スポンサーリンク

【春を表現する言葉一覧】季語 – 季節の美しい言葉

【春を表現する言葉一覧】季語 - 季節の美しい言葉 一覧
スポンサーリンク

『春』の季語を読み方と意味付きで一覧にまとめました。 日本の春の季節を連想させる情緒ある美しい言葉です。春の情景を表す素敵な言葉をご覧ください。

 

春の季語 一覧

 

【時候】

 

雨水(うすい) 類:雨水
■ 雪よりも雨が多くなり草木が芽を出すといった季節感
夏近し(なつちかし) 類:夏近し
■ 春というよりも夏が近い感じの頃
花の雨(はなのあめ) 類:花の雨
■ 桜の咲くころに降る雨
花過ぎ(はなすぎ) 類:花過ぎ
■ 桜の花が咲き終わってしまった頃
花時(はなどき) 類:花時
■ 桜を中心に、さまざまな花の咲き出す時期
花曇(はなぐもり) 類:花曇
■ 桜の咲くころの曇天
花冷(はなびえ) 類:花冷
■ 桜の咲く頃の冷え込み
霞(かすみ) 類:霞
■ 古くから歌人に詠まれている春の季題
貝寄風(かいよせ) 類:貝寄風
■ 大阪四天王寺の聖霊会からの故事
寒明(かんあけ) 類:寒明
■ 寒の三十日間が明けること
旧正月(きゅうしょうがつ) 類:旧正月
■ 旧暦の正月
魚氷に上る(うおひにのぼる) 類:魚氷に上る
■ 少し暖かくなり、魚も氷の上に出てくるようになる
啓蟄(けいちつ) 類:啓蟄
■ 冬眠の地虫、蛇、蜘蛛などが穴から出てくること
行く春(ゆくはる) 類:行く春
■ 惜春の感慨をこめた春の終わり
佐保姫(さおひめ) 類:佐保姫
■ 春をつかさどる女神
菜種梅雨(なたねづゆ) 類:菜種梅雨
■ 菜の花の咲く頃に続く雨
冴返る(さえかえる) 類:冴返る
■ いったん暖かくなって、また寒さがぶり返すこと
桜東風(さくらごち) 類:桜東風
■ 桜、梅、雲雀のころにそれぞれ吹く東風
笹起きる(ささおきる) 類:笹起きる
■ 笹の上に積もった雪が解け、倒れていた笹が起きあがる
三月(さんがつ) 類:三月
■ 寒暖をくりかえしながら、暖かさを増してゆく月
山覚める(やまさめる) 類:山覚める
■ 根雪が解け始めるころ
山笑う(やまわらう) 類:山笑う
■ 草木の芽吹き始めた淡い色合いの春の山の形容
残る雪(のこるゆき) 類:残る雪
■ 日の当たらない物陰などの残雪
四月(しがつ) 類:四月
■ 春たけなわの月、花、農作業、新入社員等々
汐干潟(しおひがた) 類:汐干潟
■ 旧暦三月三日頃の大潮は干満の差が大きく遠くまで干上
汐干寒(しおひざむ) 類:汐干寒
■ 汐干狩どきの寒さ
春(はる) 類:春
■ 立春から立夏の前日まで
春の闇(はるのやみ) 類:春の闇
■ 月のない春の夜のしっとりとした闇
春の雲(はるのくも) 類:春の雲
■ ふんわりと霞むような春の雲
春の海(はるのうみ) 類:春の海
■ のたりのたいとおだやかに広がる春らしい海
春の空(はるのそら) 類:春の空
■ 晴れた日でも春空は白くかすみ、天候は変わりやすい
春の空気(はるのくうき) 類:春の空気
■ 春らしい空気
春の月(はるのつき) 類:春の月
■ 朧なるを賞で、さやけきを賞でつのは秋の月
春の山(はるのやま) 類:春の山
■ 春らしいのどかに霞のかかった山
春の宵(はるのよい) 類:春の宵
■ 春宵一刻値千金の詩句から出た
春の水(はるのみず) 類:春の水
■ 雪解水や雨で満々とした湖沼や川の水
春の星(はるのほし) 類:春の星
■ 春の星はおぼろに柔らかい
春の雪(はるのゆき) 類:春の雪
■ しめっぽく、解けやすい。降るそばから消える
春の川(はるのかわ) 類:春の川
■ 水かさも増し、のどかに流れる春らしい川
春の霜(はるのしも) 類:春の霜
■ 春になってから降りる霜
春の土(はるのつち) 類:春の土
■ 雪が解け、日差しにぬくもった土
春の虹(はるのにじ) 類:春の虹
■ 春に出る虹
春の日(はるのひょう) 類:春の日
■ 春の日の光、または春の一日
春の波(はるのなみ) 類:春の波
■ 明るくきらめく春の精気に満ちた波
春の暮(はるのくれ) 類:春の暮
■ 春の夕に同じ
春の夜(はるのよ) 類:春の夜
■ おぼろにかすみ、湿り気を帯びた感じで艶っぽい
春の野(はるのの) 類:春の野
■ 若菜を摘んだり、下萌を踏み歩いたりする野
春の夕(はるのゆうべ) 類:春の夕
■ うっとりとかすむような春の夕暮れ
春の夕焼(はるのゆうやけ) 類:春の夕焼
■ やわらかい春の夕焼け
春の雹(はるのひょう) 類:春の雹
■ 春に降る雹。農作物に被害を与える事もある
春の霙(はるのみぞれ) 類:春の霙
■ 春の霙は雪が少なく直ぐに雨になることが多い
春の霰(はるのあられ) 類:春の霰
■ 春になって降る霰。苗や芽をいためたりする
春は曙(はるはあけぼの) 類:春は曙
■ はるのよあけ
春めく(はるめく) 類:春めく
■ 春らしくなること
春一番(はるいちばん) 類:春一番
■ 春になって一番初めに吹く南風。春の訪れ
春陰(しゅんいん) 類:春陰
■ 春の曇りがちの天候
春雨(はるさめ) 類:春雨
■ しとしとと降るのが春雨。長く降るのはしゅんりん
春寒(はるさむ) 類:春寒
■ 立春後の寒さ
春暁(しゅんぎょう) 類:春暁
■ はるのあかつき、よあけそのもの
春光(しゅんこう) 類:春光
■ 光輝く春の日光。また風向や景色
春時雨(はるしぐれ) 類:春時雨
■ 明るくはらはらと通り過ぎる
春疾風(はるはやて) 類:春疾風
■ 雨はともなわない春の塵っぽい突風
春暑し(はるあつし) 類:春暑し
■ 春の汗ばむような日
春深し(はるふかし) 類:春深し
■ 春もいよいよ盛りを過ぎる頃
春塵(しゅんじん) 類:春塵
■ 雪どけ後強風に飛ぶ土ぼこり
春惜む(はるおしむ) 類:春惜む
■ ゆく春を惜しむこと
春節(しゅんせつ) 類:春節
■ 中国の正月、日本の旧正月にあたる
春浅し(はるあさし) 類:春浅し
■ 冬の感じの中の春の気配
春昼(しゅんちゅう) 類:春昼
春潮(しゅんちょう) 類:春潮
■ 干満の差が激しい春の潮
春泥(しゅんでい) 類:春泥
■ 雪解け、凍解や春雨によるぬかるみ
春田(はるた) 類:春田
■ まだ耕していない春の田
春風(はるかぜ) 類:春風
■ のどかな春の日に吹く風
春分(しゅんぶん) 類:春分
■ 啓蟄の十五日後
春雷(しゅんらい) 類:春雷
■ 季節の移り変わりを告げる雷
春嵐(はるあらし) 類:春嵐
■ 春先に吹く強い風
初春(しょしゅん) 類:初春
■ 三春の初めの春
初雷(はつらい) 類:初雷
■ 立春後、初めて鳴る雷。春の到来を告げる
水温む(みずぬるむ) 類:水温む
■ 春の日差しでぬくもった水
清明(せいめい) 類:清明
■ 4月4日頃、みな清く明るい感じになってくる
雪の果(ゆきのはて) 類:雪の果
■ 涅槃会前後に降るしまいの雪
雪解(ゆきどけ) 類:雪解
■ 春、積雪がとけること
雪間(ゆきま) 類:雪間
■ 雪が解け、ところどころに土が見える隙間
雪代(ゆきしろ) 類:雪代
■ 山の雪が解けて一気に川や海、野原や田流れ出る
雪崩(なだれ) 類:雪崩
■ 山や屋根の積雪がゆるみ、滑り落ちるもの
早春(そうしゅん) 類:早春
■ 立春後、二月いっぱいをさす
暖か(あたたか) 類:暖か
■ 春の心地よい温度
遅日(ちじつ) 類:遅日
■ 日が伸びたことだが、夕方に重きをおいた感じ
仲春(ちゅうしゅん) 類:仲春
■ 新暦の三月頃
長閑(のどか) 類:長閑
■ のんびりとおだやかな春の気分
鳥曇(とりぐもり) 類:鳥曇
■ 渡り鳥が、春に北へ帰る頃の曇り空
凍解(いてどけ) 類:凍解
■ 早春、凍結していた地面がゆるんでくること
凍返る(いてかえる) 類:凍返る
■ いったんゆるんだ凍てがぶり返すこと
東風(こち) 類:東風
■ 春先、東から吹く強い風
二月(にがつ) 類:二月
■ まだ寒い
二月尽(にがつじん) 類:二月尽
■ 二月の終わりの日、厳しい冬がようやく終わる
日永(ひなが) 類:日永
■ 春分を過ぎ、日ごと日が長く感じること
如月(きさらぎ) 類:如月
■ 旧暦二月の異称
薄氷(うすらい) 類:薄氷
■ 春になってからうっすらと張る氷
八十八夜(はちじゅうはちや) 類:八十八夜
■ 立春から八十八日目、5月2、3日頃
斑雪(はだれ) 類:斑雪
■ まだらに積もった春の雪。あるいは解け残った雪
晩春(ばんしゅん) 類:晩春
■ 新暦の四月頃、春も終わりに近い
彼岸(ひがん) 類:彼岸
■ 春分と前後各三日
彼岸寒(ひがんざむ) 類:彼岸寒
■ 彼岸の頃の、木の芽が出る頃の寒さ
比良八荒(ひらはっこう) 類:比良八荒
■ 比良大明神で叡山の衆徒が修した法華八講。寒気の戻り
氷解く(こおりとく) 類:氷解く
■ 張りつめていた川や湖の氷が解け出すこと
苗代寒(なわしろざむ) 類:苗代寒
■ 苗代を作る2~6月の寒さ
風光る(かぜひかる) 類:風光る
■ 日差しが強くなり、吹く風が鋭く光るように感じられること
別れ霜(わかれじも) 類:別れ霜
■ 夏近くなって降る最後の霜
暮の春(くれのはる) 類:暮の春
■ 春期の終わり
抱卵期(ほうらんき) 類:抱卵期
■ 獣や鳥が交尾するころ、また卵を抱く時期
睦月(むつき) 類:睦月
■ 旧暦一月の異称
末黒野(すぐろの) 類:末黒野
■ 枯れ草を焼き払い、黒々とした野のこと
木の芽時(このめどき) 類:木の芽時
■ 木が芽を出す時期、人の身体も変調きたしたりする時期
木の根開く(きのねあく) 類:木の根開く
■ 木の根もとの雪が一番先に解けること
目借時(めかりどき) 類:目借時
■ 晩春、蛙の声を聞いていると眠くなるさま
弥生(やよい) 類:弥生
■ 新暦の三月末から四月末
弥生尽(やよいじん) 類:弥生尽
■ 旧暦三月の最後の日
余寒(よかん) 類:余寒
■ 寒が明けてから、なお残る寒さ
陽炎(かげろう) 類:陽炎
■ 地上からの水蒸気により、物の形が揺らいで見えること
立春(りっしゅん) 類:立春
■ 節分の翌日
流氷(りゅうひょう) 類:流氷
■ 春の暖かさでゆるんで漂流する氷塊
龍天に昇る(りゅうてんにのぼる) 類:龍天に昇る
■ 春の盛んな気に乗じて龍が昇天すると信じられていた
麗か(うららか) 類:麗か
■ 晴れた日ののどかな様子
朧(おぼろ) 類:朧
■ 大気が水蒸気を含んで、万物がぼんやりと見える様子
朧月(おぼろづき) 類:朧月
■ 月光がぼんやりと滲んだ春の月
涅槃西風(ねはんにし) 類:涅槃西風
■ 彼岸の頃、一週間ほど吹き続ける西風
涅槃雪(ねはんゆき) 類:涅槃雪
■ 彼岸頃に降る雪
蜃気楼(しんきろう) 類:蜃気楼
■ 太陽光線の屈折から、空中に船、風景などが浮かんだりす

【行事】【生活】

 

お水取(おみずとり) 類:修二会 若狭の井
■ 東大寺二月堂で行われる修二会の中の行事
スキーしまう(すきーしまう) 類:橇しまう 捨橇
■ スキーや橇を物置、納屋などにしまうこと
どんたく(どんたく) 類:
■ 五月三日、九州博多の祭
バレンタインデー(ばれんたいんでー) 類:バレンタインの日
■ 二月十四日。聖バレンタイン殉教の日
ぶらんこ(ぶらんこ) 類:
■ 古くは中国から伝わった大人の遊び
ボートレース(ぼーとれーす) 類:競漕 レガッタ
■ 数多く行われるのは春
みどりの日(みどりのひ) 類:
■ 四月二十九日、祝日。昭和天皇の誕生日
メーデー(めーでー) 類:労働祭 メーデー歌
■ 五月一日、労働者が集まる祭日
阿国忌(おくにき) 類:
■ 四月十五日
安良居祭(やすらいまつり) 類:今宮祭 花踊
■ 四月十日、京都の今宮神社で行われる花鎮めの祭
伊勢参(いせまいり) 類:伊勢詣 お陰参 抜参
■ 春になって伊勢の神宮に参詣すること
磯開き(いそびらき) 類:磯の口開 初磯 口明祭
■ 海藻、貝類の採集解禁日
磯菜摘(いそなつみ) 類:磯菜
■ 春の磯で海藻を摘むこと
磯焚火(いそたきび) 類:磯竃
■ 海女が浜であたる焚火をいう
磯遊(いそあそび) 類:磯祭
■ 春の大潮の頃、磯部で遊ぶこと
一夜官女(いちやかんじょ) 類:
■ 二月二十日、住吉神社の奇祭
芋植う(いもうう) 類:種芋
■ 里芋や八つ頭の種芋を植えること
遠足(えんそく) 類:遠足子
■ 主に学校で、野山や海へ一日の行楽をすること
屋根替(やねがえ) 類:葺替 屋根葺く 屋根繕う
■ 風雪で傷んだ屋根を修繕したり、葺替えたりすること
嫁菜摘む(よめなつむ) 類:嫁菜飯
■ 飯や浸しものなどにする嫁菜を摘むこと
河豚供養(ふぐくよう) 類:
■ 三月下旬、豚供養の放生会の行事
花衣(はなごろも) 類:桜襲 花の袖
■ 花見に着る晴着
花見(はなみ) 類:桜狩 観桜 花見弁当 花見茶屋
■ 桜の花を愛でること
花御堂(はなみどう) 類:高花 天道花 花の塔
■ 花で屋根を葺いた仏生会の御堂
花菜漬(はななづけ) 類:
■ 菜の花の漬物
花守(はなもり) 類:花の主 桜守
■ 花時に、桜の名所の番をする人や園丁のこと
花人(はなびと) 類:花見人 桜人
■ 花見をする人
花疲れ(はなづかれ) 類:花見疲れ
花粉症(かふんしょう) 類:杉花粉症 花粉マスク
■ 杉などの花粉によるアレルギー症状
花筵(はなむしろ) 類:花見茣蓙 花の幕
■ 花見のために敷いた筵
花篝(はなかがり) 類:花雪洞
■ 花の名所などで夜焚く篝火
海女(あま) 類:海女の笛 磯嘆き 磯笛 海人
■ 潜水し、貝類、海藻類を採る女
絵踏(えぶみ) 類:踏絵
■ マリア像やキリスト十字架を刻んだ木版を踏ませる
開帳(かいちょう) 類:出開帳 居開帳
■ 寺院で厨子を開き、秘仏を拝ませること
垣手入れ(かきていれ) 類:垣繕う
■ 雪や寒風で傷んだ垣根を修理すること
干鱈(ひだら) 類:鱈干す 乾鱈 棒鱈 芋棒
■ 塩づけして干した鱈
干鰈(ほしがれい) 類:鰈干す 蒸鰈 でびら
■ 鰈の干したもの
甘茶(あまちゃ) 類:甘茶仏 甘茶寺
■ 木甘茶の葉と甘草の根を煎じたもの
観潮(かんちょう) 類:渦潮 観潮船
■ 彼岸の頃の大潮の大渦を観ること
雁風呂(がんぶろ) 類:雁供養
■ 雁供養の心で風呂に入るという伝説による季
祇王忌(ぎおうき) 類:
■ 旧暦二月十四日
義士祭(ぎしまつり) 類:
■ 東京高輪の泉岳寺で四月一日から行われる
虚子忌(きょしき) 類:椿寿忌
■ 四月八日
曲水(きょくすい) 類:曲水の宴 盃流し
■ 平安貴族の宴に行った遊び
桑解く(くわとく) 類:桑
■ 風雪害の為に括っておいた桑の枝をほどくこと
桑摘(くわつみ) 類:桑籠
■ 桑の葉を摘み蚕に与えること
畦塗(あぜぬり) 類:塗畦
■ 田の水漏れを防ぐため、畦を塗り固めること
鶏合(とりあわせ) 類:闘鶏 賭鶏 勝鶏 負鶏
■ 三月三日、宮中で行われた闘鶏
御影供(みえいく) 類:
■ 四月二十一日、真言宗開祖、弘法大師の忌日法会
御忌(ぎょき) 類:
■ 四月二十五日、法然上人の忌日法会
御身拭(おみぬぐい) 類:
■ 京都嵯峨の清涼寺釈迦堂で行う儀式
光悦忌(こうえつき) 類:
■ 旧暦二月三日
耕(たがえし) 類:春耕 耕人 たがやし 春田打
■ 冬の間に固くなった田畑の土をうち返すこと
根分(ねわけ) 類:菊根分 萩根分 菖蒲根分
■ 多年草の草花の新芽をつけて株分けすること
菜飯(なめし) 類:菜飯茶屋
■ 葉を細かくきざみ、混ぜ合わせた飯
桜祭(さくらまつり) 類:
■ 京都の平野神社、大分の宇佐神宮中祭などが有名
桜漬(さくらづけ) 類:花漬 桜湯
■ 桜の花の塩漬。熱湯を注ぐと香気が立ち、花が開く
桜餅(さくらもち) 類:
■ しん粉の薄皮で餡をくるみ、塩付の桜葉で包んだ菓子
三鬼忌(さんきき) 類:
■ 四月一日
山焼(やまやき) 類:奈良の山焼 お山焼 山火
■ 山の下草を焼くこと
蚕飼(こがい) 類:養蚕 飼屋 蚕屋
■ 絹糸をとるために蚕を飼うこと
四月馬鹿(しがつばか) 類:エイプリル・フール 万愚節
■ 四月一日、エイプリル・フールのこと
試験(しけん) 類:入学試験 卒業試験 合格 落第
■ 春、入学、進級、就職などのために行われる
汐干狩(しおひがり) 類:汐干貝 汐干籠 浅蜊堀 貝拾い
■ 汐の引いた干潟で浅蜊や蛤を掘る春の行楽
実朝忌(さねともき) 類:
■ 旧暦一月二十七日
芝焼(しばやき) 類:草焼く 芝火
■ 土手や庭先の芝や枯草を焼くこと
謝肉祭(しゃにくさい) 類:カーニバル
■ カトリック教国で四旬祭の前に行う祭
若布刈(わかめがり) 類:若布干す 若布売 若布刈舟
■ 竹の先に鎌をつけた竿で若布を刈り取ること
種蒔(たねまき) 類:種降し 籾蒔く 花種蒔く 
■ 苗代に籾をまくこと。野菜や草花の種もいう
種浸し(たねひたし) 類:籾浸ける 種井 種案山子 種俵
■ 発芽を促すために、俵やかますにいれて水に浸すこと
種選(たねえらび) 類:籾選 種選たねえり
■ 種や籾や豆を塩水に浸し、丈夫な種を選ぶこと
受験(じゅけん) 類:受験子 受験生 受験宿
■ 入学や就職などの試験を受ける
十三詣(じゅうさんまいり) 類:知恵貰い 知恵詣
■ 四月十三日、京都嵐山の法輪寺に十三歳の男女が詣でる
春コート(はるこーと) 類:春外套
■ 春に着る軽いコート
春ショール(はるしょーる) 類:春のスカーフ
■ 防寒用ではなく、軽く、淡い色調の春のおしゃれ
春セーター(はるせーたー) 類:
春の園(はるのその) 類:春苑 春の庭
■ 草が萌え、花が咲き、鳥が鳴いているような庭や公園
春の家(はるのいえ) 類:春館
■ のどかな春らしいしつらえの家
春の航(はるのこう) 類:春航
■ 春の海を船でゆくこと
春の風邪(はるのかぜ) 類:
■ 命にかかわる風邪ではないが、何となく艶っぽい
春の夢(はるのゆめ) 類:
■ 春眠にみる夢
春の炉(はるのろ) 類:春ストーブ 春暖炉
■ 春になっても使っている炉
春袷(はるあわせ) 類:
■ 春に着る軽やかな袷の着物
春雨傘(はるさめがさ) 類:
■ 春の雨にさす傘
春火鉢(はるひばち) 類:春火桶
■ 春になっても置かれている火鉢や火桶
春休み(はるやすみ) 類:
■ 学年末から新学期までの休み。
春興(しゅんこう) 類:春愉し 春意 春情
■ のどかな春を楽しむこと。また、その心
春祭(はるまつり) 類:
■ 作物の豊穣を祈り、春に行われる祭の総称
春芝居(はるしばい) 類:弥生狂言 三月狂言 三の替
■ 春らしい演し物の芝居
春社(しゅんしゃ) 類:社日 治聾酒
■ 春分に最も近い戊の日で、春の社日を春社という
春愁(しゅんしゅう) 類:春愁い 春怨
■ 春の何んとはなしにもの憂い感じ
春障子(はるしょうじ) 類:
■ 春の日差しを受けた明るい白障子
春場所(はるばしょ) 類:三月場所 大阪場所 浪花場所
■ 三月大阪で行われる大相撲本場所
春燈(しゅんとう) 類:春灯 春の灯 春の燭
■ はんなりとした春の灯火
春闘(しゅんとう) 類:
■ 賃上げなどを求める労働組合の闘争
春日祭(かすがまつり) 類:申祭
■ 春日大社の大祭
春日傘(はるひがさ) 類:
■ 晩春の日ざしにさす日傘
春服(しゅんぷく) 類:春の服 春装
■ 軽く明るい雰囲気の春の衣類
春帽子(はるぼうし) 類:
■ 春寒の頃、また、春日の強い頃かぶる帽子
春眠(しゅんみん) 類:
■ 寝心地の良い春の眠り
春卵(はるたまご) 類:
■ 一年中ある玉子だが、特に生命感の張る春の玉子
春炬燵(はるこたつ) 類:
■ 春になっても使っている炬燵
初午(はつうま) 類:一の午 二の午 三の午 初午詣
■ 二月初午の日
小町忌(こまちき) 類:小野小町忌
■ 旧暦三月十八日
鐘供養(かねくよう) 類:
■ 晩春に寺々でする梵鐘供養
植木市(うえきいち) 類:苗箱 苗札 苗木植う 苗木市
■ 彼岸の頃は木の移植にいいので市がたつ
新社員(しんしゃいん) 類:新教師
■ 入社したての社員
針供養(はりくよう) 類:針納め 針祀る 針祭
■ 二月八日。古い針を供養して納め、裁縫の上達を願う
人丸忌(ひとまるき) 類:人麿忌
■ 旧暦三月十八日
壬生念仏(みぶねんぶつ) 類:壬生狂言 壬生祭 壬生の鉦
■ 京都壬生寺で行われる大念仏会
酢茎(すぐき) 類:酢茎売
■ 独特の酸味のある酢茎菜の漬物
水口祭り(みなくちまつり) 類:苗代祭 田祭
■ 田の神、水の神、さんぱい様を祀ること
雛(ひな) 類:ひひな 雛人形 内裏雛 貝雛
■ 雛壇にかざる人形
雛あられ(ひなあられ) 類:雛菓子
■ 雛壇に供える美しい色のあられ
雛祭(ひなまつり) 類:雛の客 雛の宿 雛の間 雛遊
■ 三月三日、桃の節句祭り
雛市(ひないち) 類:雛店
■ 雛祭の雛や道具類を売る市
雛納(ひなおさめ) 類:
■ 雛祭の後、雛や道具類をしまうこと
雛流し(ひなながし) 類:流し雛 雛送り 捨雛
■ けがれを祓うため三月三日の夕、川へ流す行事
聖霊会(しょうりょうえ) 類:太子会 太子忌 貝の華
■ 大阪四天王寺の聖徳太子の忌日法会
西行忌(さいぎょうき) 類:
■ 旧暦二月十五日
青き踏む(あおきふむ) 類:踏青
■ 春の野遊び、そぞろ歩きの意。
青饅(あおぬた) 類:
■ 青い菜や葱などをゆでて、酢味噌で和えた料理
石鹸玉(しゃぼんだま) 類:
■ 石鹸液をストローの先につけて吹く春の戸外の遊び
雪囲解く(ゆきがこいとく) 類:雪除取る 雪吊解く 霜除解く
■ 風雪から家や庭木を守った囲いを春になって外すこと
雪割(ゆきわり) 類:雪切
■ 踏み固められ、凍りついた雪を割ったり切ったりして捨てること
先帝祭(せんていさい) 類:先帝会
■ 下関赤間宮で行う安徳天皇の忌日法会
浅蜊汁(あさりじる) 類:浅蜊売 浅蜊船 浅蜊飯
■ 浅蜊のはいったお汁
挿木(さしき) 類:接木 取木
■ 切った細枝を土や砂に挿して根付かせること
草餅(くさもち) 類:蓬餅 草の餅
■ 蓬の葉をいれて作った餅
霜くすべ(しもくすべ) 類:春霜 別れ霜
■ 霜防止の為に桑畑で、もみがらなどを燃やすこと
卒業(そつぎょう) 類:卒業子 卒業生 卒業式 卒園
■ 学校を卒業すること
其角忌(きかくき) 類:
■ 旧暦二月二十九日
多喜二忌(たきじき) 類:
■ 二月二十日
啄木忌(たくぼくき) 類:
■ 四月十三日
凧(たこ) 類:凧揚 紙鳶 いか はた 絵凧
■ 種類が多く、各地に行事がある。春の遊び
茶摘(ちゃつみ) 類:一番茶 二番茶 茶摘時 茶摘歌
■ 八十八夜から摘み始め一番茶、二番茶と順次摘む
朝寝(あさね) 類:大朝寝
■ 気持ちよい春の朝ゆえの寝坊
椿餅(つばきもち) 類:
■ 椿の葉ではさんだ餅菓子
釣釜(つりがま) 類:
■ 三月になると天井から下げた自在に釣る茶の湯の釜
摘草(つみくさ) 類:草摘む
■ 野に出て、食用になる柔らかな草を摘むこと
田楽(でんがく) 類:木の芽田楽 田楽焼
■ 豆腐を竹串にさし、味噌をつけて焼いたもの
田打(たうち) 類:田打女
■ 田植の前に鋤で田を打ち返すこと
田螺和(たにしあえ) 類:田螺掻
■ 田螺を茹でて和えたもの
杜氏帰る(とうじかえる) 類:
■ 酒の仕込みを終え、三月頃杜氏が里に帰ること
都踊(みやこおどり) 類:都をどり
■ 京都の歌舞練場で祇園芸妓の出演する春の踊り
土筆摘む(つくしつむ) 類:土筆和
■ 佃煮など作るために、土筆を摘むこと
東踊(あずまおどり) 類:
■ 四月一日から、東京新橋の芸妓が演舞場で演ずる踊り
桃の節句(もものせっく) 類:桃の日 雛の節句
■ 三月三日、女の子の節句
闘犬(とうけん) 類:
■ 犬と犬を戦わせる競技
二月礼者(にがつれいじゃ) 類:礼者
■ 二月一日、年始回り出来なかった者が、回札に廻る
二日灸(ふつかきゅう) 類:二日やとい
■ 旧暦二月二日に据える灸。
日迎(ひむかえ) 類:日送り
■ 彼岸の中日に日の影を追って歩く古い風習
入学(にゅうがく) 類:入学子 新入生 一年生 入園児
■ 小学校から大学まで、四月に入学式が行われる
納税期(のうぜいき) 類:申告期
■ 税務署に納税申告をする期間
農具市(のうぐいち) 類:
■ 農業に必要な種、植木、農具などの市
梅見(うめみ) 類:観梅 梅園
■ 梅を観賞する事
白子干(しらすぼし) 類:白子干す 白子 ちりめん 畳鰯
■ 鰯などの稚魚を煮て干す
白酒(しろざけ) 類:雛の酒 桃の酒
■ 蒸した餅米と味醂で作った甘い酒、雛壇に供える
麦踏(むぎふみ) 類:青麦
■ まだ寒い頃、根を強くするために踏んでおさえること
畑焼(はたやき) 類:焼畑つくる 畦焼く 畦火
■ 害虫を焼き殺すために、畑を焼くこと
畑打(はたうち) 類:畑打つ
■ 種をまく前に畑を打ち返すこと
彼岸会(ひがんえ) 類:彼岸参 彼岸寺 彼岸講
■ 春の彼岸に寺で先祖の供養をすること
菱餅(ひしもち) 類:
■ 白、緑、紅の三色の菱形の餅
苗床(なえどこ) 類:種床
■ 野菜や果物、植木などの苗を育てる仮床
苗代(なわしろ) 類:苗田 苗代田
■ 稲の苗を育てる田
不器男忌(ふきおき) 類:
■ 二月二十四日
風車(かざぐる) 類:風車売
■ セルロイドや紙で作った玩具
風船(ふうせん) 類:風船売 紙風船 ゴム風船
■ 暖かになると子供らは都外に出て風船などで遊ぶ
蕗味噌(ふきみそ) 類:蕗の薹
■ 蕗の薹をまぜこんだ味噌の料理
復活祭(ふっかつさい) 類:イースター 染卵
■ キリストが死語三日目に甦った事を記念する祭日
仏生会(ぶっしょうえ) 類:灌仏会 花祭 誕生仏 浴仏
■ 四月八日、釈迦の降誕を祝う法会
物種(ものだね) 類:種物 花種 種売 種袋 種物屋
■ 春蒔の穀物や草花の種
遍路(へんろ) 類:遍路宿 遍路道
■ 春になって四国の札所八十八カ所を巡礼すること
蓬摘む(よもぎつむ) 類:蓬
■ 香気ある新しい葉を摘み、草餅、もぐさを作ったりする
北窓開く(きたまどひらく) 類:北開く
■ 冬の間、締めきっていた北側の窓を、春に開けること
牧開き(まきびらき) 類:厩出し まや出し
■ 閉めてあった牧場を開き、早春に牛馬を放牧すること
味噌豆煮る(みそまめにる) 類:味噌玉
■ 味噌を作るためにまめを煮てつぶし、玉にして軒に干す
木の芽和(きのめあえ) 類:木の芽煮
■ 山椒の芽をすりつぶし、魚、野菜などと和えた料理
目刺(めざし) 類:頬刺
■ 鰯などを数匹連ねて、藁や竹串で通し、干したもの
目張剥ぐ(めばりはぐ) 類:
■ 隙間風や吹雪などを防ぐために貼っておいた目張りを剥ぐこと
野焼(のやき) 類:野火 土手焼く 焼野
■ 早春、野の枯れ草を焼くこと
野遊び(のあそび) 類:山遊 野がけ
■ 春の野原で遊び、飲食などする風習
夕霧忌(ゆうぎりき) 類:
■ 旧暦一月七日
利休忌(りきゅうき) 類:
■ 旧暦二月二十八日
立子忌(たつこき) 類:
■ 三月三日
猟名残(りょうなごり) 類:猟期終る
■ 二月十五日、四ヶ月間の猟期が終わること
良寛忌(りょうかんき) 類:
■ 旧暦一月六日
令法飯(りょうぶめし) 類:令法摘 令法茶
■ 令法の芽を炊き込んだ飯
炉塞(ろふさぐ) 類:炉の名残 暖炉塞ぐ
■ 冬の間使った炉を塞ぐこと
浪花踊(なにわおどり) 類:
■ 大阪花街の春の踊り
蕨狩(わらびがり) 類:蕨和
■ 食べるために柔らかな蕨を摘むこと
剪定(せんてい) 類:剪枝
■ 芽の出る前に果樹などの枝を刈り込むこと
涅槃会(ねはんえ) 類:涅槃像 涅槃図 涅槃寺 お涅槃
■ 旧暦二月十五日。釈迦入滅の日、寺院で催しをする
炬燵とる(こたつとる) 類:炬燵の名残 炬燵塞ぐ 
■ 春、置炬燵をしまい、掘炬燵も塞ぐこと
蘆辺踊(あしべおどり) 類:
■ 四月一日から、大阪南の芸妓が文楽座で演ずる踊り
蜆汁(しじみじる) 類:蜆掻 蜆掘 蜆船 蜆取
■ 蜆の味噌汁
鶯合(うぐいすあわせ) 類:鶯の啼合せ 鶯籠
■ 飼鶯を持ち寄り、啼き声を競う競技
鶯餅(うぐいすもち) 類:
■ 青黄粉をかけて鶯色にし、鶯の形に似せた餅

 

【動物】

 

お玉杓子(おたまじゃくし) 類:蛙の子 数珠子 蛙生る
■ 蛙の子
ひよこ(ひよこ) 類:春の雛 雛鳥
■ 春生まれた鳥の子。特に鶏の子
虻(あぶ) 類:花虻 牛虻
■ うなりながら勢いよく飛び、人馬を刺して血を吸う
磯巾着(いそぎんちゃく) 類:
■ 磯の割れ目などにくっついている腔腸動物
引鴨(ひきがも) 類:鴨引く 鴨帰る 帰る鴨 行く鴨
■ 暖かくなって北へ帰る鴨
引鶴(ひきづる) 類:鶴引く 鶴帰る 帰る鶴
■ 暖かくなって北へ帰る鶴
烏貝(からすがい) 類:
■ 池沼などの泥に潜っている二枚貝が殻が黒い
雲雀(ひばり) 類:初雲雀 揚雲雀 雲雀籠 雲雀笛
■ 春の高空に垂直に舞い上がり、朗らかに囀る
栄螺(さざえ) 類:つぶ 栄螺の壺焼 焼栄螺
■ 海底の岩場にいる棘のある巻貝
燕(つばめ) 類:つばくろ 燕来る 初燕 乙鳥
■ 春南から来て、秋に帰る
燕の巣(つばめのす) 類:巣燕
■ 人家の軒先や梁に作る
花烏賊(はないか) 類:桜烏賊
■ 花時、産卵のため群れて岸に来る烏賊
海胆(うに) 類:海栗 粒雲丹 海胆の棘
■ 棘皮動物で棘が多く栗の毬のよう形から海栗の名
海猫渡る(ごめわたる) 類:
■ 春に海猫が渡ってくること
蛙(かえる) 類:初蛙 昼蛙 夕蛙 遠蛙
■ 冬眠から覚め、地上に出ると鳴き始める
眼張(めばる) 類:
■ 磯魚、目玉が大きく煮つけにすると美味
寄居虫(ごうな) 類:ごうな売 宿借
■ 空の巻貝に棲み、成長すると他の殻に棲み替える
帰雁(きがん) 類:雁帰る 行く雁 名残の雁 春の雁
■ 北へ帰る雁
亀鳴く(かめなく) 類:
■ 亀は鳴かないが、うらうらした春の日を表現する言葉
蟻穴を出ず(ありあなをいず) 類:
■ 春になって穴から蟻がでてくること
牛蛙(うしがえる) 類:
■ 大きな蛙で牛がうなるように鳴く。食用にもなる
魚島(うおじま) 類:魚島時
■ 鯛などの群が産卵のため集まっている場所。また時期
熊穴を出ず(くまあなをいず) 類:熊穴を出る 出熊猟
■ 雪解のころ、冬眠から覚めた熊が穴から出てくること
蛍烏賊(ほたるいか) 類:まついか
■ 5センチ位の小さな烏賊、体が発光する
公魚(わかさぎ) 類:あまさぎ 公魚釣
■ 結氷した湖では氷に穴をあけて釣る
桜貝(さくらがい) 類:花貝 紅貝
■ 桜色の透きとおった殻をもつ二枚貝
桜鯛(さくらだい) 類:花見鯛
■ 花時に、産卵のため内海に群をなして来る
蚕(かいこ) 類:蚕(こ) 春蚕
■ 単に蚕と言えば春蚕
残る鴨(のこるかも) 類:春の鴨
■ 北国に帰らず、残っている鴨
子綬鶏(こじゅけい) 類:
■ 雑木林などに群生し「ちょことこい」などどと聞こえる
蛇穴を出ず(へびあなをいず) 類:
■ 冬眠していた蛇が穴から出てくること
若鮎(わかあゆ) 類:小鮎 鮎の子 稚鮎 鮎汲 上り鮎
■ 春先、川をさかのぼってくるのが小鮎
種付け(たねつけ) 類:種馬 種牛 種豚 種かけ
■ 交尾期の家畜に種つけをすること
獣交る(けものさかる) 類:犬交る 獣つるむ
■ 家畜や獣の交尾期
春の蚊(はるのか) 類:初蚊 春蚊
■ 春に出る蚊
春の鹿(はるのしか) 類:孕鹿
■ 鹿は秋に交尾し初夏に子を産むので、春に孕んでいる
春の猫(はるのねこ) 類:
■ 日だまりで寝そべっているような春らしい雰囲気の猫
春の鮒(はるのふな) 類:初鮒 乗込鮒 春鮒釣 
■ 水がぬるみ活動を始めて鮒
春蝉(はるぜみ) 類:春の蝉 松蝉
■ 春に鳴く蝉
春鴉(はるがらす) 類:春の鴉
■ 不吉な感じの鴉さえ、春らしい景となる
初蝶(はつちょう) 類:蝶生る 初蝶来
■ その年に初めて見る蝶
諸子(もろこ) 類:初諸子 柳諸子
■ 柳の葉に似た淡水魚
雀の子(すずめのこ) 類:子雀 雀の雛 親雀
■ 十日ほどで孵化し、二週間ほどで巣立つ
浅蜊(あさり) 類:
■ 大きさ2、3センチの二枚貝
巣立鳥(すだちどり) 類:巣立 親鳥
■ 雛鳥が巣から飛び立つこと
蝶(ちょう) 類:蝶々 紋白蝶 胡蝶
■ 蝶は四季見られるが、単に蝶といえば春
鳥の巣(とりのす) 類:巣籠 雀の巣 鴉の巣 孕鳥
■ 樹の上、藪、畑、人家などに巣を作り雛を育てる
鳥雲に入る(とりくもにいる) 類:鳥雲に
■ 帰る鳥が雲間に消えて見えなくなること
鳥帰る(とりかえる) 類:帰る鳥 鳥引く 引鳥 白鳥帰る
■ 渡り鳥が、春、北方へ帰ること
鳥交る(とりさかる) 類:鳥つるむ 鶴交る 鳥の恋
■ 雄が囀ったり、特異な姿態をしたりする鳥の交尾
田螺(たにし) 類:田螺の道 田螺取 田螺鳴く
■ 水田や小川に潜む小型の巻貝
猫の子(ねこのこ) 類:子猫 親猫 孕猫
猫の恋(ねこのこい) 類:恋猫 浮かれ猫 猫の彼 通う猫
■ 早春、猫のさかること
馬刀(まて) 類:馬刀貝 馬刀突 馬刀掘
■ 指くらいの細長い二枚貝。直立して砂の中に潜む
白魚(しらうお) 類:しらお しろお 白魚網 白魚舟
■ 長さ6センチほどの、透明で眼が黒点のように鮮やか
蛤(はまぐり) 類:蛤汁 蛤吸 蛤つゆ 焼蛤
■ 二枚貝。殻は平滑で模様がある
飯蛸(いいだこ) 類:
■ 頭が親指大の小型の蛸
百千鳥(ももちどり) 類:春禽 春の鳥
■ いろいろの小鳥が群がり囀ること
蜂(はち) 類:蜜蜂 足長蜂 熊蜂 蜂飼 すがる
■ いろいろな種類がいるが、すがるは似我蜂の古名
望潮(しおまねき) 類:うしおねぎ
■ 蟹。雄は一方のはさみが大きい
頬白(ほおじろ) 類:
■ 頬に白い筋のある小鳥
鱒(ます) 類:本鱒 虹鱒 桜鱒 姫鱒 鱒池
■ 春、海から川口に集まるときが旬
落し角(おとしづの) 類:鹿の角落つ 忘れ角
■ 二月頃、鹿の角は根元から自然に落ちる
囀り(さえずり) 類:囀る
■ 春の繁殖期に小鳥がしきりに囀ること
蜆(しじみ) 類:真蜆 紫蜆 瀬田蜆 業平蜆
■ 淡水または帰水産の小粒の二枚貝
蜷(にな) 類:みな 海蜷 川蜷 蜷の道
■ 海と淡水の両方にいる2、3センチの巻貝
蠅生る(はえうまる) 類:春の蠅 蠅の子
■ 春に生まれる蠅
雉(きじ) 類:雉子 きぎす
■ 日本固有の鳥、春は妻恋いにホロンと鳴くので春季
鰊(にしん) 類:春告魚 鰊群来 鰊曇 鰊漁 鰊干
■ 群をなして来る。鰊がとれるころの曇天が鰊雲
鶯(うぐいす) 類:鶯の初音 鶯の谷渡り
■ ホーホケキョと鳴く、初音はその年に初めてきく鶯の声

 

 

【植物】

 

アスパラガス(あすぱらがす) 類:アスパラ 松葉独活 西洋独活
■ 若い緑色または白の細長い茎を食用にする
アネモネ(あねもね) 類:紅花翁草 はないちげ
■ 芥子の花に似てしろ、淡紅、濃紅、紫などの五弁花
いぬふぐり(いぬふぐり) 類:おおいぬふぐり
■ 早春、地面に群がり咲く瑠璃色のこまかい花
エリカ(エリカ) 類:ヒース
■ 低木で淡いぼおっとした紫色の細かい花が咲く
オキザリス(おきざりす) 類:
■ 酢漿草に似た栽培種で酢漿草より大きな五弁花
オレンジ(おれんじ) 類:ネーブル 臍蜜柑 オレンヂ
■ 外国産の柑橘類
ぎしぎし(ぎしぎし) 類:
■ 葉はすかんぽ似ている。新芽は山菜として食べる
クレソン(くれそん) 類:洋芹 和蘭芥子
■ 水辺に帰化して生え、葉や茎に辛味と香がある
クローバー(クローバー) 類:白詰草 赤詰草
■ 葉は三葉、時に四つ葉のクローバーは幸運のしるし
クロッカス(くろっかす) 類:春咲サフラン
■ 球根で、黄、紫、白色など香の良い花
こごみ(こごみ) 類:草蘇鉄
■ くろっと巻いた新芽を食用にする
サイネリア(さいねりあ) 類:シネラリア
■ 紅、藍、紫、白などの頭状花。花束のように群がる
スイートピー(すいーとぴー) 類:
■ 豌豆に似た白、淡紅、紅紫などの蝶形花
すかんぽ(すかんぽ) 類:酸葉 すいすい
■ 茎や葉に酸味があり、皮をむいて食べる
チューリップ(ちゅーりっぷ) 類:鬱金香
■ 春の花壇を代表する花
パンジー(ぱんじー) 類:三色菫
■ 紫・白・黄の三色を一花に持つ菫
ヒヤシンス(ひやしんす) 類:風信子
■ 百合状の小花が総状に群がり咲き香りがよい
フリージア(ふりーじあ) 類:
■ 小さな百合のような白や黄、紫の香り高い清楚な花
ミモザ(ミモザ) 類:銀葉アカシア
■ アカシアの一種の常緑樹。枝に黄色い細かい花が咲く
リラ(リラ) 類:ライラック 紫丁香花
■ 薄紫や白の花が総状に咲く
レタス(れたす) 類:玉ぢしゃ
■ はりはりと生で食べる野菜、サラダによい
杏の花(あんずのはな) 類:花杏 杏花村 杏子の花
■ 梅に似た白、淡紅の五弁の花
郁子の花(むべのはな) 類:うべの花
■ 蔓性で常緑。通草の花に似て淡紫色の目立たない花
一人静(ひとりしずか) 類:
■ 林の中などにひっそりとした白い花穂を立てる
一輪草(いちりんそう) 類:いちげそう 二輪草
■ 四月頃、梅に似た白や淡紅紫色の花が一輪咲く
烏の豌豆(からすのえんどう) 類:雀の豌豆
■ 豌豆に似た小形のマメ科の草。
延齢草(えんれいそう) 類:
■ 湿った山地に自生。菱形の葉の間に暗紫色の花をつける
翁草(おきなぐさ) 類:
■ 日当たりの良い山野に自生するアメモネに似た花
黄水仙(きずいせん) 類:喇叭水仙
■ 三月頃、香の良い黄色の六弁花をつける
黄梅(おうばい) 類:迎春花
■ 葉に先立って鮮黄色の六弁花がなだれたように咲く
牡丹の芽(ぼたんのめ) 類:
■ 早春、枝から赤い芽を出す
下萌(したもえ) 類:草萌 草青む 畦青む
■ 冬枯の地面から草の芽が萌え出すこと
嫁菜(よめな) 類:よめがはぎ
■ 一般にいわれる野菊
花(はな) 類:花片 花盛 花の雲 花筏 花埃
■ 俳句で花といえば桜の花
花吹雪(はなふぶき) 類:散る桜 落花 飛花 花屑 花筏
■ 桜の花びらが吹雪のように散ること
花大根(はなだいこん) 類:諸葛菜
■ 紫色の花。大根の花に似ているが畑の大根の花ではない
花粉(かふん) 類:
■ 種子植物の雄しべのやくの中に出来る粉状の生殖細胞
芽(め) 類:ものの芽
■ 春の萌え出る芽の総称
海雲(もずく) 類:水雲 海雲採 海雲売 海雲籠
■ 酢の物にする海藻。 細くぬるぬるしている
海苔(のり) 類:岩海苔 海苔舟 海苔掻く 海苔干
■ 食用の海藻
海髪(うご) 類:
■ 細い髪状の紫褐色の海藻
海棠(かいどう) 類:
■ 濃紅色の花が房状にたれ艶な華やかさがある
芥菜(からしな) 類:菜芥子
■ 葉に細かい鋸歯があり、辛味が強い
垣通(かきどおし) 類:
■ 蔓姓多年草で、茎が地面を這い、垣根をくぐりぬける
蒲公英(たんぽぽ) 類:たんぽぽ 鼓草
■ 花は白もあるが普通は黄色
蒲公英の綿(たんぽぽのわた) 類:
■ 種子のついた綿毛
萱草の芽(かんぞうのめ) 類:
■ 藪萱草の芽。ユリ科多年草で山野に自生する
芹(せり) 類:根白草 根芹 田芹 水芹 芹摘
■ 春の七草の一つ。香が良く柔らかく根は白く長い
金鳳花(きんぽうげ) 類:馬の脚型
■ 晩春、黄色のてらてらした五弁花が咲く
金盞花(きんせんか) 類:
■ 八重の菊に似て濃い橙黄色の花
銀杏の花(いちょうのはな) 類:公孫樹の花
■ 雄花は薄黄色、雌花は緑色で、いずれも目立たない
熊谷草(くまがいそう) 類:
■ 山野に野生する蘭の一種
桑(くわ) 類:桑の芽 桑の花 山桑 桑畑
■ 蚕の資料として栽培する。淡黄色の小花が穂状につく
君子蘭(くんしらん) 類:
■ 葉は剣状で厚く太く、太い茎から橙黄色の花が咲く
茎立(くくたち) 類:くきだち
■ 大根、蕪、菜っ葉類の花茎が高く抜きん出て薹の立つこと
古草(ふるくさ) 類:こまがえる草
■ 萌え出た若草に混じって、まだ残っている枯草
狐の牡丹(きつねのぼたん) 類:
■ 金鳳花より花はひとまわり小さく茎は若干太い野の草
胡葱(あさつき) 類:浅葱 糸葱 分葱
■ 葉は葱に似て細く、地中に鱗茎をつくる
虎杖(いたどり) 類:
■ 山野や田の畦に生え、若葉は紅褐色
五加木(うこぎ) 類:五加 五加摘む 五加飯 むこぎ
■ 山菜独特の苦みがあるが香りのよい芽
紅梅(こうばい) 類:薄紅梅
■ 花が赤い梅
荒布(あらめ) 類:荒布舟 荒布刈 黒布
■ 若布より粗大な茶褐色の海藻。ヨードの原料や肥料にする
座禅草(ざぜんそう) 類:
■ 水芭蕉に似た大きな葉で湿地帯に生え、花は暗紫色
菜の花(なのはな) 類:菜種の花 花菜 菜の花月夜
■ 畑一面に黄色く咲く。切り花、食用にもする
桜(さくら) 類:桜山 楊貴妃桜 鬱金桜
■ 日本の代表的な花
桜草(さくらそう) 類:プリムラ
■ 茎の先に桜に似た薄紅の花をつける
桜桃の花(おうとうのはな) 類:桜ん坊の花 さくらんぼの花
■ 花は桜に似ていて、白か薄紅色だが、桜よりは地味
桜蘂降る(さくらしべふる) 類:桜蘂
■ 桜の花が散った後、萼についていた蘂が降ること
三月菜(さんがつな) 類:
■ 春に出回る新鮮で柔らかな食用の菜の総称
三月蜜柑(さんがつみかん) 類:春蜜柑 名残蜜柑
■ 三月の名残の蜜柑
三宝柑(さんぽうかん) 類:伊予柑 八朔柑
■ 三、四月頃熟す甘い柑橘類
三葉芹(みつばぜり) 類:みつば
■ 白く長い茎の先に葉が三枚つき、葉、茎とも香り高い
三椏の花(みつまたのはな) 類:
■ 枝は全て三叉に別れていて白黄色かオレンジ色な花
山葵(わさび) 類:山葵沢 山葵田 山葵漬
■ 山中や谷などの清流に自生し、栽培もされる
山桜(やまさくら) 類:
■ 山に多く咲く桜。花と葉が同時に出る桜の一種もさす
山吹(やまぶき) 類:八重山吹 濃山吹 白山吹
■ 一重と八重とがあり、花は黄色であざやか。白もある
山椒の芽(さんしょのめ) 類:芽山椒 山椒の木の芽
蚕豆の花(そらまめのはな) 類:
■ 葉の脇に淡紫色に黒い目のような点の入った蝶形花
残花(ざんか) 類:残る花 名残りの桜
■ 咲き残っている桜
枝垂桜(しだれさくら) 類:糸桜 紅枝垂
■ 枝が垂れて咲く桜
紫雲英(げんげ) 類:蓮華草 れんげ げんげん 
■ 紫がかった紅色の花。咲いている様子は紅の絨毯のよう
鹿尾菜(ひじき) 類:ひじき刈 ひじき干す
■ 岩礁に付く海藻。煮物など総菜としてなじみ深い
芝桜(しばざくら) 類:
■ 白、淡紅、紫の桜に似た花
蛇苺の花(へびいちごのはな) 類:
■ 黄色の五弁花、野原や道端に自生する
若芝(わかしば) 類:春の芝 芝青む 芝萌ゆる
■ 枯芝が芽を吹いて一面に薄緑になること
若草(わかくさ) 類:草若葉 青草
■ 萌え出たばかりの若々しい草
若布(わかめ) 類:和布 新若布
■ 一年中ある海藻だが、春は新物でとくに柔らかい
十二単(じゅうにひとえ) 類:
■ 五月頃、淡紫色の小さい唇形の花を穂状につける
春の草(はるのくさ) 類:春草 芳草 草芳し
■ 萌え出ずる、いろいろな草のこと
春の筍(はるのたけのこ) 類:春筍
■ 春にとれる筍。柔らかく、香がよい
春の薊(はるのあざみ) 類:鬼薊 山薊 野薊
■ 葉の縁と茎に鋭い棘があり、花は紅紫色の大形の頭状花
春菊(しゅんぎく) 類:菊菜
■ 菊の葉に似た香の強い野菜。黄色に花が咲く
春女苑(はるじょおん) 類:
■ 白い淡紅のどこででも見掛ける花。蕾が下向き
春大根(はるだいこん) 類:三月大根
■ 秋に種を蒔き、春に収穫する大根
春椎茸(はるしいたけ) 類:春子
■ 春にとれる椎茸。
春落葉(はるおちば) 類:
■ 椎、樫、檜など、春に新葉と交代する常磐木の落葉
春蘭(しゅんらん) 類:ほくり ほくろ
■ 山に生え、淡黄緑色の香のある小さな蘭の形の花が咲く
初桜(はつざくら) 類:初花
■ その年に初めて咲いた桜
小紛団の花(こでまりのはな) 類:
■ 白色で五弁の小花が小さい毬状に咲く
松の芯(まつのしん) 類:緑立つ 若松 松の緑 松の花
■ 松の新芽。晩春、枝先につんと立つ
菖蒲の芽(しょうぶのめ) 類:
■ 花菖蒲の芽
辛夷(こぶし) 類:花辛夷
■ 高さ10メーター程に達する落葉高木
水菜(みずな) 類:京菜 壬生菜
■ 水菜は京菜、千筋菜ともいう
水草生う(みぐさおう) 類:水草
■ 金魚藻 菱 河骨 などの水草が生えること
水芭蕉(みずばしょう) 類:
■ 雪解け後の沼や湿原に咲く
雛菊(ひなぎく) 類:デイジー
■ 花は白い一重の菊に似て芯が黄色く明るい
杉の花(すぎのはな) 類:杉花粉
■ 雄花は米粒大で枝先に群がり、黄色の花粉を飛ばす
杉菜(すぎな) 類:
■ 杉のような形のトクサ科の多年草。土筆が終わると出る
雀の鉄砲(すずめのてっぽう) 類:雀の槍 雀の枕
■ 稲のような葉で、短い茎の先に緑色や褐色の穂を出す
雀隠れ(すずめがくれ) 類:
■ 春になって萌え出た草が雀の隠れるほどに伸びたさま
青麦(あおむぎ) 類:麦青む
■ 青々と伸びた麦。穂が出るまでをいう
石楠花(しゃくなげ) 類:
■ 山中に多く、華やかな薄紅色や白の花
接骨木の花(にわとこのはな) 類:たずの花
■ 早春、枝の先に緑ががかった花が群がり咲く
雪割草(ゆきわりそう) 類:洲浜草 三角草
■ 残雪の間を割って、小さな白や紫の花を咲かせる
雪間草(ゆきまぐさ) 類:
■ 雪が解けはじめたところに芽吹いている草
雪柳(ゆきやなぎ) 類:小米花 小米桜 こめやなぎ
■ 米粒ほどの純白の五弁花が雪のように群がり咲く
草の芽(くさのめ) 類:名草の芽
■ 芽吹く草花の芽
草木瓜(くさぼけ) 類:
■ 木瓜に似た朱色の五弁花。丈が低く草に埋まって咲く
大根の花(だいこんのはな) 類:すずしろの花
■ 種を採る為に畑に残した大根に十字形の花が開く
遅桜(おそざくら) 類:
■ 他の桜が咲き終わった頃、遅れて開く桜のこと
竹の秋(たけのあき) 類:竹秋 笹の秋
■ 春、地中の筍を育てるため、古い葉が黄ばむ
沈丁花(じんちょうげ) 類:沈丁 丁字
■ 小さい花が毬状に咲く。春花の中ではとりわけ香りが高い
通草の花(あけびのはな) 類:三葉通草
■ 蔓性の落葉樹。細い花茎に目立たない三弁花がつく
椿(つばき) 類:白椿 紅椿 八重椿 藪椿 山椿
■ 常緑樹で、赤や白のぽってりとした花をつける
都忘れ(みやこわすれ) 類:
■ 深山嫁菜の園芸種で野菊に似た紫色の花
土佐水木(とさみずき) 類:日向水木
■ 晩春、淡黄色の花を穂状に垂らしてけぶるように咲く
土筆(つくし) 類:つくづくし 土筆坊 土筆野
■ 日当たりの良い畦や土手に生える杉菜の胞子茎
桃の花(もものはな) 類:白桃 緋桃
■ 晩春、葉に先立って咲く桃色の華やかな五弁花
藤(ふじ) 類:山藤 白藤 藤波 藤棚 藤房
■ 山野に自生し、薄紫や白の花が房状に垂れる
豆の花(まめのはな) 類:豆のつる
■ 豆類の花の総称。蝶形で色も美しく、かわいらしい
独活(うど) 類:山独活 もやし独活 芽独活
■ 長い茎が白く柔らかい
二人静(ふたりしずか) 類:
■ 日本の花軸に白花を咲かせ、一人静より丈が高い
韮(にら) 類:かみら みら
■ 濃い緑の葉は柔らかく独特の臭みがある
葱坊主(ねぎぼうず) 類:葱の花 葱の擬宝
■ 太い真直ぐな茎を伸ばし、白緑色の花が球状につく
猫柳(ねこやなぎ) 類:えのころ柳
■ 水辺に自生する柳の一種
馬酔木の花(あしびのはな) 類:あしび あせび 花馬酔木
■ 鈴蘭のような壺形の白い花集まって垂れる
梅(うめ) 類:花の兄 野梅 
■ 梅といえば実ではなく花をさす
白梅(はくばい) 類:
■ 花が白い梅
白木蓮(はくれん) 類:
■ 木蓮の一種で白い大きな蕾を立て大形の花を開く
八重桜(やえざくら) 類:
■ 花びらが八重で重たくぽってり咲く桜。花期が遅い
彼岸桜(ひがんざくら) 類:
■ 彼岸の頃、他に先がけて咲く桜
楓の花(かえでのはな) 類:花楓 楓咲く
■ 暗紅色のさびしげな小花で目立たない
蕗の薹(ふきのとう) 類:蕗の芽 蕗の姑
■ 早春、雪の間などに出る薄緑で球状の蕗の花芽
仏の座(ほとけのざ) 類:賽蓋草
■ 茎を抱くように出ている二枚の葉が仏像の座に似ている
片栗の花(かたくりのはな) 類:堅香子の花
■ 二枚の葉の間に、姫百合に似た紅紫色の花をつける
母子草(ははこぐさ) 類:御行 ほうこぐさ
■ 春の七草の一つ。葉や茎に白い綿毛がある
蓬(よもぎ) 類:餅草 さしも草 蓬生 
■ 若葉は香りが高く摘んで草餅にする
防風(ぼうふう) 類:浜防風 はまにがな 防風掘る
■ 浜に自生する。葉や茎に香りがあり、刺身のつまにする
盆梅(ぼんばい) 類:鉢の梅
■ 盆栽仕立の鉢植の梅
満天星の花(どうだんのはな) 類:満天星躑躅
■ 馬酔木に似た壺形の白い花をつける
木の芽(この) 類:芽立ち 芽吹く 木の芽雨 
■ 春になっていっせいに吹く木の芽
木瓜の花(ぼけのはな) 類:緋木瓜 白木瓜 更紗木瓜
■ 高さ1~2メーターの木で枝に棘がある
木五倍子(きぶし) 類:木付子
■ 早春、淡黄色いかんざし状の花が穂状に垂れる
木蓮(もくれん) 類:紫木蓮 
■ 葉に先立ち、紫紅色の大きな六弁の花をつける
木苺の花(きいちごのはな) 類:
■ 山野に自生し、小さな白色五弁花
勿忘草(わすれなぐさ) 類:
■ 水色や青紫色の小花で、花言葉は「私を忘れないで」
夜桜(よざくら) 類:朝桜 夕桜 桜月夜 夜の桜
■ 夜、桜を見ること。また、その桜
野蒜(のびる) 類:山蒜 野蒜摘む
■ 葱に似た20センチほどの細葉で、辣韮に似た球根がある
柳(やなぎ) 類:枝垂柳 糸柳 青柳 門柳 泥柳
■ 水辺に細い枝を垂れ、あたりを淡い緑にけぶらせる
柳の芽(やなぎのめ) 類:
■ 糸のように細く、風になびく風情は格別
踊子草(おどりこそう) 類:踊草 踊花
■ 山野に生え、葉は紫蘇に似る
落椿(おちつばき) 類:
■ 花のまま、ぽったりと地に落ちた椿
李の花(すもものはな) 類:花李
■ 早春に桃や梅、梨の花に似た白色、五弁の花が咲く
梨の花(なしのはな) 類:梨花 花梨
■ 薄緑色の葉が出るとすぐに白い清楚な五弁の花が開く
林檎の花(りんごのはな) 類:花林檎
■ 蕾は濃い紅色。開くと五弁の白い花
蕨(わらび) 類:蕨手 早蕨 干蕨 鬼蕨
■ まだほぐれない小さな握り拳のようなうちに採って食べる
樒の花(しきみのはな) 類:花しきみ こうしば はなのみ
■ 常緑の葉に香気があり、淡黄白色の小花をつける
苺の花(いちごのはな) 類:花苺
■ おらんだ苺の花で白い小さな花
茗荷竹(みょうがだけ) 類:
■ 竹のような形の茗荷の若芽
菫(すみれ) 類:相撲取草
■ ハート形の葉で、濃紫、淡紫、白などの可憐な花が咲く
薔薇の芽(ばらのめ) 類:
■ 紅みをおびた、柔らかい芽
薇(ぜんまい) 類:干薇
■ 渦巻型の白い産毛でおおわれた若葉をだす
薺の花(なずなのはな) 類:花薺 三味線草 ぺんぺん草   
■ 春の七草の一つ。白い四弁の小さい花が上へ上へ咲く
蘆の角(あしのつの) 類:蘆の芽 角組む蘆 蘆の錐
■ 早春、水辺の泥土の中から出る青い蘆の芽
蝮草(まむしぐさ) 類:
■ 紫緑色のほうをつけ、茎に蝮のような斑紋がある
豌豆の花(えんどうのはな) 類:花豌豆
■ スイートピーに似た赤紫や白の蝶形花
躑躅(つつじ) 類:山躑躅 霧島
■ 庭園に栽培され、赤、白、桃色と種類が多い
鶯菜(うぐいすな) 類:
■ 小松菜は秋に蒔くが、春に蒔いたもの

 

カテゴリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
一覧伝統季語日本語言葉
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました