スポンサーリンク

猫の妖怪『猫にまつわる怪異と伝承・迷信』化猫、猫又、猫神など

化猫、猫又『猫にまつわる怪異と伝承』 伝承
化猫、猫又『猫にまつわる怪異と伝承』
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「猫又」「化け猫」という言葉はよく耳にしますよね。

猫が数百年生きると妖力を持ち、身体が巨大化したり人の姿に化けて悪さをするなんて言い伝えがあります。

そもそも、猫はいつ頃から身近な動物として存在していたのでしょうか?

 

『古事記』や『日本書紀』などにもネコの記述は無く、文献に登場するのは、『日本霊異記』に、「705年(慶雲2年)に豊前国(福岡県東部)の膳臣広国(かしわでのおみ ひろくに)が、死後、ネコに転生し、息子に飼われた」とあるのが最初のようです。

愛玩動物としての記述が見られるのは、『枕草子』や『源氏物語』・『更級日記』・『明月記』にも登場する平安時代からで、日本に伝来してから長きにわたってネコは貴重な愛玩動物扱いであり、鼠害防止の益獣として飼育されていました。

 

其のまま地口 猫飼好五十三疋

猫好きとして知られる浮世絵師・歌川国芳による 『其のまま地口 猫飼好五十三疋』。

 

ネコが妖怪視されたのは、以下のような性質に由来すると考えられています。

  1. ネコが夜行性で眼が光る
  2. 時刻によって瞳(虹彩)の形が変わる
  3. 暗闇で背中を撫でれば静電気で光る
  4. 血を舐めることもある
  5. 足音を立てずに歩く
  6. 野性的な面を見せる
  7. 爪の鋭さ
  8. 身軽さや敏捷性

 

民間伝承

猫は10年も飼われると知識と霊力を蓄え、喋ったり人間並みの知力を発揮することができるそうです。

化け猫同様にネコの怪異として知られる猫又が、尻尾が二つに分かれるほど年を経たネコといわれることと同様に、老いたネコが化け猫になるという俗信が日本全国に見られます。

地方によっては、人間に残忍な殺され方をしたネコが怨みを晴らすため、化け猫になってその人間を呪うなど、老いたネコに限らない化け猫の話もあります。

 

化け猫のなす怪異は様々ですが、主なものとしては

  1. 人間に変化する
  2. 手拭を頭にかぶって踊る
  3. 人間の言葉を喋る
  4. 人間を祟る
  5. 死人を操る
  6. 人間に憑く
  7. 旅人を襲う

などといったことがあげられます。

 

猫の怪異 一覧

『蕪村妖怪絵巻』より「榊原家の化け猫」

『蕪村妖怪絵巻』より「榊原家の化け猫」

 

化け猫(ばけねこ)

その名のとおりネコが妖怪に変化(へんげ)したものであるが、猫又と混同されることが多いが化け猫はしっぽが1本であることが特徴。猫又は2本あると言われています。

猫又がさらに年を経ると化け猫にり、化け猫がさらに年を経ると猫又になる、と言われることもある。

化け猫の特徴には以下のものがあります。

  1. 身の丈は五尺とも九尺五寸とも一丈とも言われる。
  2. 死体を躍らせたり、葬式で死体を奪ったりする。
  3. 夜行性で目が光り、血や行灯の油をなめる。
  4. 猫が十数年も生きると神通力を持ち、人間などに化けられる。
  5. 悪い化け猫や妖猫は死者を操ったり呪いを行ったり、人に憑いたりします。

一方よい化け猫は災いや疫病から主人家族を守ったり、恩返しもしてくれるそうです。

 

日本各地には、化け猫の伝説があり、佐賀県の鍋島の化け猫騒動が特に有名です。

 

肥前国佐賀藩の2代藩主・鍋島光茂の時代。光茂の碁の相手を務めていた臣下の龍造寺又七郎が、光茂の機嫌を損ねたために斬殺され、又七郎の母も飼っていたネコに悲しみの胸中を語って自害。母の血を嘗めたネコが化け猫となり、城内に入り込んで毎晩のように光茂を苦しめるが、光茂の忠臣・小森半左衛門がネコを退治し、鍋島家を救うという伝説。

 

仙狸(センリ)

もともとは中国の妖怪で、一説によると日本に伝わったことで化け猫・妖猫・猫又になったのではないかとも言われています。

「狸(たぬき)」の文字がありますが、これは「ヤマネコ」の意味で、年を重ねて修行を積んだ「ヤマネコ」が神通力を用いて化けたり人間の生気を吸う妖怪なったと言われています。

 

猫又

 

尾の先が二股に分かれている猫の妖怪。年をとった飼い猫が変化した妖怪で、人に呪いをかけるとき、猫がまたいで呪いをかけるから、猫又(猫またぎ)という。

人の言葉を理解し話をすることができる。踊り好きで、手ぬぐいをかぶり仲間を誘って踊りに出掛ける民話が多く残されている。

人を喰い殺して、その人に成り代わることもある。

 

津軽地方の民話『猫じゃ』

昔、津軽藩の侍の娘が一人で留守番をしていると、猫が手ぬぐいをかぶり、「猫じゃ猫じゃとおっしゃいますなぁ 猫は下駄こはいて杖ついで しぼり浴衣こで来るものが。はぁおんにゃがにゃーのにゃ」と歌いながら踊った。猫は娘に、自分が踊ったことを他言すると殺すと言った。しかし娘は母親に話してしまう。翌朝、娘は首を噛みちぎらて死んでいた。猫もそれきり帰らなかった。

 

 

 

猫魈(ねこしょう)

 

人間とかわらない高い知能と強力な霊力を持ち、猫又や化け猫、魑魅魍魎を従える妖怪です。

しっぽは根元からわかれて3本になり、束ねることでかなり太くなる。

飼い猫が30歳になると猫魈になれると言われている。

 

猫神(ねこがみ)

 

鹿児島市磯の仙巌園(せんがんえん)には、日本で唯一猫を祀るという『猫神神社』がある。

「猫神神社縁起」島津義弘公は、文禄・慶長の役(1592~1598年)の際、朝鮮に7匹の猫を連れていき、猫の目の瞳孔の開き具合で時刻を推測したといわれる。この神社には、生還した2匹の猫の霊が祀られており、愛猫家のために、猫長寿祈願と供養祭が行なわれる。

 

金花猫(きんかねこ)

栃木県塩谷郡藤原町独鈷沢には、「金花猫大明神」という供養塔がある。

江戸時代、会津西街道を行く参勤交代の大名行列が独鈷沢を通りかかった時、殿様の駕籠を横切った猫を無礼打ちにした。猫は尾も真っ二つに切り裂かれ絶命。死体から流れ出たおびただしい血は小沢を赤く染めた、と伝えられる。

江戸へ着いた殿様は、原因不明の高熱にうなされ重篤状態が続いた。祈祷師にみてもらったところ、猫の祟りであることが判明。独鈷沢に供養塔を建立しねんごろに弔った、と言われている。

 

 

鞍掛け猫(くらかけみゃ)

沖永良部島・徳之島に伝わる民話・伝説。
夜中に鳴く猫のこと。沖永良部島では夜鳴く猫をこう呼んで恐れる。

徳之島では、島同士の争いを決する時歌われた「サカ歌」にも登場する。

 

猫南瓜(ねこかぼちゃ)

和歌山の民話で、殺した猫を土に埋めると、その猫の口から南瓜が生えて来るというもの。

この南瓜には毒があり、猫が自分を殺した人間に食べさせるために生えたものだという。

かつお船の網元の家での酒宴で、ある船主が勝手場を通りかかると、大猫が大皿に盛ってある魚を骨ごとばりばりと食っていた。あまりの気味悪さに、船主は網元の家に泊まらず自分の船で寝ていたが、寝苦しくて目をあけると、大猫が飛びかかって来た。船主はモリで一突きし助かった。翌日、話を聞いた網元は猫の骸を家に持ち帰り、裏の畑に埋めた。

次の年、また船主が網元の家で宴に呼ばれた。季節外れの南瓜が出され、不思議に思い聞くと、網元は「これはな、裏の畑で1本だけ芽を出した早なりですに」と答えた。

嫌な予感がし、船主が畑の一角を掘り返すと、あの大猫が真赤な口をあけ、そこから南瓜のつるが伸びていた。

伝説・伝承

出典:wikipedia

 

化け猫 歌川国芳画

『化け猫』 歌川国芳画

 

昔から日本では、ネコが50年を経ると尾が分かれ、霊力を身につけて猫又になると言われている。それを妖怪と捉えたり、家の護り神となると考えたり、解釈はさまざまである。

 

猫又に代表されるように、日本において、「3年、または13年飼った古猫は化ける」、あるいは「1貫、もしくは2貫を超すと化ける」などと言われるのは、付喪神(つくもがみ)になるからと考えられている。

 

死者に猫が憑く(岐阜県)

美濃国大野郡の丹生川村(現・岐阜県高山市丹生川町)では、ネコが死者をまたぐと「ムネンコ」が乗り移り、死人が踊り出すと言われ、ネコを避けるために死者の枕元に刃物を置く、葬式のときにはネコを人に預ける、蔵に閉じ込める、といった風習があった。

 

死者に猫が憑く(佐賀県)

佐賀県東松浦郡でも、死者にネコの霊が憑くと言われ、これを避けるために死者を北枕に寝かせた上でやはり枕元に刃物を置き、着物を逆さにかけるという。

 

死者の骸(むくろ)を盗む猫(愛知県)

尾張国知多郡(現・愛知県知多郡)の日間賀島に伝わる話では、百年以上も歳経たネコの妖怪を「マドウクシャ」と呼び、死者の骸を盗りにくるため、死人の上に筬(おさ、機織機の部品)を置いてこの怪を防ぐという。これと同じく、火葬場や葬列を襲って屍を奪う妖怪は「火車」と呼ばれるが、その正体はネコであることが多い。

 

生者にも猫は憑く

生きている人間にネコの霊が憑くという伝承もある。

  • 伊予国(現・愛媛県)での話によると、飼い猫を殺した者が、のち精神に異常を来たし、「猫が取り憑いた」と言いながら徘徊するようになったという。
  • 山口県大島郡では、死んだネコのそばを通ると犬神、蛇神に加えて「猫神」に憑かれると言われ、これを避けるために「猫神うつんな、親子じゃないぞ」と唱えるという。

 

猫の恩返し

貧乏な寺に飼われていたネコが、世話になった恩返しのため、野辺送りの棺を空に上げて、飼い主の和尚に手柄を立てさせる『猫檀家』という説話がある。
一方、ネコを大事にする風習からネコを神として祀る地域もある。

 

猫神(養蚕との関連)

宮城県の村田町歴史みらい館の調査によると、猫の石碑が宮城県に51基(特に仙南の丸森町に多く分布)、岩手県に8基、福島県と長野県に6基ずつ存在することが確認された。さらに、宮城県には猫神社が10カ所あることも確認された。これは、江戸時代に養蚕が盛んだった宮城県南部で、蚕の害獣だったネズミを駆除してくれるネコに対して興った信仰だったようだと同館は見ている。また、山形県高畠町の猫の宮も同じく養蚕の守り神である。

 

猫神(漁業との関連)

宮城県の仙台湾(石巻湾)に浮かぶ田代島では、「猫神様」が島内の猫神社に祀られている。島では漁業・稲作と並んで、かつて仙南と同様に養蚕が盛んだったためネコを大事にする習慣があったが、猫神は大漁の守護神とみなされており、養蚕との直接的な関係は見られない。同島には昔からイヌはおらず、島内へのイヌの持ち込みも島民から拒否されるほどの「ネコの島」が現在も維持されている。

 

猫返し

東京都立川市に在る「立川水天宮 阿豆佐味天神社」内の「蚕影神社」は、養蚕が盛んな地域であった当地にあって、蚕の天敵であるネズミを駆除する猫を守り神として祀っており、飼い猫の無事や健康、いなくなった飼い猫の帰還に利益があるとされ、「猫返し神社」として親しまれ、参拝者が訪れている。
愛猫家の間では、中納言行平の詠んだ和歌が猫返しのまじないとして知られている。
立ち別れ いなばの山の みねにおふる まつとし聞かば 今帰り来む— 『百人一首』第16番
使い方としては、歌を書き込んだ紙に、いなくなった猫が使っていた食器を被せておく、食事場所や猫のトイレの場所に貼っておく、上の句だけ書いて器を被せ、帰還が叶ったときに下の句を書きこんで願ほどきをする、などがある。
また、「いなばの山」と「猫返し」に関する伝承として、可愛がっていた猫がいなくなって悲しんでいる下女に、六部がいなばの宇山にいると教える「猫山」の民話が山口県、広島県、鳥取県などで採集されている。

 

俗信・迷信

黒猫が通る

日本では、ネコに道を横切られると縁起が悪いとも良いとも言われる。黒猫に前を横切られることを不吉として忌むのは、”A black cat crossing one’s path by moonlight means death in an epidemic(月夜に黒猫が横切ぎると、横切られた者が流行病で死ぬ)”というアイルランドの迷信を起源とするものであり、イギリスではむしろこれを幸運の印とすることが多い(黒猫は幸運のシンボルであり、それが自分の前を通り過ぎて行く→幸せが逃げて行く、とも解釈出来る)。また、黒猫を飼うと商売が巧くいくとも言われ(福猫と呼ばれた)、店舗などを営む自営業者が好んで飼う場合もある。

 

 

史跡

妙多羅天女(みょうたらてんにょ) – 新潟県弥彦神社

由来として、文化時代の随筆『北国奇談巡杖記』にネコにまつわる怪異譚が記述されており、同書では「みょう」に「猫」の字をあてて「猫多羅天女」と表記されている。北陸地方の説話による別説では、老いたネコが老婆を食い殺してその老婆になりかわり、後に改心して妙多羅天として祀られたという「弥三郎婆話」があり、北海道・北奥羽地方の「三左衛門猫」など、類話が全国に伝わっている。
 

 

猫の踊り場(ねこのおどりば) – 神奈川県横浜市泉区

かつて東海道五十三次の戸塚宿(現・神奈川県横浜市戸塚区)の醤油屋で、夜になると手拭が1本ずつなくなることがあった。ある夜に醤油屋の主人が仕事に出かけると、人のいないはずの寂しい場所から賑やかな音楽が聞こえた。見ると、そこには何匹ものネコたちが集まり、その中心では主人の飼いネコが手拭をかぶって踊っていた。主人は、手拭がなくなったのはあのネコの仕業かと納得したという。
このネコの踊っていた場所は踊場と呼ばれ、後には泉区の踊場交差点や横浜市営地下鉄の踊場駅の駅名などに地名として残されることとなった。踊場交差点には1737年(元文2年)にネコの霊を鎮めるための供養塔が建てられており、踊場駅構内には随所にネコをモチーフとしたデザインが施されている。

お松大権現(おまつだいごんげん) – 徳島県阿南市加茂町

江戸前期、加茂村(現・加茂町)の庄屋が不作にあえぐ村を救うために富豪に金を借りたが、すでに返済したにもかかわらず、富豪の策略で未返済の濡れ衣を着せられ、失意の内に病死。借金の担保になっていた土地は富豪に取り上げられてしまう。庄屋の妻のお松は奉行所に訴え出るも、富豪に買収された奉行は不当な裁きを下す。お松がそれを不服として藩主に直訴した結果、直訴の罪により処刑され、お松の飼っていた三毛猫が化け猫となり、富豪や奉行らの家を滅ぼしたという伝説に由来する。
お松大権現は、命をかけて正義を貫いたお松の墓所を祀ったもので、お松の仇を討った三毛猫は猫塚として祀られており、境内には全国的にも珍しいネコの狛犬もある。直訴によって悪人を倒したという伝説から、勝負事にもご利益があるといわれ、受験シーズンには受験生の合格祈願も多い。

猫大明神祠(ねこだいみょうじんし) – 佐賀県杵島郡白石町

「鍋島の化け猫騒動」と同様、鍋島氏にまつわる怪異譚に由来する史跡。化け猫が鍋島勝茂の妾に化けて勝茂の命を狙うが、勝茂の臣下の千布本右衛門がそれを退治する。しかしそれ以来、ネコの祟りのためか千布家に跡継ぎの男子が生まれなくなってしまったため、化け猫を大明神として秀林寺(現・白石町)の祠に祀ったという。この祠には、7本の尾を持つネコが牙を向いた姿で刻まれている。
史実では、かつて白石を治めていた秀氏の秀伊勢守が、鍋島氏に尽くしたにもかかわらず、キリシタンの疑いをかけられて滅ぼされ、後に秀氏の残党が鍋島氏を怨んで抗ったことから、秀林寺では秀氏一派の暗躍が化け猫にたとえられたものと見ており、これが「鍋島の化け猫騒動」の原型になったとの説もある。

 

以上、猫にまつわる怪異と伝承・迷信を紹介しました。

まだ他にも日本各地に伝承はあると思います。 それほど昔から猫は生活に密着していたということではないでしょうか。

最近では猫の飼育方法も良くなったため10年以上生きる猫もいると思いますが化け猫や猫又になったと言う話は聞きません。これはペットなどとして皆に愛されているからかもしれませんね。

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
伝承妖怪
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました