言葉遊び雅語 - 古来より伝わる日本の言葉一覧

【百人一首】春夏秋冬 – 季節の和歌一覧

【百人一首】春夏秋冬 - 季節の歌一覧 言葉
【百人一首】春夏秋冬 - 季節の歌一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

百人一首の季節の歌を春夏秋冬別に紹介していきます。

季節の中では秋の和歌が多いのですが、どの季節の歌も情景が浮かんでくる、素敵なものばかりです。

季節の歌は、全部で32首あり、

春ー6首
夏ー4首
秋ー16首
冬ー6首

となっています。

 

スポンサーリンク

小倉百人一首 春の歌 6首

 

小野小町 009
 花の色はうつりにけりないたづらに わか身よにふるなかめせしまに

 

光孝天皇 015 
君かためはるの野に出てわかなつむ わか衣手に雪はふりつゝ

 

紀友則 033 
久方の光のとけき春の日に しつ心なくはなの散らん

 

紀貫之 035 
人はいさ心もしらす古郷は 花そむかしの香ににほひける

 

伊勢大輔 061 
いにしへの奈良のみやこの八重桜 けふこゝのへに匂ひぬるかな

 

権中納言匡房 073 
高砂のおのへのさくら咲にけり とやまの霞みたゝすもあらなん

 

小倉百人一首 夏の歌 4首

 

持統天皇 002 
春過て夏来にけらし白妙の 衣ほすてふあまの香来山

 

清原深養父 036 
夏のよはまたよひなから明ぬるを 雲のいつこに月やとるらん

 

後徳大寺左大臣 081 
ほとゝきす鳴つる方を眺むれは 唯有明の月そのこれる

 

従二位家隆 098 
風そよくならの小川の夕暮は 御秡そなつのしるし成ける

コメント