伝統季語言葉

『椿』の付く季語と有名な俳句 一覧 – 季節の美しい言葉

『椿』の付く季語と有名な俳句 一覧 – 季節の美しい言葉 伝統
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『椿』の付く季語を読み方付きで一覧にまとめました。日本の情緒ある美しい季節を連想させる言葉です。
『椿』の情景を表すような美しい言葉をお楽しみください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『椿』の付く季語 一覧

 

春の椿

 

  1. 椿餅
    【つばきもち】
  2. つらつら椿
    【つらつらつばき】
  3. 一重椿
    【ひとえつばき)
  4. 乙女椿
    【おとめつばき】
  5. 八重椿
    【やえつばき】
  6. 山椿
    【やまつばき】
  7. 椿の花
    【つばきのはな】
  8. 椿林
    【つばきばやし】
  9. 椿餅
    【つばきもち】
  10. 椿/山茶/海石榴
    【つばき】
  11. 玉椿
    【たまつばき】
  12. 白椿
    【しろつばき】
  13. 紅椿
    【べにつばき】
  14. 花椿
    【はなつばき】
  15. 落椿
    【おちつばき】
  16. 藪椿
    【やぶつばき】

夏の椿

 

  1. 夏椿
    【なつつばき】
  2. 椿挿
    【すつばきさす】

秋の椿

 

  1. 椿の実
    【つばきのみ】

冬の椿

 

  1. 寒椿
    【かんつばき】
  2. 冬椿
    【ふゆつばき】
  3. 早咲の椿
    【はやざきのつばき】

椿を使った例句

 

  1. あかつきの靄にぬれたる椿かな
    【作者】久保田万太郎
  2. ぬかるみをよけてあるくや紅椿
    【作者】久保田万太郎
  3. ゆらぎ見ゆ百の椿が三百に
    【作者】高浜虚子
  4. 八重椿 漁港二月の 風鳴れど
    【作者】水原秋桜子
  5. 古井戸のくらきに落る椿かな
    【作者】与謝蕪村
  6. 大空に うかめる如き 玉椿
    【作者】高浜虚子
  7. 家明け放してゐる藪高い椿の白
    【作者】河東碧梧桐
  8. 寒椿 今年は咲かぬ やうすなり
    【作者】正岡子規
  9. 山椿高々とある峠かな
    【作者】河東碧梧桐
  10. 岸浸す水嵩となりし椿かな
    【作者】久保田万太郎
  11. 廻廊の 雨したたかに 白椿
    【作者】横光利一
  12. 椿落ちて鶩啄む流れかな
    【作者】河東碧梧桐
  13. 椿落て昨日の雨をこぼしけり
    【作者】与謝蕪村
  14. 死相ふとつらつら椿手鏡に
    【作者】川端茅舍
  15. 炉をきつて出るや椿に雲もなし
    【作者】飯田蛇笏
  16. 玉椿大空に日は食まれをり
    【作者】川端茅舍
  17. 玉椿沖の高さに盛りあがる
    【作者】川端茅舍
  18. 白椿 昨日の旅の 遥かなる
    【作者】中村汀女
  19. 紅椿 つとおつ午時の 炭俵
    【作者】泉 鏡花
  20. 落ざまに水こぼしけり椿かな
    【作者】松尾芭蕉
  21. 落椿 美し平家 物語
    【作者】高浜虚子
  22. 落椿足のふみどのなかりけり
    【作者】久保田万太郎
  23. 藪椿 門は葎の 若葉かな
    【作者】松尾芭蕉
  24. 貸家に厩あるなり落椿
    【作者】河東碧梧桐
  25. 赤い椿 白い椿と 落ちにけり
    【作者】河東碧梧桐
  26. 鳥の嘴白玉椿きはつきし
    【作者】加舎白雄

コメント