一覧伝統

仏式の法要 一覧|四十九日、一周忌、三回忌、七回忌など

スポンサーリンク
仏式の年忌法要 一覧|四十九日、一周忌、三回忌、七回忌など 一覧
仏式の年忌法要 一覧|四十九日、一周忌、三回忌、七回忌など
スポンサーリンク
スポンサーリンク

法要と法事は、今では同じ意味で使われていますが、法要は、亡くなった方に対しての供養(追善供養)を営むことで、法事は仏教行事全般(お盆・彼岸供養など)のことを指します。

年忌(ねんき)とは、祥月命日に営まれる仏事のことをいい、日本の仏教では、定められた年に亡くなったに対して営まれる法要を、年忌法要(年回法要)といいいます。

一・三・七・十三・十七・二十三・二十七・三十三回忌というように、三と七のついた年に行なわれています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日数の数え方

 

仏教では没後7日ごとに法事を営む事を「忌日(きび)法要」といい、亡くなった人を供養します。

これを 『中陰の七仏事』といい

初七日

二七日(ふたなのか)

三七日(みなのか)

四七日(よなのか)

と続き

七七日(なななのか)にあたる四十九日をもって忌明けになります。

また、百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて日数を数えます。

 

一周忌は亡くなってから満一年目に行ないますが、他の「◯回忌」という法要は満年数マイナス一年で行ないます。

例えば三回忌は満3年目ではなく、満2年目の命日に行ないます。 平成25年に亡くなった場合、一周忌法要は平成26年。三回忌法要は3年目の平成28年ではなく2年目の平成27年に行います。

仏式の法要 一覧

 

法要

 

命日 めいにち 亡くなった日

 

 

追善法要

 

初七日 しょしちにち
しょなのか
しょなぬか
亡くなった日から7日目。
二七日 にしちにち
ふたなのか
ふたなぬか
亡くなった日から14日目。
三七日 さんしちにち
みなのか
みなぬか
亡くなった日から21日目。
四七日 ししちにち
よなのかよなぬか
亡くなった日から28日目。
初月忌 はつがっき 亡くなった日から1カ月目。
初めての月命日。
五七日 ごしちにち
いつなのか
いつなぬか
亡くなった日から35日目。
六七日 ろくしちにち
むなのか
むなぬか
亡くなった日から42日目。
七七日
(四十九日)
しちしちにち
なななのか
なななぬか
しじゅうくにち
亡くなった日から49日目。
忌明け(御霊が家から離れ霊界へ旅立つ)の法要がなされます

 

 

追悼法要

 

百箇日 ひゃっかにち 亡くなった日から100日目。
百箇日は卒哭忌(そっこくき)とも呼ばれ、遺族のみで供養をします。
初盆・新盆 はつぼん
にいぼん
初盆の法要は、四十九日を過ぎてから初めてのお盆に行います。四十九日よりも前にお盆が来た場合には、翌年に初盆の法要を行います。

 

 

年忌法要

 

一周忌 いっしゅうき 亡くなってから1年目。
亡くなった翌年の祥月命日(しょうつきめいにち・亡くなった月日と同じ月日)のこと。
三回忌 さんかいき 亡くなってから2年目。
亡くなった年含めて3年目。
七回忌 ななかいき 亡くなってから6年目。
亡くなった年を含めて7年目。
十三回忌 じゅうさんかいき 亡くなってから12年目。
亡くなった年を含めて13年目。
十七回忌 じゅうななかいき 亡くなってから17年目。
二十三回忌 にじゅうさんかいき 亡くなってから23年目。
二十七回忌 にじゅうななかいき 亡くなってから27年目。
三十三回忌 さんじゅうさんかいき 亡くなってから33年目。
弔い上げ(とむらいあげ)とも言われ、弔い上げをもってそれ以降の年忌法要は終了するとされます。
五十回忌 ごじゅっかいき 亡くなってから50年目。
地域によって、五十回忌をもって弔い上げとするところもあります。
百回忌 ひゃっかいき 亡くなってから100年目。

コメント

タイトルとURLをコピーしました