スポンサーリンク

【 冬を表現する言葉一覧】季語 – 季節の美しい言葉

【 冬を表現する言葉一覧】季語 - 季節の美しい言葉 一覧
スポンサーリンク

『冬』の季語を読み方付きで一覧にまとめました。 日本の冬の季節を連想させる情緒ある美しい言葉です。冬の情景を表す素敵な言葉をご覧ください。

 

冬の季語 一覧

 

【時候】

 

一陽来復(いちようらいふく) 小春日和(こはるびより)
三寒四温(さんかんしおん) 小春日(こはるび)
三寒(さんかん) 小春空(こはるぞら)
上冬(じょうとう) 小春(こはる)
下冬(かとう) 小晦日(こつごもり)
乙子月(おとごづき) 小雪(しょうせつ)
九冬(きゅうとう) 師走(しわす)
今朝の冬(けさのふゆ) 年つまる(としつまる)
冬さぶ(ふゆさぶ) 年の内(としのうち)
冬され(ふゆされ) 年の冬(としのふゆ)
冬ざるる(ふゆざるる) 年の別れ(としのわかれ)
冬ざれ(ふゆざれ) 年の名残(としのなごり)
冬に入る(ふゆにいる) 年の坂(としのさか)
冬ぬくし(ふゆぬくし) 年の夜(としのよ)
冬の別れ(ふゆのわかれ) 年の奥(としのおく)
冬の名残(ふゆのなごり) 年の尾(としのお)
冬の夕(ふゆのゆうべ)) 年の岸(としのきし)
冬の夕(ふゆのゆうべ) 年の峠(としのとうげ)
冬の夜(ふゆのよ) 年の急ぎ(としのいそぎ)
冬の始(ふゆのはじめ) 年の晩(としのばん)
冬の宵(ふゆのよい) 年の暮(としのくれ)
冬の日(ふゆのひ) 年の末(としのすえ)
冬の暮(ふゆのくれ) 年の果(としのはて)
冬の朝(ふゆのあさ) 年の梢(としのこずえ)
冬の限り(ふゆのかぎり) 年の残り(としののこり)
冬めく(ふゆめく) 年の湊(としのみなと)
冬半ば(ふゆなかば) 年の瀬(としのせ)
冬去る(ふゆさる) 年の終(としのおわり)
冬将軍(ふゆしょうぐん) 年の関(としのせき)
冬帝(とうてい) 年の際(としのきわ)
冬日向(ふゆひなた) 年一夜(としひとよ)
冬日影(ふゆひかげ) 年内(ねんない)
冬日(ふゆひ) 年夜(としや)
冬暁(ふゆあかつき) 年尽くる(としつくる)
冬暖か(ふゆあたたか) 年惜(しむとしおしむ)
冬暖(とうだん) 年暮るる(としくるる)
冬曙(ふゆあけぼの) 年末(ねんまつ)
冬最中(ふゆもなか) 年果つる(としはつる)
冬来る(ふゆきたる) 年歩む(としあゆむ)
冬果つ(ふゆはつ) 年深し(としふかし)
冬浅し(ふゆあさし) 年移る(としうつる)
冬深し(ふゆふかし) 年越す(としこす)
冬深む(ふゆふかむ) 年越(としこし)
冬立つ(ふゆたつ) 年越詣(としこしもうで)
冬終る(ふゆおわる) 年逝く(としゆく)
冬至(とうじ) 底冷(そこびえ)
冬行く(ふゆゆく) 弟月(おととづき)
冬送る(ふゆおくる) 待春(たいしゅん)
冬(ふゆ) 惜年(せきねん)
冱つる(いつる) 数え日(かぞえび)
冴え(さえ) 日つまる(ひつまる)
冴ゆる(さゆる) 日短か(ひみじか)
冷し(つめたし) 明日の春(あすのはる)
凍つく(いてつく) 春を待つ(はるをまつ)
凍む(しむ) 春を隣(はるをとなり)
凍れ(しばれ) 春待月(はるまちづき)
凍光(とうこう) 春遠からじ(はるとおからじ)
凍土(とうど) 春隣る(はるとなる)
凍晴(いてばれ) 春隣(はるとなり)
凍曇(いてぐもり) 春風近し(はるかぜちかし)
凍玻璃(いてはり) 時雨月(しぐれづき)
凍空(いてぞら) 晩歳(ばんさい)
凍窓(いてまど) 暖冬(だんとう)
凍結(とうけつ) 暮早し(くれはやし)
凍雲(いてぐも) 暮歳(ぼさい)
凍霞(いてがすみ) 暮(くれ)
凍靄(いてもや) 月冴ゆる(つきさゆる)
凍(いて) 月凍つる(つきいつる)
初霜月(はつしもづき) 月(みふゆづき)
十一月(じゅういちがつ) 朔旦冬至(さくたんとうじ)
十二月(じゅうにがつ) 末冬(まつとう)
厳冬(げんとう) 梅初月(うめはつづき)
厳寒(げんかん) 極寒(ごくかん)
去ぬる年(いぬるとし) 極月(ごくげつ)
四温日和(しおんびより) 歳晩(さいばん)
四温(しおん) 歳暮(さいぼ)
夜半の冬(よわのふゆ) 歳末(さいまつ)
大三十日(おおみそか) 流るる年(ながるるとし)
大呂(たいろ) 浅き冬(あさきふゆ)
大寒(だいかん) 玄冥(げんめい)
大年越(おおとしこし) 玄冬(げんとう)
大年(おおとし) 玄帝(げんてい)
大晦日(おおつごもり) 盤渉調(ばんしきちょう)
大晦日(おおみそか) 真冬(まふゆ)
大歳(おおどし) 短日(たんじつ)
大節季(おおせっき) 短景(たんけい)
大雪(たいせつ) 神去月(かみさりづき)
子の月(ねのつき) 神在月(かみありづき)
孟冬(もうとう) 神帰月(しんきづき)
季冬(きとう) 神楽月(かぐらづき)
寒きびし(かんきびし) 神無月(かんなづき)
寒し(さむし) 私大(わたくしだい)
寒の入(かんのいり) 立冬(りっとう)
寒の内(かんのうち) 節季仕舞(せっきじまい)
寒中(かんちゅう) 節季(せっき)
寒九(かんく) 臘月(ろうげつ)
寒入り(かんいり) 行く年(ゆくとし)
寒冷(かんれい) 親子月(おやこづき)
寒土用(かんどよう) 酷寒(こっかん)
寒夜(かんや) 除夕(じょせき)
寒威(かんい) 除夜詣(じょやもうで)
寒巖(かんがん) 除夜(じょや)
寒暁(かんぎょう) 除日(じょにち)
寒暮(かんぼ) 雪待月(ゆきまちづき)
寒月(かんげつ) 雪見月(ゆきみづき)
寒柝(かんたく) 霜冴ゆる(しもさゆる)
寒気(かんき) 霜夜(しもよ)
寒江(かんこう) 霜月(しもつき)
寒笛(かんてき) 霜降月(しもふりづき)
寒翠(かんすい) 頬凍つる(ほおいつる)
寒苦(かんく) 風冴ゆる(かぜさゆる)
寒(かん) 風凍つる(かぜいつる)
小六月(ころくがつ) 黒帝(こくてい)
小寒(しょうかん) 節分(せつぶん)

 

【天文】

 

お講日和(おこうびより) 月冴ゆる(つきさゆる)
さんさ時雨(さんさしぐれ) 月氷る(つきこおる)
ざらめ雪(ざらめゆき) 朔風(さくふう)
しずり 朝北風(あさぎた)
しずり雪(しずりゆき) 朝時雨(あさしぐれ)
しまき雲(しまきぐも) 朝霜(あさしも)
しまり雪(しまりゆき) 木の葉の時雨(このはのしぐれ)
はだれ霜(はだれじも) 木枯(こがらし)
三つ星(みつぼし) 木花(きばな)
三の花(みつのはな) 木華(きばな)
六花(むつのはな) 村時雨(むらしぐれ)
六連星(むつらぼし) 松風の時雨(まつかぜのしぐれ)
冠雪(かむりゆき) 根雪(ねゆき)
冬の太白(ふゆのたいはく) 樹氷(じゅひょう)
冬の月(ふゆのつき) 樹氷原(じゅひょうげん)
冬の虹(ふゆのにじ) 樹氷林(じゅひょうりん)
冬の雨(ふゆのあめ) 樹霜(じゅそう)
冬の雷(ふゆのらい) 水雪(みずゆき)
冬の霞(ふゆのかすみ) 氷塵(ひょうじん)
冬の霧(ふゆのきり) 氷晶(ひょうしょう)
冬の靄(ふゆのもや) 氷雨(ひさめ)
冬の風(ふゆのかぜ) 氷霧(ひょうむ)
冬一番(ふゆいちばん) 深雪晴(みゆきばれ)
冬三日月(ふゆみかづき) 深雪(みゆき)
冬凪(ふゆなぎ) 深霜(ふかしも)
冬天(とうてん) 湿雪(しっせつ)
冬日和(ふゆびより) 煙霧(えんむ)
冬星座(ふゆせいざ) 玉霰(たまあられ)
冬星(ふゆぼし) 神渡し(かみわたし)
冬昴(ふゆすばる) 神立風(かみたつかぜ)
冬晴(ふゆばれ) 積雪(せきせつ)
冬空(ふゆぞら) 空風(からかぜ)
冬茜(ふゆあかね) 筒雪(つつゆき)
冬銀河(ふゆぎんが) 節東風(せちごち)
冬雲(ふゆぐも) 粉雪(こなゆき)
冬霞む(ふゆかすむ) 粗氷(そひょう)
冬霞(ふゆがすみ) 細雪(ささめゆき)
冬霧(ふゆぎり) 荒星(あらぼし)
冬靄(ふゆもや) 蝶々雲(ちょうちょうぐも)
冬青空(ふゆあおぞら) 衾雪(ふすまゆき)
冬風(ふゆかぜ) 袂の時雨(たもとのしぐれ)
冬麗(ふゆうらら) 袖の時雨(そでのしぐれ)
凄雲(せいうん) 鎌風(かまかぜ)
凍て風(いてかぜ) 雨氷(うひょう)
凍凪(いてなぎ) 雪しぐれ(ゆきしぐれ)
凍星(いてぼし) 雪じまき(ゆきじまき)
凍空(いてぞら) 雪の花(ゆきのはな)
凍雲(いてぐも) 雪の雷(ゆきのらい)
凍露(とうろ) 雪の精(ゆきのせい)
凩(こがらし) 雪催い(ゆきもよい)
初雪(はつゆき) 雪冠(ゆきかむり)
初霜(はつしも) 雪国(ゆきぐに)
初霰(はつあられ) 雪坊主(ゆきぼうず)
北下し(きたおろし) 雪女郎(ゆきじょろう)
北吹く(きたふく) 雪女(ゆきおんな)
北時雨(きたしぐれ) 雪庇(せっぴ)
北風(きたかぜ) 雪後の天(せつごのてん)
北颪(きたおろし) 雪意(せつい)
参宿(しんしゅく) 雪明(ゆきあかり)
吹雪(ふぶき) 雪時雨(ゆきしぐれ)
地吹(雪(じふぶき) 雪景色(ゆきげしき)
垂れ(しずれ) 雪晴(ゆきばれ)
夕時雨(ゆうしぐれ) 雪晴(ゆきばれ)
夕霰(ゆうあられ) 雪暗(ゆきぐれ)
夜霜(よしも) 雪曇(ゆきぐもり)
大北風(おおぎた) 雪月夜(ゆきづきよ)
大雪(おおゆき) 雪模様(ゆきもよう)
天狼星(てんろうせい) 雪気(ゆきげ)
天狼(てんろう) 雪浪(ゆきなみ)
富士の笠雲(ふじのかさぐも) 雪煙(ゆきけむり)
寒の雨(かんのあめ) 雪片(せっぺん)
寒三日月(かんみかづき) 雪男(ゆきおとこ)
寒九の雨(かんくのあめ) 雪空(ゆきぞら)
寒凪(かんなぎ) 雪紐(ゆきひも)
寒北斗(かんほくと) 雪華(せっか)
寒天(かんてん) 雪雑り(ゆきまじり)
寒旱(かんひでり) 雪雲(ゆきぐも)
寒星(かんぼし) 雪雷(ゆきがみなり)
寒昴(かんすばる) 雪風(ゆきかぜ)
寒月(かんげつ) 雪鬼(ゆきおに)
寒波(かんぱ) 雪(ゆき)
寒空(さむぞら) 霙(みぞれ)
寒茜(かんあかね) 霜だたみ(しもだたみ)
寒雲(かんうん) 霜の花(しものはな)
寒雷(かんらい) 霜凪(しもなぎ)
寒霞(かんがすみ) 霜夜(しもよ)
寒靄(かんあい) 霜日和(しもびより)
寒風(かんぷう) 霜晴(しもばれ)
小夜時雨(さよしぐれ) 霜雫(しもしずく)
小米雪(こごめゆき) 霜(しも)
小雪(こゆき) 霧の花(きりのはな)
山めぐり(やまめぐり) 霧氷林(むひょうりん)
幽天(ゆうてん) 霧氷(むひょう)
御講凪(おこうなぎ) 霧雪(むせつ)
急霰(きゅうさん) 霰(あられ)
新雪(しんせつ) 青女(せいじょ)
星冴ゆる(ほしさゆる) 青星(あおぼし)
時雨傘(しぐれがさ) 風冴ゆる(かぜさゆる)
時雨心地(しぐれごこち) 風花(かざはな)
時雨雲(しぐれぐも) 風雪(ふうせつ)
時雨(しぐれ) 餅雪(もちゆき)
暮雪(ぼせつ) 年の空(としのそら)

 

【地理】

 

休め田(やすめた) 枯山(かれやま)
冬の原(ふゆのはら) 枯庭(かれにわ)
冬の園(ふゆのその) 枯野人(かれのびと)
冬の山(ふゆのやま) 枯野原(かれのはら)
冬の川(ふゆのかわ) 枯野宿(かれのやど)
冬の景(ふゆのけい) 枯野道(かれのみち)
冬の水(ふゆのみず) 枯野(かれの)
冬の泉(ふゆのいずみ) 水烟る(みずけむる)
冬の波(ふゆのなみ) 氷の楔(こおりのくさび)
冬の浜(ふゆのはま) 氷の橋(こおりのはし)
冬の海(ふゆのうみ) 氷の花(こおりのはな)
冬の滝(ふゆのたき) 氷の衣(こおりのころも)
冬の潮(ふゆのしお) 氷の鏡(こおりのかがみ)
冬の田(ふゆのた) 氷り滝(こおりたき)
冬の色(ふゆのいろ) 氷上(ひょうじょう)
冬の野(ふゆのの) 氷原(ひょうげん)
冬山家(ふゆやまが) 氷塊(ひょうかい)
冬山肌(ふゆやまはだ) 氷壁(ひょうへき)
冬山路(ふゆやまじ) 氷張る(こおりはる)
冬山(ふゆやま) 氷条(ひょうじょう)
冬嶺(ふゆみね) 氷柱(つらら)
冬川原(ふゆがわら) 氷橋(こおりばし)
冬川(ふゆかわ) 氷江(ひょうこう)
冬庭(ふゆにわ) 氷海(ひょうかい)
冬景色(ふゆげしき) 氷湖(ひょうこ)
冬景(とうけい) 氷点下(ひょうてんか)
冬汐(ふゆじお) 氷田(ひょうでん)
冬泉(とうせん) 氷盤(ひょうばん)
冬浜(ふゆはま) 氷笋(ひょうじゅん)
冬浪(ふゆなみ) 氷箸(ひょうちょ)
冬海(ふゆうみ) 氷結ぶ(こおりむすぶ)
冬渚(ふゆなぎさ) 氷野(ひょうや)
冬滝(ふゆだき) 氷閉ず(こおりとず)
冬潮(ふゆじお) 氷雪(ひょうせつ)
冬濤(ふゆなみ) 氷面鏡(ひもかがみ)
冬田道(ふゆたみち) 氷(こおり)
冬田面(ふゆたのも) 氷(ひ)
冬田(ふゆた) 池涸る(いけかる)
冬登山(ふゆとざん) 沼涸る(ぬまかる)
冬野道(ふゆのみち) 波の花(なみのはな)
冬野(ふゆの) 波の華(なみのはな)
凍る(こおる) 海凍る(うみこおる)
凍江(とうこう) 海氷(かいひょう)
凍河(とうが) 涸川(かれがわ)
凍海(とうかい) 涸池(かれいけ)
凍渡(しみわたり) 涸沼(かれぬま)
凍湖(とうこ) 涸滝(かれだき)
凍滝(いてだき) 渇水期(かっすいき)
凍結湖(とうけつこ) 渓涸る(たにかる)
初氷(はつごおり) 湖凍る(みずうみこおる)
厚氷(あつごおり) 滝凍る(たきこおる)
垂氷(たるひ) 滝涸る(たきかる)
寒の水(かんのみず) 狐火(きつねび)
寒の滝(かんのたき) 眠る山(ねむるやま)
寒九の水(かんくのみず) 立氷(たちひ)
寒園(かんえん) 結氷湖(けっぴょうこ)
寒泉(かんせん) 結氷(けっぴょう)
寒波(かんなみ) 綿氷(わたごおり)
寒潮(かんちょう) 腸氷る(はらわたこおる)
寒濤(かんとう) 蝉氷(せみごおり)
山眠る(やまねむる) 銀竹(ぎんちく)
川凍る(かわこおる) 鐘氷る(かねこおる)
川涸る(かわかる) 雪の田(ゆきのた)
庭枯るる(にわかるる) 雪壁(せっぺき)
影氷る(かげこおる) 雪山(ゆきやま)
御渡(みわたり) 雪嶺(せつれい)
御神渡(おみわたり) 霜くずれ(しもくずれ)
月氷る(つきこおる) 霜柱(しもばしら)
枯原(かれはら) 露氷る(つゆこおる)
枯園(かれその) 狐の提燈(きつねのちょうちん)

 

【生活】

 

うまぞり 火消壺(ひけしつぼ)
おじや 火鉢(ひばち)
お歳暮(おせいぼ) 炉明(ろあかり)
くしゃみ 炉話(ろばなし)
すが洩り(すがもり) 炉辺話(ろへんばなし)
だいこ引き(だいこひき) 炬燵(こたつ)
つくし打(つくしうち) 炭の香(すみのか)
ねこ 炭ふくべ(すみふくべ)
ねこ火鉢(ねこひばち) 炭俵(すみだわら)
ねんがら 炭取(すみとり)
ねん木(ねんき) 炭屑(すみくず)
ねん棒(ねんぼう) 炭挽く(すみひく)
みずっぱな 炭斗(すみとり)
一夜飾り(いちやかざり) 炭櫃(すびつ)
三椏蒸す(みつまたむす) 炭火(すみび)
丑紅(うしべに) 炭焼(すみやき)
丹前(たんぜん) 炭瓢(すみひさご)
仕事納(しごとおさめ) 炭箱(すみばこ)
付け(つけ) 炭籠(すみかご)
佐倉炭(さくらずみ) 炭納屋(すみなや)
俵編む(たわらあむ) 炭頭(すみがしら)
備長(びんちょう) 炭(すみ)
兎狩(うさぎがり) 烏府(うふ)
兎網(うさぎあみ) 焚火跡(たきびあと)
兎罠(うさぎわな) 焚火(たきび)
冬の影(ふゆのかげ) 煉炭火鉢(れんたんひばち)
冬の服(ふゆのふく) 煉炭(れんたん)
冬の燈(ふゆのひ) 煖房(だんぼう)
冬休(ふゆやすみ) 煖炉(だんろ)
冬帽子(ふゆぼうし) 煤おろし(すすおろし)
冬座敷(ふゆざしき) 煤の日(すすのひ)
冬構(ふゆがまえ) 煤の餅(すすのもち)
冬燈(ふゆともし) 煤払(すすはらい)
冬物(ふゆもの) 煤掃(すすはき)
冬着(ふゆぎ) 煤日和(すすびより)
冬籠(ふゆごもり) 煤湯(すすゆ)
冬羽織(ふゆばおり) 煤竹売(すすだけうり)
冬肌(ふゆはだ) 煤竹(すすだけ)
冬衣(ふゆごろも) 煤籠(すすごもり)
冬襖(ふゆぶすま) 煤見舞(すすみまい)
冬障子(ふゆしょうじ) 煤逃(すすにげ)
凍え死(こごえじに) 熊狩(くまがり)
凍傷(とうしょう) 熊猟(くまりょう)
凍瘡(とうそう) 熱燗(あつかん)
切干(きりぼし) 燗酒(かんざけ)
初海苔(はつのり) 燻り炭(いぶりずみ)
北塞ぐ(きたふさぐ) 爪籠(つまご)
北窓塗る(きたまどぬる) 牡丹焚く(ぼたんたく)
北窓塞ぐ(きたまどふさぐ) 牡丹焚火(ぼたんたきび)
北窓閉じる(きたまどとじる) 牡丹鍋(ぼたんなべ)
十能(じゅうのう) 牡蠣鍋(かきなべ)
千枚漬(せんまいづけ) 犬橇(のそ)
半纏(はんてん) 狐罠(きつねわな)
半鐘台(はんしょうだい) 狐落し(きつねおとし)
卵酒(たまござけ) 狐裘(こきゅう)
厚子(あつし) 狐釣(きつねつり)
厚着(あつぎ) 狩人(かりゅうど)
古日記(ふるにっき) 狩場(かりば)
古暦(ふるごよみ) 狸狩(たぬきがり)
古漬(ふるづけ) 狸罠(たぬきわな)
古衾(ふるぶすま) 猟人(りょうじん)
古襖(ふるぶすま) 猟夫(さつお)
叺織る(かますおる) 猟期(りょうき)
吊菜(つりな) 猟犬(りょうけん)
吹雪倒れ(ふきだおれ) 猟銃(りょうじゅう)
吹雪倒れ(ふぶきだおれ) 猟(りょう)
味噌作る(みそつくる) 猪狩(ししがり)
味噌搗(みそつき) 猪鍋(ししなべ)
味噌焚き(みそたき) 甘蔗刈(かんしょかり)
咳(せき) 甘蔗刈(きびかり)
品漬(しなづけ) 生姜湯(しょうがゆ)
唐紙障子(からかみしょうじ) 番屋(ばんや)
唐紙(からかみ) 畳替(たたみがえ)
嚔(くさめ) 白息(しらいき)
囲炉裏開く(いろりひらく) 白炭(しろずみ)
囲炉裏(いろり) 白紙子(しろかみこ)
土曳き(つちひき) 白襖(しろぶすま)
堅炭(かたずみ) 白足袋(しろたび)
塩引(しおびき) 皮衣(かわごろも)
塩鮭(しおざけ) 皸(あかぎれ)
夕焚火(ゆうたきび) 目貼(めばり)
夜咄茶事(よばなしさじ) 真綿(まわた)
夜咄(よばなし) 着ぶくれ(きぶくれ)
夜廻り(よまわり) 石焼芋(いしやきいも)
夜火事(よるかじ) 砕氷船(さいひょうせん)
夜焚火(よたきび) 穴熊打(あなぐまうち)
夜番小屋(よばんごや) 竹馬(たけうま)
夜番(よばん) 笄打(こうがいうち)
夜着(よぎ) 筵織る(むしろおる)
夜警(やけい) 箆打(へらうち)
大学芋(だいがくいも) 箱橇(はこぞり)
大根干す(だいこんほす) 箱火鉢(はこひばち)
大根引(だいこんひき) 節季候(せきぞろ)
大根洗う(だいこんあらう) 節料物(せちりょうもの)
大根漬ける(だいこんつける) 節料米(せちりょうまい)
大根舟(だいこんぶね) 節料(せちりょう)
大根車(だいこんぐるま) 粉炭(こなずみ)
大根馬(だいこんうま) 紙子売(かみこうり)
大火(たいか) 紙干場(かみほしば)
姥等(うばら) 紙漉女(かみすきめ)
客土(きゃくど) 紙漉(かみすき)
客橇(きゃくぞり) 紙衾(かみぶすま)
寒き影(さむきかげ) 素紙子(すがみこ)
寒ごやし(かんごやし) 紺足袋(こんたび)
寒ざらえ(かんざらえ) 終相場(しまいそうば)
寒の餅(かんのもち) 絵屏風(えびょうぶ)
寒中水泳(かんちゅうすいえい) 絵襖(えぶすま)
寒中見舞(かんちゅうみまい) 絹綿(きぬわた)
寒乗(かんのり) 綱貫(つなぬき)
寒厨(かんくりや) 綱飛(つなとび)
寒取(かんどり) 網代守(あじろもり)
寒味噌(かんみそ) 網代木(あじろぎ)
寒声(かんごえ) 網代(あじろ)
寒天干す(かんてんほす) 綾取(あやとり)
寒天晒す(かんてんさらす) 綿入羽織(わたいればおり)
寒弾(かんびき) 綿入(わたいれ)
寒影(かんえい) 綿子(わたこ)
寒復習(かんざらい) 綿帽子(わたぼうし)
寒搗(かんつき) 縄綯う(なわなう)
寒晒(かんざらし) 縄飛唄(なわとびうた)
寒晒粉(かんざらしこ) 羽蒲団(はねぶとん)
寒曝(かんざらし) 肌荒る(はだある)
寒柝(かんたく) 股引(ももひき)
寒泳ぎ(かんおよぎ) 肩蒲団(かたぶとん)
寒泳(かんえい) 背蒲団(せなぶとん)
寒漉(かんすき) 胸敲(むねたたき)
寒灸(かんきゅう) 腰蒲団(こしぶとん)
寒燈(かんとう) 腰障子(こししょうじ)
寒相撲(かんずもう) 膝掛(ひざかけ)
寒稽古(かんげいこ) 色足袋(いろたび)
寒糊(かんのり) 花炭(はなずみ)
寒紅売(かんべにうり) 茎の桶(くきのおけ)
寒紅(かんべに) 茎の水(くきのみず)
寒習(かんならい) 茎の石(くきのいし)
寒耕(かんこう) 茎圧す(くきおす)
寒肥(かんごえ) 茎漬(くきづけ)
寒肥(かんぴ) 茶羽織(ちゃばおり)
寒荒(かんあれ) 荷橇(にぞり)
寒見舞(かんみまい) 菜漬(なづけ)
寒角力(かんずもう) 落葉焚(おちばたき)
寒造(かんづくり) 葉漬(はづけ)
寒釣(かんづり) 葛晒し(くずさらし)
寒餅搗く(かんもちつく) 葛湯(くずゆ)
寒餅(かんもち) 蒟蒻干す(こんにゃくほす)
尉(じょう) 蒲団(ふとん)
小夜着(こよぎ) 蓑帽子(みのぼうし)
小火(ぼや) 蓮堀(はすほり)
小袖(こそで) 蕎麦刈(そばかり)

 

小野炭(おのずみ) 蕎麦干す(そばほす)
屏風(びょうぶ) 蕎麦掻(そばがき)
山火事(やまかじ) 蕪干す(かぶらほす)
岩木(いわき) 蕪引(かぶらひき)
布団(ふとん) 藁仕事(わらしごと)
布子(ぬのこ) 藁打つ(わらうつ)
帆橇(ほぞり) 藁沓編む(わらぐつあむ)
干大根(ほしだいこ) 藁沓(わらぐつ)
干菜湯(ほしなゆ) 行火(あんか)
干菜風呂(ほしなぶろ) 衣配(きぬくばり)
干菜(ほしな) 衾ふ(すま)
干葉湯(ひばゆ) 被布(ひふ)
干葉(ひば) 被綿(かずきわた)
干鮭(ほしざけ) 袷羽織(あわせばおり)
年の煤(としのすす) 褞袍(どてら)
年の米(としのこめ) 襖紙(ふすまがみ)
年の設(としのもうけ) 襖障子(ふすましょうじ)
年取物(としとりもの) 襖(ふすま)
年取米(としとりまい) 襟巻(えりまき)
年忘(としわすれ) 豆炭(まめたん)
年木積む(としきつむ) 負真綿(おいまわた)
年末休暇(ねんまつきゅうか) 賀状書く(がじょうかく)
年用意(としようい) 賃餅(ちんもち)
年貢米(ねんぐまい) 走炭(はしりずみ)
年貢納(ねんぐおさめ) 足温器(そくおんき)
年貢馬(ねんぐうま) 足温(めあしぬくめ)
年貢(ねんぐ) 足炉(あしろ)
御用納(ごようおさめ) 足焙(あしあぶり)
御用終(ごようじまい) 足袋干す(たびほす)
忘年会(ぼうねんかい) 足袋(たび)
息白し(いきしろし) 跳炭(はねずみ)
悴ける(かじける) 踏俵(ふみだわら)
悴(むかじかむ) 近江漬(おうみづけ)
感冒(かんぼう) 近火(きんか)
慈善鍋(じぜんなべ) 遠火事(とおかじ)
懐中湯婆(かいちゅうたんぽ) 避寒宿(ひかんやど)
懐手(ふところで) 避寒(ひかん)
懐炉灰(かいろばい) 郵便橇(ゆうびんぞり)
懐炉焼(かいろやけ) 配り餅(くばりもち)
懐炉(かいろ) 酢茎売(すぐきうり)
懸大根(かけだいこ) 酢茎(すぐき)
懸菜(かけな) 重ね着(かさねぎ)
手套(しゅとう) 金屏風(きんびょうぶ)
手橇(てぞり) 金屏(きんびょう)
手炉(しゅろ) 金?(かねかんじき)
手焙(てあぶり) 銀屏風(ぎんびょうぶ)
手袋(てぶくろ) 銀屏(ぎんびょう)
手足荒る(てあしある) 鍋焼饂飩(なべやきうどん)
押しくら饅頭(おしくらまんじゅう) 鍋焼(なべやき)
捕鯨船(ほげいせん) 長火鉢(ながひばち)
掛乞(かけごい) 門松の営(かどまつのいとなみ)
掛取(かけとり) 門松立つ(かどまつたつ)
掛布団(かけぶとん) 防寒草履(ぼうかんぞうり)
掛衾(かけぶすま) 除雪車(じょせつしゃ)
採氷池(さいひょうち) 除雪(じょせつ)
採氷(さいひょう) 隙間張(すきまばり)
探梅(たんばい) 隙間風(すきまかぜ)
掻巻(かいまき) 障子(しょうじ)
放鷹(ほうよう) 雁木(がんぎ)
敷蒲団(しきぶとん) 雑炊(ぞうすい)
敷衾(しきぶすま) 雪ころばし(ゆきころばし)
新巻(あらまき) 雪の人(ゆきのひと)
新沢庵(しんたくあん) 雪の友(ゆきのとも)
新海苔(しんのり) 雪を掃く(ゆきをはく)
新漬沢庵(しんづけたくあん) 雪を掻く(ゆきをかく)
早漬沢庵(はやづけたくあん) 雪下し(ゆきおろし)
明かり障子(あかりしょうじ) 雪下駄(ゆきげた)
春の便り(はるのたより) 雪仏(ゆきぼとけ)
春信(しゅんしん) 雪像(せつぞう)
春支度(はるじたく) 雪兎(ゆきうさぎ)
春着縫う(はるぎぬう) 雪合戦(ゆきがっせん)
昼火事(ひるかじ) 雪合羽(ゆきがっぱ)
暖房(だんぼう) 雪吊(ゆきづり)
暖炉(だんろ) 雪囲(ゆきがこい)
暦の末(こよみのすえ) 雪垣(ゆきがき)
暦の果(こよみのはて) 雪布袋(ゆきほてい)
暦の終(こよみのおわり) 雪帽子(ゆきぼうし)
暦売(こよみうり) 雪投げ(ゆきなげ)
暦果つ(こよみはつ) 雪捨(ゆきすて)
暦配り(こよみくばり) 雪橇(そり)
替畳(かえだたみ) 雪沓(ゆきぐつ)
朝焚火(あさたきび) 雪消し(ゆきけし)
木炭(もくたん) 雪焼(ゆきやけ)
木綿わた(もめんわた) 雪獅子(ゆきじし)
木綿(きわた) 雪盲(せつもう)
松飾る(まつかざる) 雪眼鏡(ゆきめがね)
板?(いたかんじき) 雪眼(ゆきめ)
枕屏風(まくらびょうぶ) 雪礫(ゆきつぶて)
枝炭(えだずみ) 雪箒(ゆきぼうき)
根木打(ねっきうち) 雪舟(そり)
根榾(ねほだ) 雪菰(ゆきごも)
桐火桶(きりひおけ) 雪蓑(ゆきみの)
桐火鉢(きりひばち) 雪袴(ゆきばかま)
梅探る(うめさぐる) 雪見の宴(ゆきみのえん)
楮晒す(こうぞさらす) 雪見笠(ゆきみがさ)
楮蒸す(こうぞむす) 雪見舞(ゆきみまい)
榾の主(ほだのぬし) 雪見船(ゆきみぶね)
榾の宿(ほだのやど) 雪見行(ゆきみこう)
榾明(ほたあかり) 雪見酒(ゆきみざけ)
榾火(ほたび) 雪見障子(ゆきみしょうじ)
橇の宿(そりのやど) 雪見(ゆきみ)
橇の鈴(そりのすず) 雪踏(ゆきふみ)
橇(そり) 雪返し(ゆきがえし)
欠餅(かきもち) 雪遊び(ゆきあそび)
歳暮の礼(せいぼのれい) 雪達(磨ゆきだるま)
歳暮売出(せいぼうりだし) 雪除(ゆきよけ)
歳暮祝(せいぼいわい) 電気行火(でんきあんか)
歳暮返し(せいぼがえし) 霜囲(しもがこい)
歳暮(せいぼ) 霜焼(しもやけ)
毛糸玉(けいとだま) 霜焼薬(しもやけぐすり)
毛糸編む(けいとあむ) 霜腫(しもばれ)
毛糸(けいと) 霜覆(しもおおい)
毛衣(けごろも) 霜除(しもよけ)
水洟(みずばな) 霰餅(あられもち)
水餅(みずもち) 青写真(あおじゃしん)
氷切る(こおりきる) 青漬(あおづけ)
氷挽く(こおりひく) 頬かむり(ほおかむり)
氷餅(こおりもち) 頬被(ほおかぶり)
沢庵漬(たくあんづけ) 顔荒る(かおある)
河豚雑炊(ふぐぞうすい) 顔見世茎(かおみせぐき)
注連飾る(しめかざる) 風囲(かざがこい)
洟水(はなみず) 風垣(かざがき)
流感(りゅうかん) 風邪の神(かぜのかみ)
流黐(ながしもち) 風邪声(かざごえ)
浮炭(うきずみ) 風邪心地(かぜごこち)
消え炭(きえずみ) 風邪気(かざけ)
消燠(けしおき) 風邪薬(かぜぐすり)
深沓(ふかぐつ) 風邪(かぜ)
温室(おんしつ) 風除(かざよけ)
温床(おんしょう) 餅の音(もちのおと)
温石(おんじゃく) 餅搗もちつき)
湯ざめ(ゆざめ) 餅搗唄(もちつきうた)
湯婆(ゆたんぽ) 餅配(もちくばり)
湯気立(ゆげたて) 首巻(くびまき)
湯豆腐(ゆどうふ) 馬橇(ばそり)
火の用心(ひのようじん) 高足(たかあし)
火の番小屋(ひのばんごや) 高野豆腐(こうやどうふ)
火の番(ひのばん) 鯨番(くじらばん)
火の見櫓(ひのみやぐら) 鯨舟(くじらぶね)
火の見番(ひのみばん) 鯨見(くじらみ)
火事跡(かじあと) 鴨雑炊(かもぞうすい)
火事(かじ) 鷹匠(たかじょう)
火桶(ひおけ) 鷹師(たかし)
鼬罠(いたちわな) 鷹狩(たかがり)
鼻ひり(はなひり) 鷹野(たかの)
鼻風邪(はなかぜ) 鷺足(さぎあし)
寒施行(かんせぎょう) 鹿狩(しかがり)
黐流し(もちながし) 麦蒔(むぎまき)

 

【行事】

 

おかめ市(おかめいち) 果の大師(はてのだいし)
おひたき 果の庚申(はてのこうしん)
お酉さま(おとりさま) 柊売(ひいらぎうり)
お霜月(おしもつき) 柊挿す(ひいらぎさす)
そめの年取り(そめのとしとり) 柚子湯(ゆずゆ)
つごもり蕎麦(つごもりそば) 柚子風呂(ゆずぶろ)
ふぐり落し(ふぐりおとし) 榊鬼(さかきおに)
一の酉(いちのとり) 櫛置(くしおき)
七五三(しちごさん) 歌舞伎正月(かぶきしょうがつ)
七五三祝(しめいわい) 止庚申(とめこうしん)
三の酉(さんのとり) 歳夜祭(としやまつり)
三河花祭(みかわはなまつり) 歳末大売出し(さいまつおおうりだし)
下元の節(かげんのせつ) 氷魚の使ひ(おのつかい)
下元(かげん) 氷魚を賜う(ひおをたまう)
世継榾(よつぎほた) 泥くじり祭(どろくじりまつり)
主基の節(すきのせち) 炉炭を進る(ろたんをたてまつる)
乙子の朔日(おとごのついたち) 煖炉会(だんろかい)
乙子の節句(おとごのせっく) 熊手市(くまでいち)
乙子の餅(おとごのもち) 熊手(くまで)
九州場所((きゅうしゅうばしょ) 熊祭く(ままつり)
事始の餅(ことはじめのもち) 熊送り(くまおくり)
事始(ことはじめ) 燈心売(とうしんうり)
事納(ことおさめ) 玄猪(げんちょ)
二の酉(にのとり) 王子の狐日(おうじのきつねび)
二股大根(ふたまただいこん) 王祗祭(おうぎさい)
五条天神参(ごじょうてんじんまいり) 百松明の神事(ひゃくたいまつのしんじ)
五節の舞(ごせちのまい) 目突柴(めつきしば)
五節御前試(ごせちのごぜんのこころみ) 祝者(ほしゃ)
五節(ごせち) 神の旅(かみのたび)
亥の子(いのこ) 神の熊(かみのくま)
亥の子石(いのこいし) 神の留守(かみのるす)
亥の子突(いのこづき) 神在祭(かみありまつり)
亥の子餅(いのこもち) 神在(かみあり)
亥の日祭(いのひまつり) 神楽宿(かぐらやど)
亥の神祭(いのかみまつり) 神楽歌(かぐらうた)
倉入り(くらいり) 神楽(かぐら)
八百穂祭(いやほのまつり) 神立(かみたち)
冬安居(ふゆあんご) 神等去出神事(からさでのしんじ)
冬至南瓜(とうじかぼちゃ) 神農祭(しんのうさい)
冬至湯(とうじゆ) 神迎え(かみむかえ)
冬至粥(とうじがゆ) 神送り(かみおくり)
冬至蒟蒻(とうじこんにゃく) 神遊び(かみあそび)
冬至風呂(とうじぶろ) 神還り(かみかえり)
冬至餅(とうじもち) 神集い(かみつどい)
出雲大社新嘗祭(いずもおおやしろにいなめさい) 福は内(ふくはうち)
剥祭(はぎまつり) 福豆(ふくまめ)
勤労感謝の日(きんろうかんしゃのひ) 稲荷の御火焚(いなりのおほたき)
十夜僧(じゅうやそう) 竈の神祭(かまのかみまつり)
十夜婆(じゅうやばば) 竈注連(かましめ)
十夜寺(じゅうやでら) 竈祓(かまばらい)
十夜柿(じゅうやがき) 竈祭(かままつり)
十夜法要(じゅうやほうよう) 箕祭(みまつり)
十夜粥(じゅうやがゆ) 箕納(みおさめ)
十夜鉦(じゅうやがね) 節分籠(せつぶんごもり)
十夜(じゅうや) 節分詣(せつぶんもうで)
十日夜(とおかんや) 節季市(せっきいち)
千歳飴(ちとせあめ) 精進固(しょうじんかため)
厄の薪(やくのたきぎ) 精進落(しょうじんおち)
厄払(やくばらい) 納の大師(おさめのだいし)
厄落(やくおとし) 納の庚申(おさめのこうしん)
厄詣(やくもうで) 納の水天宮(おさめのすいてんぐう)
厄塚(やくづか) 納の金毘羅(おさめのこんぴら)
厳島鎮座祭(いつくしまちんざさい) 納め八日(おさめようか)
厳祥(げんしょう) 納札(おさめふだ)
和布刈神事(めかりのしんじ) 紐直(ひもなおし)
和布刈禰宜(めかりねぎ) 紐落((ひもおとし)
和布刈(めかり) 紐解(ひもとき)
夜神楽(よかぐら) 終天神(しまいてんじん)
大嘗祭(おおにえまつり) 終金毘羅(しまいこんぴら)
大嘗祭(だいじょうさい) 義士討入の日(ぎしうちいりのひ)
大根焚(だいこたき) 羽子板売(はごいたうり)
大祓(おおはらえ) 羽子板市(はごいたいち)
大神宮札配(だいじんぐうふだくばり) 臘日(ろうじつ)
大黒祭(だいこくまつり) 臘祭(ろうさい)
夷子祭(えびすまつり) 芝居正月(しばいしょうがつ)
夷講(えびすこう) 花神楽(はなかぐら)
嫁大根(よめだいこん) 花祭(はなまつり)
子燈心(ねとうしん) 花箭(はなや)
子祭(ねまつり) 荒神祓(こうじんばらい)
孟冬の旬(もうとうのじゅん) 荷前の使(のさきのつかい)
守歳(しゅさい) 荷前の箱(のさきのはこ)
宗像祭むなかたさい) 蜜柑捲(みかんまき)
射場始(いばはじめ) 袴着(はかまぎ)
小忌の袖(おみのそで) 諸手船神事(もろたぶねのしんじ)
小忌衣(おみごろも) 諸手船(もろたぶね)
山の神祭(やまのかみまつり) 豆はやす(まめはやす)
山の神講(やまのかみこう) 豆打(まめうち)
山の講祭(やまのこまつり) 豆撒(まめまき)
山の講(やまのこう) 豆殻挿す(まめがらさす)
川浸りの朔日(かわびたりのついたち) 豊の明り(とよのあかり)
川浸り餅(かわびたりもち) 豊明節会(とよのあかりのせちえ)
川渡しの朔日(かわわたしのついたち) 贄の熊(にえのくま)
師走の市(しわすのいち) 赤柏(あからがしわ)
帯直(おびなおし) 赤豆の粥(あずきのかゆ)
帯解(おびとき) 足揃(あしぞろえ)
年の家(としのいえ) 踏鞴祭(たたらまつり)
年の宿(としのやど) 追儺(ついな)
年の市(としのいち) 逆蓑(さかさみの)
年の湯(としのゆ) 運気蕎麦(うんきそば)
年の火(としのひ) 遠山祭(とおやままつり)
年の豆(としのまめ) 酉の市(とりのいち)
年参(としまいり) 酉の町詣(とりのまちもうで)
年取る(としとる) 酉の町(とりのまち)
年取豆(としとりまめ) 里神楽(さとかぐら)
年取(としとり) 針休み(はりやすみ)
年女(としおんな) 針供養(はりくよう)
年守る(としまもる) 針祭(はりまつり)
年守る(としもる) 針納(はりおさめ)
年宿(としやど) 鍛冶祭(かじまつり)
年湯(としゆ) 鍬納(くわおさめ)
年男(としおとこ) 鎮魂祭(たましずめまつり)
年籠(としごもり) 鎮魂祭(ちんこんさい)
年越の祓(としこしのはらえ) 門松おろし(かどまつおろし)
年越蕎麦(としこしそば) 除夜の湯(じょやのゆ)
年越詣(としこしもうで) 除夜の鐘(じょやのかね)
年送る(としおくる) 除夜詣(じょやもうで)
庭燎(にわび) 雑魚寝(ざこね)
弓場始(ゆばはじめ) 雪の山(ゆきのやま)
引上会(いんじょうえ) 雪安居(ゆきあんご)
後宴の能(ごえんののう) 雪山(ゆきやま)
後日の能(ごにちののう) 霜月祭(しもつきまつり)
御七夜(おしちや) 青摺の衣(あおずりのころも)
御十夜(おじゅうや) 面見世(つらみせ)
御厳重(ごげんじゅう) 鞴祭(ふいごまつり)
御取越(おとりこし) 頭の芋(とうのいも)
御忌祭(おいみまつり) 顔見世(かおみせ)
御暦の奏(ごりゃくのそう) 飾売(かざりうり)
御火焚おほたき) 髪置(かみおき)
御火焼(おほたき) 鬼の目さし(おにのめさし)
御燈消(おしめし) 鬼の豆(おにのまめ)
御神楽(みかぐら) 鬼は外(おにはそと)
御祭(おんまつり) 鬼やらい(おにやらい)
御籤奪(みくじうばい) 鬼打豆(おにうちまめ)
御贖物(おんあがもの) 鬼餅寒(むうちいざむ)
御髪上(みぐしあげ) 鬼餅(むうちい)
心葉(こころば) 鰯の頭挿す(いわしのかしらさす)
恵比寿講(えびすこう) 春日万燈籠(かすがまんとうろう)
悠紀の節(ゆきのせち) 晦日蕎麦(みそかそば)
掃納(はきおさめ) 暦の奏(こよみのそう)
斎宮絵馬(さいぐうのえま) 暦奏(れきそう)
新嘗会(しんじょうえ) 暮の市(くれのいち)
新嘗祭(しんじょうさい) 暮市(くれいち)
新嘗祭(にいなめさい) 札納(ふだおさめ)
日蔭の心葉(ひかげのこころば) 松ばやし(まつばやし)
日蔭の糸(ひかげのいと) 松例祭(しょうれいさい)
日蔭の蔓(ひかげのかずら) 松迎え(まつむかえ)
明治神宮祭(めいじじんぐうさい) 春日の万燈(かすがのまんとう)

 

【動物】

 

かじけ鳥(かじけどり) 犬鷲(いぬわし)
かみなりうお 狐塚(きつねづか)
ごんどう鯨(ごんどうくじら) 狐(きつね)
しまふくろう 狢(むじな)
しろふくろう 狸(たぬき)
ふくら雀(ふくらすずめ) 狼(おおかみ)
むささび 猫鮫(ねこざめ)
ももんが 猿さかる(さるさかる)
三十三才(みそさざい) 番鴛鴦(つがいおし)
丹頂(たんちょう) 白千鳥(しろちどり)
兄鷂(このり) 白熊(しろくま)
兎(うさぎ) 白狐(しろぎつね)
兜蝶(かぶとちょう) 白長須鯨(しろながすくじら)
冬の犬(ふゆのいぬ) 白鳥(はくちょう)
冬の雁(ふゆのかり) 百合鴎(ゆりかもめ)
冬の鯛(ふゆのたい) 真鱈(まだら)
冬の鳥(ふゆのとり) 真鴨(まがも)
冬の鵙(ふゆのもず) 真鶴(まなづる)
冬の鶯(ふゆのうぐいす) 磯千鳥(いそちどり)
冬の鹿(ふゆのしか) 磯鷲(いそわし)
冬眠(とうみん) 禿鷲(はげわし)
冬雲雀(ふゆひばり) 穴熊(あなぐま)
冬鴎(ふゆかもめ) 竈猫(かまどねこ)
冬鵙(ふゆもず) 竹麦魚(ほうぼう)
冬鶯(ふゆうぐいす) 笹鳴(ささなき)
冬鷺(ふゆさぎ) 糸魚(いとうお)
凍雀(こごえすずめ) 緋鳥鴨(ひどりがも)
凍鳥(いてどり) 羆(ひぐま)
凍鶴(いてづる) 羚羊(かもしか)
刺羽(さしば) 群千鳥(むらちどり)
剣羽(つるぎば) 若鷹(わかたか)
助宗鱈(すけそうだら) 荒鷲(あらわし)
北極狐(ほっきょくぎつね) 荒鷹(あらたか)
北狐(きたきつね) 葦鴨(あしがも)
十字狐(じゅうじぎつね) 葭切鮫(よしきりざめ)
千島狐(ちしまぎつね) 葭鴨(よしがも)
千鳥掛(ちどりがけ) 蒼鷹(もろがえり)
千鳥足(ちどりあし) 蓑葭(みのよし)
千鳥(ちどり) 蓑鴨(みのがも)
友千鳥(ともちどり) 藪鶯(やぶうぐいす)
夕千鳥(ゆうちどり) 虎鮫(とらざめ)
夕波千鳥(ゆうなみちどり) 蝦夷狼(えぞおおかみ)
大白鳥(おおはくちょう) 蝦夷鼬(えぞいたち)
大鷲(おおわし) 袖黒鶴(そでくろづる)
大鷹(おおたか) 豺(やまいぬ)
姉羽鶴(あねはづる) 貂(てん)
寒の鵙(かんのもず) 赤熊(あかぐま)
寒犬(かんけん) 赤狐(あかぎつね)
寒狐(かんぎつね) 越後兎(えちごうさぎ)
寒猿(かんえん) 遠千鳥(とおちどり)
寒禽(かんきん) 野兎(のうさぎ)
寒立(かんだち) 金頭(かながしら)
寒苦鳥(かんくどり) 金黒羽白(きんくろはじろ)
寒雀(かんすずめ) 鈴鴨(すずがも)
寒雁(かんがん) 銀杏羽(いちょうば)
寒鮒(かんぶな) 銀狐(ぎんぎつね)
寒鯛(かんだい) 鋸鮫(のこぎりざめ)
寒鰈(かんがれい) 鍋鶴(なべづる)
寒鰤(かんぶり) 長須鯨(ながすくじら)
寒鴉(かんあ) 隼(はやぶさ)
寒鴉(かんがらす) 雀鷂(つみ)
寒鶯(かんおう) 離鴛鴦(はなれおし)
寒鷹(かんだか) 雪の犬(ゆきのいぬ)
小千鳥(こちどり) 雪兎(ゆきうさぎ)
小夜千鳥(さよちどり) 雪虫(ゆきむし)
小隼(こはやぶさ) 雪蛍(ゆきぼたる)
小鯨(こくじら) 雪魚(たら)
小鳴(こなき) 雪鳥(ゆきどり)
小鴨(こがも) 霜の鶴(しものつる)
小鷹(こたか) 霜夜の鶴(しもよのつる)
尾白鷲(おじろわし) 青頸(あおくび)
尾長鴨(おなががも) 青鮫(あおざめ)
山犬(やまいぬ) 頬白鴨(ほおじろがも)
島千鳥(しまちどり) 鮪網(まぐろあみ)
川千鳥(かわちどり) 鮪船(まぐろぶね)
巧婦鳥(たくみどり) 鮪釣(まぐろつり)
座頭鯨(ざとうくじら) 鮪(まぐろ)
思羽(おもいば) 鮫(さめ)
悦哉(えっさい) 鯨(くじら)
抹香鯨(まっこうくじら) 鰭酒(ひれざけ)
撞木鮫(しゅもくざめ) 鰭長(びんなが)
方頭魚(かながしら) 鰯鯨(いわしくじら)
旗魚鮪(かじきまぐろ) 鰰(はたはた)
旗魚(かじき) 鱈ちり(たらちり)
星羽白(ほしはじろ) 鱈子(たらこ)
星鮫(ほしざめ) 鱈汁(たらじる)
暖鳥(ぬくめどり) 鱈(たら)
月夜千鳥(つきよちどり) 鱶(ふか)
月輪熊(つきのわぐま) 鴛鴦(おしどり)
木菟(ずく) 鴛鴦の契(おしのちぎり)
木菟(みみずく) 鴛鴦の毛衣(おしのけごろも)
本鮪(ほんまぐろ) 鴛鴦の沓(おしのくつ)
松葉蟹(まつばがに) 鴛鴦の衾(おしのふすま)
柳葉魚(ししゃも) 鴛鴦の褥(おしのしとね)
梟鳴く(ふくろうなく) 鴨打(かもうち)
梟(ふくろう) 鴨舟(かもぶね)
残り鷺(のこりさぎ) 鴨道(かもみち)
母食鳥(ははくいどり) 鴨(かも)
氈鹿(かもしか) 鵠(くぐい)
水禽(すいきん) 鵤千鳥(いかるちどり)
水鳥(みずとり) 鶴凍つ(つるいつ)
氷下魚(こまい) 鶴(つる)
河豚(ふぐ) 鷲(わし)
浜千鳥(はまちどり) 鷹渡る(たかわたる)
浦千鳥(うらちどり) 鷹(たか)
浮寝鳥(うきねどり) 黒熊(くろくま)
海雀(うみすずめ) 黒狐(くろぎつね)
火魚(ひうお) 黒鮪(くろまぐろ)
灰猫(はいねこ) 黒鳥(こくちょう)
炬燵猫(こたつねこ) 黒鴨(くろがも)
熊鷹(くまたか) 黒鶴(くろづる)
熊(くま) 鼬(いたち)
牡蠣(かき) 大綿虫(おおわたむし)

 

【植物】

 

かぶらな 白南天(しろなんてん)
かぶ菜(かぶな) 白菜(はくさい)
ざんぼ 白菜漬(はくさいづけ)
ざんぼあ 秋無草(あきなぐさ)
すいぐき菜(すいぐきな) 紅葉散る(もみじちる)
すずな 緋寒桜(ひかんざくら)
せん切(せんぎり) 臘梅(ろうばい)
ぼんたん 花八手(はなやつで)
まつ菜(まつな) 花枇杷(はなびわ)
ゆで菜(ゆでな) 芽麦(めむぎ)
九年母(くねんぼ) 茶の花(ちゃのはな)
乳柑(にゅうかん) 草珊瑚(くささんご)
二度咲(にどざき) 菊の冬至芽(きくのとうじめ)
人参(にんじん) 菘(あおな)
仏手柑(ぶしゅかん) 菘(すずな)
仙蓼(せんりょう) 落葉山(おちばやま)
体菜(たいな) 落葉掻(おちばかき)
信夫菜(しのぶな) 落葉時(おちばどき)
八手の花(やつでのはな) 落葉松散る(からまつちる)
冬の柳(ふゆのやなぎ) 落葉焚(おちばたき)
冬の梅(ふゆのうめ) 落葉籠(おちばかご)
冬の梨(ふゆのなし) 落葉(おちば)
冬の苔(ふゆのこけ) 葉菜(はな)
冬の草(ふゆのくさ) 葉葱(はねぎ)
冬の菊(ふゆのきく) 葱畑(ねぎばたけ)
冬の薔薇(ふゆのばら) 葱(ねぎ)
冬木の桜(ふゆきのさくら) 蔓菁(あおな)
冬木の芽(ふゆきのめ) 蕪(かぶ)
冬木中(ふゆきなか) 蜜柑山(みかんやま)
冬木原(ふゆきばら) 蜜柑畑(みかんばたけ)
冬木宿(ふゆきやど) 蜜柑(みかん)
冬木影(ふゆきかげ) 裸木(はだかぎ)
冬木瓜(ふゆぼけ) 野沢菜(のざわな)
冬木立(ふゆこだち) 銀杏枯る(いちょうかる)
冬木道(ふゆきみち) 銀杏落葉(いちょうおちば)
冬木(ふゆき) 雪折(ゆきおれ)
冬林檎(ふゆりんご) 雪海苔(ゆきのり)
冬柳(ふゆやなぎ) 雪菜(ゆきな)
冬桜(ふゆざくら) 雪見草(ゆきみぐさ)
冬椿(ふゆつばき) 霜の菊(しものきく)
冬牡丹(ふゆぼたん) 霜枯(しもがれ)
冬紅葉(ふゆもみじ) 霜見草(しもみぐさ)
冬至梅(とうじばい) 青木の実(あおきのみ)
冬至芽(とうじめ) 香橙(こうとう)
冬芹(ふゆぜり) 黒海苔(くろのり)
冬芽(とうが) 帰り咲(かえりざき)
冬芽(ふゆめ) 帰り花(かえりばな)
冬草(ふゆくさ) 干大根(ほしだいこ)
冬菊(ふゆぎく) 忘れ花(わすればな)
冬菜(ふゆな) 散紅葉(ちりもみじ)
冬菫(ふゆすみれ) 文旦(ぶんたん)
冬葱(ふゆねぎ) 早咲の梅(はやざきのうめ)
冬蔦(ふゆづた) 早咲の椿(はやざきのつばき)
冬蕨(ふゆわらび) 早梅(そうばい)
冬薔薇(ふゆばら) 木の葉の時雨(このはのしぐれ)
冬薔薇(ふゆそうび) 木の葉の雨(このはのあめ)
冬青草(ふゆあおくさ) 木の葉散る(このはちる)
初見草(はつみぐさ) 木の葉焼く(このはやく)
匙菜(さじな) 木の葉(このは)
千両(せんりょう) 木蔦(きづた)
千六本(せんろっぽん) 朱欒(ざぼん)
南京梅(なんきんうめ) 朴落葉(ほおおちば)
南天の実(なんてんのみ) 朽葉(くちば)
唐梅(からうめ) 杓子菜(しゃくしな)
唐菜(とうな) 枇杷の花(びわのはな)
回青橙(かいせいとう) 枇杷咲く(びわさく)
囲大根(かこいだいこ) 枯山吹(かれやまぶき)
土大根(つちだいこ) 枯木宿(かれきやど)
埋大根(いけだいこ) 枯木星(かれきぼし)
大根時(だいこんどき) 枯木立(かれこだち)
大根畑(だいこんばたけ) 枯木道(かれきみち)
大根(だいこん) 枯木(こぼく)
天狗の羽団扇(てんぐのはうちわ) 枯枝(かれえだ)
実南天(みなんてん) 枯柳(かれやなぎ)
室の梅(むろのうめ) 枯桜(かれざくら)
室の花(むろのはな) 枯芙蓉(かれふよう)
室咲(むろざき) 枯葉(かれは)
寒木瓜(かんぼけ) 柊の花(ひいらぎのはな)
寒木(かんぼく) 柳枯る(やなぎかる)
寒林(かんりん) 柿落葉(かきおちば)
寒桜(かんざくら) 根深(ねぶか)
寒梅(かんばい) 梅早し(うめはやし)
寒椿(かんつばき) 椪柑(ぽんかん)
寒海苔(かんのり) 榎枯る(えのきかる)
寒牡丹(かんぼたん) 橙(だいだい)
寒紅梅(かんこうばい) 櫟枯る(くぬぎかる)
寒草(かんそう) 欅枯る(けやきかる)
寒菊(かんぎく) 残る紅葉(のこるもみじ)
寒葵(かんあおい) 沢庵大根(たくあんだいこ)
寒薄(かんすすき) 沢庵漬(たくあんづけ)
寒薔薇(かんそうび) 油菜(あぶらな)
寒蘭(かんらん) 深葱(ふかねぎ)
小松菜(こまつな) 漬菜(つけな)
山茶花(さざんか) 布袋菜(ほていな)

 

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
一覧伝統季語日本語言葉
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました