スポンサーリンク

【 新年・年の暮れを表現する言葉一覧】季語 – 季節の言葉 一覧

【 新年・年の暮れ】季語 - 季節の言葉 一覧 一覧
スポンサーリンク

新年と年の暮(としのくれ)の季語を一覧にまとめました。 日本の年末年始らしい情緒がある美しい言葉です。

 

新年の季語 一覧

 

【時候】

 

あらたまの年(とし) 年の端(としのは)
お元日(おがんじつ) 年の花(としのはな)
お正月(おしょうがつ) 年初(ねんしょ)
七日の節句(なのかのせっく) 年始(ねんし)
七日正月(なぬかしょうがつ) 年明く(としあく)
三の始(みつのはじめ) 年立つ(としたつ)
三元(さんげん) 年頭(ねんとう)
三始(さんし) 御代の春(みよのはる)
三朝(さんちょう) 改まる年(あらたまるとし)
二日の富士(ふつかのふじ) 改年(かいねん)
今年(ことし) 改旦(かいたん)
今年(こんねん) 新しき年(あたらしきとし)
今日の春(きょうのはる) 新年(しんねん)
今朝の春(けさのはる) 新春(しんしゅん)
仏の口明(ほとけのくちあけ) 新歳(しんさい)
仏の年越(ほとけのとしこし) 旧冬(きゅうとう)
仏の正月(ほとけのしょうがつ) 旧年(きゅうねん)
仏正月(ほとけしょうがつ) 旧臘(きゅうろう)
元七(がんしち) 明の春(あけのはる)
元三(がんさん) 春永(はるなが)
元日(がんじつ) 晦日宵(みそかよい)
元旦(がんたん) 朔旦(さくたん)
元朝(がんちょう) 望年(もちどし)
先祖正月(せんぞしょうがつ) 望正月(もちしょうがつ)
初三十日(はつみそか) 松の内(まつのうち)
初年(はつとし) 松七日(まつなぬか)
初旦(はつあした) 松明(まつあけ)
初昔(はつむかし) 松過(まつすぎ)
初春(はつはる) 正月(しょうがつ)
初晦日(はつみそか) 歳旦(さいたん)
千代の春(ちよのはる) 永陽(えいよう)
去年今年(こぞことし) 注連の内(しめのうち)
去年(きょねん) 注連明(しめあけ)
去年(こぞ) 狗日(くじつ)
去歳(きょさい) 甫年(ほねん)
古年(ふるとし) 花正月(はなしょうがつ)
四方の春(よものはる) 若き年(わかきとし)
国の春(くにのはる) 若年(わかとし)
大旦(おおあした) 若正月(わかしょうがつ)
女正月(おんなしょうがつ) 蔦の正月(つたのしょうがつ)
女正月(めしょうがつ) 迎うる年(むかうるとし)
宵の年(よいのとし) 迎春(げいしゅん)
寺年始(てらねんし) 門の春(かどのはる)
小年越(こどしこし) 餅中(もちなか)
小年(こどし) 餅間(もちあい)
小正月(こしょうがつ) 鶏日(けいじつ)
年の始(としのはじめ) 鶏旦(けいたん)
永日(えいじつ)  

【天文】

 

初凪(はつなぎ) 初東風(はつごち)
初夜明(はつよあけ) 初松韻(はつしょういん)
初御空(はつみそら) 初松風(はつまつかぜ)
初日の出(はつひので) 初空(はつぞら)
初日山(はつひやま) 初茜空(はつあかねぞら)
初日(はつひ) 初茜(はつあかね)
初旭(はつあさひ) 初霞(はつがすみ)
初明り(はつあかり) 富正月(とみしょうがつ)
初晴(はつばれ) 御降(おさがり)
初曙(はつあけぼの) 新霞(にいがすみ)
初東雲(はつしののめ)  

 

【地理】

 

初富士(はつふじ) 初浅間(はつあさま)
初景色(はつげしき) 初筑波(はつつくば)
初比叡(はつひえい) 若菜野(わかなの)
初気色(はつげしき)  

 

【生活】

 

いろはがるた 注連飾取る(しめかざりとる)
お取初め(おとりぞめ) 注連飾(しめかざり)
お年玉(おとしだま) 海老飾る(えびかざる)
お松払い(おまつはらい) 滴露(ちょろぎ)
お鍬立(おくわたて) 漁始(りょうはじめ)
丁呂喜(ちょろぎ) 漕初(こぎぞめ)
万歳大夫(まんざいだゆう) 炊ぎ初(かしぎぞめ)
万歳楽(まんざいらく) 点初(たてぞめ)
両の物(りょうのもの) 点茶始(てんちゃはじめ)
仕事始(しごとはじめ) 焚初(たきぞめ)
仕舞初(しまいぞめ) 煎海鼠(いりこ)
伊勢暦(いせごよみ) 熨斗鮑(のしあわび)
作初(つくりぞめ) 熨斗(のし)
俎始(まないたはじめ) 牛蒡注連(ごぼうじめ)
俵子(たわらご) 物吉(ものよし)
俵木(たわらぎ) 狐舞(きつねまい)
俵松(たわらまつ) 独楽(こま)
俵魚(たわらご) 猿廻し(さるまわし)
傀儡師(かいらいし) 猿引(さるひき)
具足餅(ぐそくもち) 猿曳(さるひき)
切山椒(きりざんしょう) 猿舞師(さるまいし)
初仕事(はつしごと) 獅子舞(ししまい)
初便り(はつだより) 獅子頭(ししがしら)
初俵(はつたわら) 獏の札(ばくのふだ)
初刷(はつずり) 獏の枕(ばくのまくら)
初化粧(はつげしょう) 獏枕(ばくまくら)
初句会(はつくかい) 玉打(たまうち)
初咄(はつはなし) 玉振振(たまぶりぶり)
初商(はつあきない) 琴始(ことはじめ)
初売(はつうり) 甘露子(ちょろぎ)
初夢(はつゆめ) 生初(いけぞめ)
初太鼓(はつだいこ) 生花始(せいかはじめ)
初寄席(はつよせ) 田打正月(たうちしょうがつ)
初寝覚(はつねざめ) 留守居松(るすいまつ)
初屏風(はつびょうぶ) 着衣初(きそはじめ)
初山踏(はつやまぶみ) 睦み昆布(むつみこんぶ)
初山(はつやま) 睨鯛(にらみだい)
初市場(はついちば) 破魔弓(はまゆみ)
初市(はついち) 破魔矢(はまや)
初席(はつせき) 礼受帳(れいうけちょう)
初座敷(はつざしき) 礼受(れいうけ)
初弾(はつひき) 礼帳(れいちょう)
初戸出(はつとで) 礼者受(れいじゃうけ)
初扇(はつおうぎ) 礼者(れいじゃ)
初手水(はつちょうず) 祈祷狐(きとうぎつね)
初掃除(はつそうじ) 祝木(いわいぎ)
初暦(はつごよみ) 祝箸(いわいばし)
初朝戸出(はつあさとで) 福引(ふくびき)
初枕(はつまくら) 福沸(ふくわかし)
初染(はつぞめ) 福笑い(ふくわらい)
初機(はつはた) 福筵(ふくむしろ)
初湯殿(はつゆどの) 福茶(ふくちゃ)
初湯(はつゆ) 福藁(ふくわら)
初漁(はつりょう) 福鍋(ふくなべ)
初炊ぎ(はつかしぎ) 稲穂の餅(いなほのもち)
初燈明(はつとうみょう) 稲穂(いなほ)
初燈(はつともし) 稲積む(いねつむ)
初田打(はつたうち) 稽古始(けいこはじめ)
初竈(はつかまど) 穂垂れ(ほだれ)
初立会(はつたちあい) 穂木(ほぎ)
初笑(はつわらい) 穂長(ほなが)
初箒(はつぼうき) 穴一銭(あないちぜに)
前垂注連(まえだれじめ) 穴一(あないち)
包尾の鯛(つつみおのたい) 穴市(あないち)
千秋万歳(せんずまんざい) 窯始(かまはじめ)
双六(すごろく) 立松(たてまつ)
句会始(くかいはじめ) 笑初(わらいぞめ)
商初(あきないぞめ) 笑籤(わらいくじ)
商始(あきないはじめ) 筆始(ふではじめ)
喰積(くいつみ) 箸包(はしづつみ)
堀初(ほりぞめ) 箸紙(はしがみ)
売初(うりぞめ) 節の日(せちのひ)
大根注連(だいこんじめ) 節客(せちきゃく)
大根祝う(だいこんいわう) 節座敷(せちざしき)
大根飾る(だいこんかざる) 節振舞(せちぶるまい)
大発会(だいはっかい) 節料理(せちりょうり)
大福茶(おおふくちゃ) 節木(せちぎ)
大福(おおふく) 節餐(せちあえ)
大賀玉の木(おおがたまのき) 籟初(ふきぞめ)
大鍬初(おおくわぞめ) 米花(こめばな)
大黒廻し(だいこくまわし) 粟穂稗穂(あわぼひえぼ)
大黒舞(だいこくまい) 紙双六(かみすごろく)
太箸(ふとばし) 細工始(さいくはじめ)
夷おろし(えびすおろし) 組重(くみじゅう)
夷かき(えびすかき) 結びこぶ(むすびこぶ)
夷廻し(えびすまわし) 結初(ゆいぞめ)
女礼者(おんなれいじゃ) 結昆布(むすびこんぶ)
女礼(おんなれい) 結柳(むすびやなぎ)
女賀客(おんながきゃく) 結炭(ゆいずみ)
孕み箸(はらみばし) 絵双六(えすごろく)
宝引縄(ほうびきなわ) 綯初(ないぞめ)
宝引銭(ほうびきぜに) 綴暦(つづりごよみ)
宝引(たからびき) 縄祝(なわいわい)
宝引(ほうびき) 縄飾り(なわかざり)
宝船(たからぶね) 縒初(よりぞめ)
寝正月(ねしょうがつ) 縫初(ぬいぞめ)
尾張万歳(おわりまんざい) 縫始(ぬいはじめ)
屠蘇延命散(とそえんめいさん) 織初(おりぞめ)
屠蘇散(とそさん) 繭団子(まゆだんご)
屠蘇祝う(とそいわう) 繭玉(まゆだま)
屠蘇袋(とそぶくろ) 繭餅(まゆもち)
屠蘇酒(とそざけ) 羹箸(かんばし)
屠蘇(とそ) 羹(かん)
帳始(ちょうはじめ) 羽子板(はごいた)
帳書(ちょうがき) 羽子(はね)
帳祝(ちょういわい) 肥出(こえだし)
帳綴(ちょうとじ) 肥曳初(こえひきぞめ)
年の礼(としのれい) 肥背負(こえしょい)
年の餅(としのもち) 胡鬼板(こきいた)
年の餐(としのあえ) 胴ふぐり(どうふぐり)
年の髪(としのかみ) 能初(のうはじめ)
年卸(としおろし) 腹太箸(はらふとばし)
年始状(ねんしじょう) 臼起し(うすおこし)
年始酒(ねんしざけ) 臼飾る(うすかざる)
年始(ねんし) 舞初(まいぞめ)
年木(としぎ) 船初(ふなはじめ)
年桶おろし(としおけおろし) 船方祭(ふなかたまつり)
年玉(としだま) 船起(ふなおこし)
年礼(ねんれい) 花がるた(はながるた)
年縄(としなわ) 花暦(はなごよみ)
年薦(としごも) 花飾(はなかざり)
年賀客(ねんがきゃく) 花餅(はなもち)
年賀状(ねんがじょう) 苗手綯(のでない)
年賀端書(ねんがはがき) 若夷(わかえびす)
年賀郵便(ねんがゆうびん) 若山踏(わかやまぶみ)
年賀(ねんが) 若木(わかぎ)
年酒(としざけ) 若湯(わかゆ)
年酒(ねんしゅ) 若飯(わかめし)
幸木(さいぎ) 若餅(わかもち)
幸木(さいわいぎ) 茶湯始(ちゃのゆはじめ)
幸籠(さいわいかご) 草石蚕(ちょろぎ)
庭竈(にわかまど) 葩煎売(はぜうり)
弾初(ひきぞめ) 葩煎袋(はぜぶくろ)
彫初(ほりぞめ) 葩煎(はぜ)
御慶(ぎょけい) 蓬莢盆(ほうらいぼん)
御用始(ごようはじめ) 蓬莢飾(ほうらいかざり)
御福茶(おふくちゃ) 蓬莢(ほうらい)
御能始(おのうはじめ) 蔵開(くらびらき)
御蔵開(おくらびらき) 薄鮑(うすあわび)
御鏡(おかがみ) 藁盒子(わらごうし)
手毬唄(てまりうた) 藪柑子飾る(やぶこうじかざる)
手毬(てまり) 蜜柑飾る(みかんかざる)
才蔵(さいぞう) 螺肴(にしざかな)
打初(うちぞめ) 行事暦(ぎょうじごよみ)
打毬(だきゅう) 裁初(たちぞめ)
打熨斗(うちのし) 角兵衛獅子(かくべえじし)
投扇興(とうせんきょう) 言触(ことぶれ)
投扇(とうせん) 話初(はなしぞめ)
押鮎(おしあゆ) 語初(かたりぞめ)
担茶屋(にないぢゃや) 読初(よみぞめ)
拭始(ふきはじめ) 読書始(どくしょはじめ)
持初(もちぞめ) 謡初(うたいぞめ)
振振毬打(ぶりぶりぎっちょう) 買初(かいぞめ)
振振(ぶりぶり) 賀客(がきゃく)
挽初(ひきぞめ) 賀状(がじょう)
挿花始(そうかはじめ) 起舟(きしゅう)
捌初(さばきぞめ) 越後獅子(えちごじし)
据り鯛(すわりだい) 輪注連(わじめ)
掃初(はきぞめ) 輪飾(わかざり)
掛柳(かけやなぎ) 農始(のうはじめ)
掛筵(かけむしろ) 農立(のうたて)
掛鯛(かけだい) 辻宝引(つじほうびき)
揚羽子(あげばね) 追羽子(おいばね)
搗栗飾る(かちぐりかざる) 運座始(うんざはじめ)
数の子(かずのこ) 遣羽子(やりばね)
料の物(りょうのもの) 重詰(じゅうづめ)
斧始(おのはじめ) 金海鼠(きんこ)
新年会(しんねんかい) 釜始(かまはじめ)
新年句会(しんねんくかい) 針起し(はりおこし)
新日記(しんにっき) 釿始(ちょうなはじめ)
新暦(しんごよみ) 鉋始(かんなはじめ)
新筵(あらむしろ) 鋤初(すきぞめ)
日記初(にっきはじめ) 鋳初(いぞめ)
昆布飾る(こんぶかざる) 鋳始(いはじめ)
春小袖(はるこそで) 鋳物始(いものはじめ)
春服(しゅんぷく) 鍛冶始(かじはじめ)
春祈祷(はるぎとう) 鍬初(くわぞめ)
春衣(はるぎ) 鍬始(くわはじめ)
春駒万歳(はるこままんざい) 鏡割(かがみわり)
春駒舞(はるこままい) 鏡開(かがみびらき)
春駒踊(はるこまおどり) 鏡餅(かがみもち)
春駒(はるこま) 長押松(なげしまつ)
暦開き(こよみびらき) 長熨斗(ながのし)
書初(かきぞめ) 長老木(ちょろぎ)
木伐り初(ききりぞめ) 門の松(かどのまつ)
木偶廻し(でくまわし) 門入道(かどにゅうどう)
木花(きばな) 門打(かどうち)
木造始(こづくりはじめ) 門明け(かどあけ)
本暦(ほんごよみ) 門木(かどき)
松上り(まつあがり) 門松取る(かどまつとる)
松下し(まつおろし) 門松(かどまつ)
松倒し(まつたおし) 門礼者(かどれいじゃ)
松取る(まつとる) 門礼(かどれい)
松引(まつひき) 門開き(かどびらき)
松直し(まつなおし) 門飾(かどかざり)
松納(まつおさめ) 開牛蒡(ひらきごぼう)
松謡(まつうたい) 開豆(ひらきまめ)
松送り(まつおくり) 雑煮(ぞうに)
松飾(まつかざり) 頭芋(かしらいも)
柑子飾る(こうじかざる) 食継ぎ(くいつぎ)
染始(そめはじめ) 飴宝引(あめほうびき)
柚子飾る(ゆずかざる) 飾卸し(かざりおろし)
柚柑飾る(ゆこうかざる) 飾取る(かざりとる)
柱暦(はしらごよみ) 飾昆布(かざりこんぶ)
柳掛くる(やなぎかくる) 飾松(かざりまつ)
柳箸(やなぎばし) 飾海老(かざりえび)
梳初(すきぞめ) 飾炭(かざりずみ)
棚さらい(たなさらい) 飾竹(かざりだけ)
棚下し(たなおろし) 飾米(かざりごめ)
棚下り(たなおり) 飾納(かざりおさめ)
棚元探し(たなもとさがし) 飾縄(かざりなわ)
棚卸(たなおろし) 飾臼(かざりうす)
棚探し(たなさがし) 飾藁(かざりわら)
椀飯振舞(おうばんぶるまい) 飾馬(かざりうま)
椀飯(おうばん) 餅の花(もちのはな)
榧飾る(かやかざる) 餅手毬(もちでまり)
槌始(つちはじめ) 餅木(もちき)
権現様(ごんげんさま) 餅穂(もちほ)
権現舞(ごんげんまい) 餅箸(もちばし)
樵初(きこりぞめ) 餅花(もちばな)
橇乗初(そりのりぞめ) 餅鏡(もちいかがみ)
橘飾る(たちばなかざる) 鬼打木(おにうちぎ)
橙飾る(だいだいかざる) 鬼打棒(おにうちぼう)
機場始(はたばはじめ) 鬼押木(おにおしぎ)
機始(はたはじめ) 鬼木(おにぎ)
機屋始(はたやはじめ) 鬼除木(おによけぎ)
歌留多(かるた) 鬼障木(おにさえぎ)
正月小袖(しょうがつこそで) 鰊鯑(かずのこ)
歯打(はうち) 鳥総松(とぶさまつ)
毬打(ぎちょう) 鳥追大夫(とりおいだゆう)
毬杖(ぎちょう) 鹿島の事触(かしまのことぶれ)
泣初(なきぞめ) 鼓始(つづみはじめ)
注連取る(しめとる) 田作(たづくり)

 

【行事】

 

あまみ剥(あまみはぎ) 御頭神事(おかしらしんじ)
えぐの若生(えぐのわかばえ) 恵具摘(えぐつみ)
えぐの若立(えぐのわかたち) 恵方拝(えほうおがみ)
お山焼(おやまやき) 恵方棚(えほうだな)
お年さま(おとしさま) 恵方詣(えほうまいり)
お符切(おふだきり) 恵方道(えほうみち)
さいと小屋(さいとごや) 恵方(えほう)
さいと焼き(さいとやき) 愛宕の使(あたごのつかい)
どんど 愛宕の神事(あたごのしんじ)
どんどん小屋(どんどんごや) 戎祭(えびすまつり)
どんどん焼き(どんどんやき) 戎笹(えびすささ)
どんど場(どんどば) 戎籠(えびすかご)
なごめ剥(なごめはぎ) 成人の日(せいじんのひ)
なもみ剥(なもみはぎ) 成人式(せいじんしき)
ひめ始(ひめはじめ) 成人祭(せいじんさい)
一の寅(いちのとら) 成木責(なりきぜめ)
一の富(いちのとみ) 成祝(なりいわい)
一番水(いちばんみず) 拝賀(はいが)
七所祝(ななとこいわい) 插頭綿(かざしのわた)
七日爪(なぬかづめ) 政事始(せいじはじめ)
七日粥(なのかがゆ) 政始(まつりごとはじめ)
七福詣(しちふくまいり) 政治始(せいじはじめ)
七種はやす(ななくさはやす) 斎日(さいにち)
七種売(ななくさうり) 新十六日(みいじゅうろくにち)
七種打(ななくさうち) 新年宴会(しんねんえんかい)
七種爪(ななくさづめ) 新野の雪祭(にいののゆきまつり)
七種祭(ななくさまつり) 日待(ひまち)
七種貰い(ななくさもらい) 明の方(あきのかた)
七種(ななくさ) 春芝居(はるしばい)
七草祭(ななくさまつり) 春鍬(はるくわ)
七草粥(ななくさがゆ) 春除目(はるのじもく)
七雑炊(ななぞうすい) 晴の御膳(はれのごぜん)
万力男(まんりきおとこ) 晴御膳(はれのおもの)
三の卯(さんのう) 望の粥(もちのかゆ)
三の富(さんのとみ) 朝賀(ちょうが)
三十三間堂の 木を囃す(きをはやす)
三毬杖(さぎちょう) 木呪(きまじない)
上元の日(じょうげんのひ) 木責(きぜめ)
上元会(じょうげんえ) 松囃子(まつばやし)
上元(じょうげん) 松引(まつひき)
上寅日(かみのとらのひ) 松拍子(まつばやし)
上辰日(じょうしんにち) 果樹責(かじゅぜめ)
二の卯(にのう) 梯子乗(はしごのり)
二の富(にのとみ) 梵天祭(ぼんてんまつり)
二の替(にのかわり) 梵天(ぼんてん)
二十日戎(はつかえびす) 歌会始(うたかいはじめ)
二十日祝(はつかいわい) 歌御会始(うたごかいはじめ)
二薺(ふたなずな) 正月さん(しょうがつさん)
五日戎(いつかえびす) 正月場所(しょうがつばしょ)
井華水(せいかすい) 正月小屋(しょうがつごや)
亡者送り(もうじゃおくり) 歩射祭(ぶしゃさい)
亥巳籠(いみごもり) 歯固の餅(はがためのもち)
伊達の墨塗(だてのすみぬり) 歯固(はがため)
会陽(えよう) 歳德棚(としとくだな)
俎開(まないたびらき) 歳德神(としとくじん)
儺追の神事(なおいのしんじ) 残り天神(のこりてんじん)
儺追祭(なおいまつり) 残り戎(のこりえびす)
元夕(げんせき) 残り福(のこりふく)
元宵祭(げんしょうさい) 母屋の大饗(もやのだいきょう)
元宵節(げんしょうせつ) 毘沙門の使(びしゃもんのつかい)
元宵(げんしょう) 毛越寺延年(もうつじえんねん)
元方(えほう) 水掛振舞(みずかけぶるまい)
元日節会(がんじつのせちえ) 水掛祝(みずかけいわい)
兄方(えほう) 水浴せ(みずあびせ)
八幡参(やはたまいり) 水祝(みずいわい)
八幡土産(やはたみやげ) 氷様奏(ひのためしのそう)
八幡鯉(やはたごい) 注連張神事(しめはりしんじ)
六入り(ろくいり) 注連曳き(しめひき)
六日年越(むいかとしこし) 注連貰(しめもらい)
六日年(むいかどし) 浜拝(はまおがみ)
六日爪(むいかづめ) 清水の牛王(きよみずのごおう)
出初式(でぞめしき) 温座陀羅尼(うんざだらに)
出初鐘(でぞめがね) 潮の水(しおのみず)
出初(でぞめ) 火水始(ひめはじめ)
刃柄祝(はつかいわい) 火縄売(ひなわうり)
初不動(はつふどう) 爆竹(ばくちく)
初亥(はつい) 爪剪り湯(つめきりゆ)
初伊勢(はついせ) 玉せせり(たませせり)
初出(はつで) 玉せり祭(たませりまつり)
初勤行(はつごんぎょう) 玉取祭(たまとりまつり)
初十日(はつとおか) 玉替神事(たまかえしんじ)
初卯杖(はつうづえ) 玉替祭(たまかえまつり)
初卯祭(はつうまつり) 生身剥(なまみはぎ)
初卯詣(はつうまいり) 産土神参(うぶすなまいり)
初卯(はつう) 田植踊(たうえおどり)
初参(はつまいり) 田遊(たあそび)
初場所(はつばしょ) 男踏歌(おとことうか)
初大師(はつだいし) 畚下し(ふごおろし)
初大黒(はつだいこく) 白散(びゃくさん)
初天神(はつてんじん) 白朮火(おけらび)
初太鼓(はつたいこ) 白朮祭(おけらまつり)
初妙見(はつみょうけん) 白朮縄(おけらなわ)
初子の日(はつねのひ) 白朮詣(おけらまいり)
初寅詣(はつとらまいり) 白馬祭(はくばさい)
初寅(はつとら) 百足小判(むかでこばん)
初巳(はつみ) 的始(まとはじめ)
初帝釈(はつたいしゃく) 皐月祝(さつきいわい)
初庚申(はつこうしん) 直会祭(なおえまつり)
初庭(はつにわ) 県召(あがためし)
初弁天(はつべんてん) 祈福祭(きふくさい)
初弓(はつゆみ) 祝の杖(いわいのつえ)
初弘法(はつこうぼう) 祝太郎(いわいたろう)
初御堂(はつみどう) 祝棒(いわいぼう)
初愛宕(はつあたご) 神年越(かみとしこし)
初戎(はつえびす) 神楽始(かぐらはじめ)
初曽我(はつそが) 祭堂(ざいどう)
初札(はつおふだ) 福助駕(ふくすけかご)
初水(はつみず) 福寅(ふくとら)
初法座(はつほうざ) 福掻(ふくかき)
初浜(はつはま) 福杖(ふくづえ)
初燈明(はつとうみょう) 福神詣(ふくじんまいり)
初甲子(はつかっし) 福笹(ふくささ)
初甲子(はつきのえね) 福詣(ふくまいり)
初社(はつやしろ) 福達磨(ふくだるま)
初祓(はつはらい) 福飴(ふくあめ)
初神楽(はつかぐら) 福餅神事(ふくのもちしんじ)
初神籤(はつみくじ) 稲荷注連張(いなりしめはり)
初聖天(はつしょうてん) 筍神事(たけのこしんじ)
初芝居(はつしばい) 筒粥(つつがゆ)
初若菜(はつわかな) 筒(つつ)
初薬師(はつやくし) 箕面の富(みのおのとみ)
初虚空蔵(はつこくうぞう) 箕面富突(みのおとみつき)
初観音(はつかんのん) 箟宮祭(ののみやまつり)
初詣(はつもうで) 管粥祭(くだかゆまつり)
初読経(はつどきょう) 管粥(くだかゆ)
初講書(はつこうしょ) 節男(せちおとこ)
初護摩(はつごま) 粥の木(かゆのき)
初辰の水(はつたつのみず) 粥占神事(かゆうらしんじ)
初辰(はつたつ) 粥占祭(かゆうらまつり)
初金刀比羅(はつことひら) 粥占(かゆうら)
初金昆羅(はつこんぴら) 粥木(かゆき)
初鐘(はつかね) 粥杖(かゆづえ)
初開扉(はつかいひ) 粥柱(かゆばしら)
初閻魔(はつえんま) 粥神事(かゆしんじ)
初鞠(はつまり) 粥試し(かゆだめし)
初顔祝(はつかおいわい) 粥釣(かゆつり)
初騎(はつのり) 素襖脱ぎ(すおうぬぎ)
十五日粥(じゅうごにちがゆ) 綱引(つなひき)
十八粥(じゅうはちがゆ) 綱曳(つなひき)
十六日祭(じゅうろくにちさい) 縄引(なわひき)
十日戎(とおかえびす) 繞道祭(にょうどうさい)
十王詣(じゅうおうまいり) 腹赤奏(はらかのそう)
卯の札(うのふだ) 臨時客(りんじきゃく)
卯の杖(うのつえ) 舎利出し(しゃりだし)
卯杖の寿(うづえのことぶき) 花水祝(はなみずいわい)
卯杖の祝(うづえのほがい) 若塩売(わかしおうり)
卯杖(うづえ) 若塩祝い(わかしおいわい)
厄参(やくまいり) 若年さん(わかどしさん)
厄神祭(やくじんさい) 若水桶(わかみずおけ)
厄神詣(やくじんまいり) 若水汲み(わかみずくみ)
厄詣(やくもうで) 若水迎え(わかみずむかえ)
厳島神社の 若水(わかみず)
参賀(さんが) 若潮迎え(わかしおむかえ)
叙位(じょい) 若潮(わかしお)
叩き菜(たたきな) 若火(わかび)
吉兆縄(きっちょうなわ) 若男(わかおとこ)
吉兆(きっちょう) 若菜の日(わかなのひ)
吉方(えほう) 若菜の節会(わかなのせちえ)
吉書揚(きっしょあげ) 若菜を供す(わかなをくうす)
四方拝(しほうはい) 若菜売(わかなうり)
国栖奏(くずのそう) 若菜摘(わかなつみ)
土龍打(もぐらうち) 若菜神事(わかなしんじ)
土龍追(もぐらおい) 若菜祭(わかなまつり)
土龍送り(もぐらおくり) 若菜舟(わかなぶね)
墨塗(すみぬり) 若菜迎え(わかなむかえ)
大師粥(だいしがゆ) 若菜野(わかなの)
大日詣(だいにちまいり) 若菜(わかな)
大黒祭(だいこくまつり) 茗荷祭(みょうがまつり)
天神旗(てんじんばた) 菜爪(なづめ)
天神花(てんじんばな) 薬子(くすりご)
太郎次(たろうじ) 薮入(やぶいり)
奈良の山焼(ならのやまやき) 薺はやす(なずなはやす)
女叙位(おんなじょい) 薺売(なずなうり)
女叙位(にょじょい) 薺打(なずなうち)
女王禄(おうろく) 薺爪(なずなづめ)
女節分(おんなせつぶん) 蘇民曳(そみんひき)
女踏歌(おんなとうか) 蘇民祭(そみんさい)
姫始(ひめはじめ) 蝋燭替(ろうそくかえ)
姫糊始(ひめはじめ) 裸押し(はだかおし)
嫁つつき(よめつつき) 諸司奏(しょしのそう)
嫁叩(よめたたき) 講書始(こうしょはじめ)
子の日の松(ねのひのまつ) 豊年棚(ほうねんだな)
子の日の遊(ねのひのあそび) 賓頭盧廻(びんずるまわし)
子の日草(ねのひぐさ) 賭射(のりゆみ)
子の日衣(ねのひごろも) 賭弓(のりゆみ)
子の日(ねのひ) 赤小豆粥(あずきがゆ)
孕め打(はらめうち) 走百病(やぶいり)
安女(やすめ) 踏歌節会(とうかのせちえ)
宝恵駕(ほいかご) 踏歌(とうか)
宝木(しんぎ) 蹴鞠始(けまりはじめ)
宵天神(よいてんじん) 辰祭(たつまつり)
宵戎(よいえびす) 達磨市(だるまいち)
宵皐月(よいさつき) 達磨店(だるまみせ)
宵薺(よいなずな) 還饗(かえりあるじ)
家父入(やぶいり) 鉢叩出初(はちたたきでぞめ)
宿下り(やどさがり) 鉤引神事(かぎひきしんじ)
宿入(やどいり) 鉤引(かぎひき)
密事始(ひめはじめ) 鏡の祝(かがみのいわい)
富札(とみふだ) 鏡台祝(きょうだいいわい)
射初(いぞめ) 長滝白山神社
射場始(いばはじめ) 閻魔詣(えんままいり)
小松引(こまつひき) 院の拝礼(いんのはいらい)
小豆粥(あずきがゆ) 雉子酒(きじざけ)
尺太郎(しゃくたろう) 雉子酒(きじしゅ)
尺次郎(しゃくじろう) 雪小屋(ゆきごや)
居籠(いごもり) 霰ばしり(あらればしり)
屠蘇(とそ) 青山祭(あおやままつり)
山門開き(さんもんびらき) 青柳うたう(あおやぎうたう)
左義長(さぎちょう) 青馬祭(あおうまのまつり)
市神祭(いちがみまつり) 鞍馬小判(くらまこばん)
布施参(ふせまいり) 鞍馬詣(くらままいり)
帝釈詣(たいしゃくまいり) 飛馬始(ひめはじめ)
常陸帯(ひたちおび) 飴市(あめいち)
平座見参(ひらざのげざん) 飾りあげ(かざりあげ)
年俵(としだわら) 飾りはやし(かざりはやし)
年德さん(としとくさん) 飾り焚(かざりたき)
年德(としとく) 飾焚く(かざりたく)
年日祝(としびいわい) 養父入(やぶいり)
年棚(としだな) 香燈籠(こうどうろう)
年爺さん(としじいさん) 馬場始(ばばはじめ)
年男(としおとこ) 馬騎初(うまのりぞめ)
年神(としがみ) 騎初(のりぞめ)
庚申待(こうしんまち) 騎始(のりはじめ)
度嶂散(どしょうさん) 騎馬始(きばはじめ)
庭田植(にわたうえ) 鬼会(おによ)
延寿盃(えんじゅはい) 鬼夜(おによ)
延寿祭(えんじゅさい) 鬼子祭(おにこまつり)
延寿箸(えんじゅばし) 鬼射(きしゃ)
弓始(ゆみはじめ) 鳥羽火祭(とばひまつり)
弓矢始(ゆみやはじめ) 鳥追唄(とりおいうた)
役男(やくおとこ) 鳥追小屋(とりおいごや)
得方(えほう) 鳥追櫓(とりおいやぐら)
御会始(ごかいはじめ) 鳥追遊び(とりおいあそび)
御判頂き(ごはんいただき) 鳥追(とりおい)
御前えんぶり(ごぜんえんびり) 鷽替(うそかえ)
御印文戴き(ごはんいただき) 鹿島の帯(かしまのおび)
御土器(おかわらけ) 二十日夜祭(はつかよまつり)
御富法会(おとみほうえ) 御神火まつり(ごじんかまつり)
御弓神事(おんゆみしんじ) 御粥祭(おかゆまつり)
御方打(おかたぶち) 御薪(みかまぎ)
御田打(おたうち) 御薪(みまき)
御田祭(おんたまつり) 御謡初(おうたいぞめ)
御田(おんだ)  

【動物】

 

伊勢海老(いせえび) 初鶏(はつとり)
初声(はつこえ) 初鶯(はつうぐいす)
初田鶴(はつたづ) 初鶴(はつづる)
初雀(はつすずめ) 鎌倉海老(かまくらえび)
初鳩(はつばと) 嫁が君(よめがきみ)
初鴉(はつがらす)  

 

【植物】

 

ほんだわら 福寿草(ふくじゅそう)
五形(ごぎょう) 穂俵(ほだわら)
交譲葉(ゆずりは) 穂長(ほなが)
仏の座(ほとけのざ) 莫告藻(なのりそ)
元日草(がんじつそう) 薺摘む(なずなつむ)
初薺(はつなずな) 薺粥(なずながゆ)
御形(ごぎょう) 薺(なずな)
御行(おぎょう) 裏白(うらじろ)
杠(ゆずりは) 親子草(おやこぐさ)
楪(ゆずりは) 諸向(もろむき)
歯朶飾る(しだかざる) 蘿蔔(すずしろ)
歯朶(しだ)  

 

 

年の暮(としのくれ)の季語 一覧

 

【時候】

 

大晦日(おおみそか) 年の暮(としのくれ)
小晦日(こつごもり) 年惜しむ(としおしむ)
師走(しわす) 数へ日(かぞへび)
年の内(としのうち) 行く年(ゆくとし)
年の夜(としのよ)  

 

【生活】

 

世継榾(よつぎほだ) 歳暮(せいぼ)
年の宿(としのやど) 注連作(しめつくり)
年の市(としのいち) 注連飾る(しめかざる)
年の湯(としのゆ) 煤払(すすはらい)
年の火(としのひ) 煤湯(すすゆ)
年取(としとり) 煤籠(すすごもり)
年忘(としわすれ) 畳替(たたみがえ)
年木樵(としきこり) 節季候(せきぞろ)
年越(としこし) 賀状書く(がじょうかく)
御用納(ごようおさめ) 門松立つ(かどまつたつ)
才蔵市(さいぞういち) 飾売(かざりうり)
掃納(はきおさめ) 餅(もち)
掛乞(かけごい) 餅の札(もちのふだ)
晦日蕎麦(みそかそば) 餅搗(もちつき)
暦売(こよみうり) 餅筵(もちむしろ)
松迎え(まつむかえ) 餅配(もちくばり)
柱餅(はしらもち) 臘日(ろうにち)
歯朶刈(しだかり)  

 

【行事】

 

年籠(としごもり) 納の水天宮(おさめのすいてんぐう)
年越の祓(としこしのはらえ) 納の金毘羅(おさめのこんぴら)
年越詣(としこしもうで) 終大師(しまいだいし)
札納(ふだおさめ) 終天神(しまいてんじん)
松例祭(しょうれいさい) 除夜の鐘(じょやのかね)
竈祓(かまばらい) 仏名会(ぶつみょうえ)

 

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
一覧伝統季語日本語言葉
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました