。

 

剛健(ごうけん)心身が強くたくましいこと。

 

剛直(ごうちょく)気性が強く、信念を曲げないこと。

 

剛勇(ごうゆう)人並みはずれて、強く勇気があること。

 

剛力(ごうりき)力が強いこと。強い力。

 

豪傑(ごうけつ)武勇にすぐれ、力も強く、肝っ玉もすわっている人。

 

豪胆(ごうたん)度胸がすわっていて、ものに動じないこと。

 

豪放(ごうほう)度量が大きく、大胆で、細かいことにこだわらないこと。

 

刻印(こくいん)印を彫ること。刻みつけること。

 

黒狐(こくこ)中国や日本に伝わる狐の妖怪。

 

混沌(こんとん)区別が立たず物事が入り混じっている状態。

 

再生(さいせい)そのままでは働かない状態から、また働く状態になる、あるいはすること。

 

最強(さいきょう)いちばん強いこと。

 

桜華(おうか)桜の花。

 

殺陣(たて)映画・演劇などで、たちまわりのこと。

 

斬撃(ざんげき)刀できりかかること。

 

残心(ざんしん)日本の武技で、攻めわざの直後も敵に備えて保つ(=残)心の構え。

 

残夢(ざんむ)見果てなかった夢。目ざめてなお心に残る夢。

 

士魂(しこん)武士の精神。

 

志士(しし)命を投げ出して国家・民族のために尽くそうという高い志をもつ人。

 

死神(しにがみ)生命の死を司るとされる伝説上の神。

 

獅子(しし)ライオンの事。古来、百獣の王とされる。

 

紫苑(しおん)植物の名前。菊の一種。

 

至高(しこう)この上なく高いこと。最高。

 

至誠(しせい)この上なく誠実なこと。まごころ。

 

時空(じくう)時間と空間。

 

漆黒(しっこく)黒くて光沢があること。

 

疾風(はやて)急に激しく吹きおこる風。

 

邪気(じゃき)人の身に病気を起こすと信じられた悪い気。

 

邪神(じゃしん)人に災いを与える神。

 

灼熱(しゃくねつ)焼けつくように熱いこと。

 

寂滅(じゃくめつ)煩悩を捨て去ること

 

守護(しゅご)守ること。

 

朱雀(すざく)中国の伝説上の神獣。

 

珠玉(しゅぎょく)尊いもの、美しいもの。

 

呪縛(じゅばく)まじないをかけて動けないようにすること。また、心理的に人の自由を奪うこと。

 

修羅(しゅら)インドの鬼神。

 

終極(しゅうきょく)物事の一番終わり。

 

終焉(しゅうえん)命の終わり。

 

十界(じっかい)人間の心の全ての境地を十種に分類したもの。

 

駿馬(しゅんめ)足の速い馬。すぐれた馬。

 

宵闇(よいやみ)宵のうち月が出なくて暗いこと。

 

常勝(じょうしょう)負け知らずに勝ち続けること。

 

深紅(しんく)濃いべにいろ。

 

深淵(しんえん)深いふち。

 

神威(かむい)神の威光・威力。

 

神楽(かぐら)神事において神に奉納するため奏される歌舞。

 

神聖(しんせい)尊くて、おかしがたいこと。

 

神風(かみかぜ)神の威力で吹きおろすという風。

 

迅速(じんそく)物事の進行がきわめて速いさま。

 

吹雪(ふぶき) 雪が激しい風に吹かれて乱れ飛びながら降ること。

 

崇高(すうこう)気高く偉大なこと。

 

制覇(せいは)競争者を負かして権力・主導権をにぎること。

 

正義(せいぎ)正しい道理。人間行為の正しさ。

 

聖域(せいいき)神聖な場所。

 

聖者(せいじゃ)正しい道理を悟った人。

 

青雲(せいうん)地位や学徳の高いことのたとえ。

 

青龍(せいりゅう)中国の伝説上の神獣。

 

静寂(せいじゃく)物音もせず静かなこと。

 

絶望(ぜつぼう)希望を全く失うこと。

 

絶無(ぜつむ)何もないこと。全くないこと。

 

絶倫(ぜつりん)群を抜いてすぐれていること。

 

旋風(つむじかぜ)渦巻き状に発生する風のこと

 

閃光(せんこう)瞬間的に明るくきらめく光。

 

壮大(そうだい)大きくて立派なこと。

 

荘厳(そうごん)重々しさがあって立派なこと。

 

蒼穹(そうきゅう)青空。大空。

 

村雨(むらさめ)強く降ってすぐ止む雨。

 

堕天(だてん)天使が堕落すること。

 

泰然(たいぜん)落ち着き払っていて物に少しも動じないさま。

 

大器(たいき)人並すぐれた、人物・才能の大きさ。

 

大志(たいし)遠大な志望。

大鵬(たいほう)古代中国の想像上の大鳥。

 

琢磨(たくま)学問・技芸に励んで、その向上につとめること。

 

断罪(だんざい)有罪の判決を下すこと。

 

忠誠(ちゅうせい)忠実で正直な心。忠義を尽くすこと。

 

朝霧(あさぎり)朝に立つ霧のこと。

 

超越(ちょうえつ)普通の程度を、はるかに越えること。

 

長久(ちょうきゅう)長く久しいこと。

 

追憶(ついおく)過去のことを思い出してしのぶこと。

 

帝王(ていおう) 君主国の元首。天子。皇帝。非常に大きな権力や支配力をもつ人。

 

鉄心(てっしん)鉄のような堅固な心。

 

天誅(てんちゅう)神様が悪に下す天罰の事。

 

天帝(てんてい)天に居て万物を支配する神。造物主。

 

天賦(てんぷ)天から賦与されたもの。生まれつきの資質。

 

天籟(てんらい)風の音。風が物に当たって鳴る音など。

 

転生(てんせい)生まれ変わること。

 

電撃(でんげき)稲妻のような速さで敵を攻撃すること。

 

怒涛(どとう)激しく打ち寄せる波。

 

東雲(しののめ)夜明け。明け方。明け方に東の空にたなびく雲。

 

当千(とうせん)一人で千人に匹敵すること。

 

闘魂(とうこん)戦おうとする激しい意気込み。

 

堂々(どうどう)恐れず立派に行うさま。

 

独尊(どくそん)自分一人が他の誰よりも素晴らしいこと

 

奈落(ならく)地獄。どん底。

 

如月(きさらぎ)2月の異名。

 

忍冬(すいかずら)つる草の名前。

 

熱血(ねっけつ)血がわきたつような激しい意気。

 

熱烈(ねつれつ)熱中して激しい態度。

 

覇王(はおう)武力や権謀で王になった人。

 

破壊(はかい)原形を保たないまでにうちこわすこと。

 

破戒(はかい)いましめを破ること。

 

破砕(はさい)粉々に砕くこと。

 

破邪(はじゃ)邪道をうちやぶること。

 

白虎(びゃっこ)中国の伝説上の虎の神様

 

白夜(びゃくや)真夜中になっても薄明になっているか、または太陽が沈まない現象のこと。

 

薄氷(はくひょう)薄く張った氷。

 

反逆(はんぎゃく)国や主君や世間などにそむいて逆らうこと。

 

般若(はんにゃ)恐ろしい顔つきをした鬼女。

 

蛮勇(ばんゆう)理非を考えず、むやみやたらに発揮する勇気。

 

飛翔(ひしょう)はばたいて空を飛んで行くこと。

 

飛蝗(ばった)ばった科の昆虫の総称。

 

不屈(ふくつ)苦難に負けず、意志を貫くこと。

 

不敵(ふてき)敵を敵とも思わない態度。

 

不動(ふどう)動かないこと。ゆるがないこと。

 

不敗(ふはい)負けないこと。

 

不撓(ふとう)ひるまないこと。

 

風雅(ふうが)趣があること。

 

伏龍(ふくりゅう)池の中にひそみ昇天の時機を待っている竜。世間に知られていないすぐれた人物のたとえ。

 

福音(ふくいん)喜ばしい、よい知らせ。

 

覆滅(ふくめつ)完全に滅びること。

 

奮迅(ふんじん)勢い激しくふるいたつこと。

 

鳳雛(ほうすう)将来すぐれた人物になることが期待される子供。

 

鳳蝶(あげはちょう) アゲハチョウ科に属するチョウの総称。

 

鳳凰(ほうおう)中国の伝説上の鳥。

 

奔放(ほんぽう)伝統や世間のしきたりを無視し、思うままにふるまうこと。

 

魔神(まじん)災いを起こす神。

 

万丈(ばんじょう)非常に高いことの形容。

 

無我(むが)われを忘れること。

 

無限(むげん)どこまで行っても果てが無いこと。

 

無常(むじょう)常のないこと、定まりのないこと。

 

無尽(むじん)尽きることが無いこと。

 

無双(むそう)並ぶものがないほどすぐれていること。

 

無敵(むてき)非常に強くて敵対するものがないこと。対抗できるものがないこと。

 

明王(みょうおう)怒った顔つきをして悪魔を降伏(ごうぶく)し、仏法を守護する神。

 

明月(めいげつ)清く澄みわたった丸い月。

 

猛者(もさ)勇敢で気力に富む強い人。

 

猛将(もうしょう)強くて勇気のある武将。

 

夜叉(やしゃ)顔かたちが恐ろしく、性質が勇猛な、インドの鬼神。

 

弥生(やよい)3月の異名。

 

弥勒(みろく)未来に出現し、衆生(しゅじょう)を救うという仏。

 

躍如(やくじょ)生き生きと現れているさま。

 

勇士(ゆうし)勇者。特に、雄々しく立派な武士・軍人。

 

勇猛(ゆうもう)勇ましくて非常に強いこと。

 

友愛(ゆうあい)友人に対する親愛の情。

 

悠遠(ゆうえん)所または時が、はるばると見やるほどに遠いこと。

 

悠久(ゆうきゅう) 久しい過去に始まって、変わらず続くこと。

 

有為(ゆうい)能力があること。役に立つこと。

 

羅刹(らせつ)人を惑わし、また食うという魔物。悪魔。

 

雷神(らいじん)雷を起こすという神。

 

雷電(らいでん)雷と稲妻のこと。

 

雷霆(らいてい) 激しいかみなり。

 

竜王(りゅうおう)竜の王。

 

龍虎(りゅうこ)龍と虎。力が伯仲し,すぐれている二人の者のたとえ。

 

凌駕(りょうが)他のものを越えてそれ以上になること。

 

輪廻(りんね)生き変わって、死に変わって魂はいつまでも世界をめぐっていること。

 

瑠璃(るり)ガラスの古名。

 

玲瓏(れいろう)玉などが、さえたよい音で鳴るさま。

 

烈火(れっか)激しい勢いでもえる火。

 

煉獄(れんごく)天国と地獄との間にある所。

 

刹那(せつな)きわめて短い時間。

 

屹立(きつりつ)山などが高くそびえ立っていること。

 

恬淡(てんたん)あっさりとしていて、名誉・利益などに執着(しゅうじゃく)しないさま。

 

慟哭(どうこく)声をあげて激しく嘆き泣くこと。

 

殲滅(せんめつ)残らず滅ぼすこと。皆殺しにすること。

 

涅槃(ねはん)一切の煩悩から解脱した、不生不滅の高い境地。

 

炯眼(けいがん)鋭い眼力。

 

琥珀(こはく)植物樹脂が地層にうもれて化石化したもの。

 

矜持(きょうじ)自分の能力を信じていだく誇り。

 

磊落(らいらく)気が大きく朗らかで、小さいことにこだわらないこと。

 

繚乱(りょうらん)入り乱れている様子。

 

翡翠(ひすい)かわせみ科の鳥の総称。ヒスイの羽のような色の宝石。

 

贖罪(しょくざい)犠牲や代償を捧げて罪をあがなうこと。

 

軋轢(あつれき)人の仲が悪くあい争うこと。不和。

 

邂逅(かいこう)思いがけなく会うこと。めぐりあい。

 

邁進(まいしん)元気よく、ひたすら目的に向かって進むこと。

 

闊達(かったつ)度量が広く、小事にこだわらないさま。

 

颯爽(さっそう)さわやかで勇ましいさま。

 

麒麟(きりん)中国神話に現れる伝説上の霊獣。

黎明(れいめい)

夜明けの事。

二文字のかっこいい漢字一覧 まとめ

2文字のかっこいい漢字を一覧で紹介しました。いかがだったでしょうか?

名前や座右の銘に使えそうな言葉が沢山あったと思います。お気に入りの言葉は見つかったでしょうか。

4文字の『かっこいい漢字』一覧115種【読み方・意味付き】

3文字の『かっこいい漢字』一覧175種【意味付き】

難しくてかっこいい漢字一覧【読み方・意味付き】120種類

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
一覧漢字言葉
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました