スポンサーリンク
スポンサーリンク
一覧読み物雑学

『兵法三十六計』 一覧と原文・意味・解説|策・戦略・戦術・ビジネス

スポンサーリンク
『兵法三十六計』 一覧と原文・意味・解説|策・戦略・戦術・ビジネス 一覧
『兵法三十六計』 一覧と原文・意味・解説|策・戦略・戦術・ビジネス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『兵法三十六計』(へいほうさんじゅうろっけい)は、中国の魏晋南北朝時代の兵法書です。兵法における戦術を六段階の三十六通りのに分けてまとめたものでで、著者は、魏晋南北朝時代の宋の将軍である檀道済。

兵法書として世界的に有名な『孫子の兵法』よりも民間において流通されており、孫子に代表される数々の兵法が長い年月を経て大衆化し、日常生活でも幅広く流用されているそうです。

現代でも”処世の知恵”がまとまった書物として日本はもちろん世界で多くの人が利用しています。

また、「三十六計逃げるに如かず」の語源になっています。

 

三十六計逃げるに如かず
【読み】 さんじゅうろっけいにげるにしかず
【意味】 計略には様々なものがあるが、困ったときは逃げるのが最良策である。

 

兵法三十六計 一覧

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

勝戦計

こちらが戦いの主導権を握っている場合の定石。

瞞天過海(まんてんかかい)

第一計

敵に繰り返し行動を見せつけて見慣れさせておき、油断を誘って攻撃する。

瞞天過海まんてんかかい(天をあざむいて海をわたる)

備エアマネカバ則チ意怠ル、常ニ見レバ則チ疑ワズ。陰ハ陽ノ内ニ在リ、陽ノ対ニ在ラズ。太陽ハ太陰ナリ。

天を瞞いて海を過る(てんをあざむいてうみをわたる)。「天」とは皇帝のことで、皇帝のように正面から向っても敵わない相手を騙し、その隙に海を渡る、即ち目的を達することをさす。家に見せかけた船に皇帝を招待し、海を渡らせてしまったとの故事が元になったとする説もある。

囲魏救趙(いぎきゅうちょう)

第二計

敵を一箇所に集中させず、奔走させて疲れさせてから撃破する。

囲魏救趙いぎきゅうちょう(魏を囲んで趙を救う)

敵ヲ共ニスルハ敵ヲ分カツニ如カズ。敵ノ陽ナルハ敵ノ陰ナルニ如カズ

魏を囲んで趙を救う(ぎをかこんでちょうをすくう)。守備の手薄な魏の都を囲むことによって、魏軍に攻撃されている趙を救うとの意味。問題に真正面から取り組もうとするより、比較的楽に解決できる周辺の問題から片づけて行く方が得策な場合もあることを表している。

借刀殺人(しょくとうさつじん)

第三計

同盟者や第三者が敵を攻撃するよう仕向ける。

借刀殺人しゃくとうさつじん(刀を借りて人を殺す)

敵スデニ明ラカニシテ、友イマダ定マラザレバ、友ヲ引キテ敵ヲ殺サシメ、自ラ力ヲ出サズ、損ヲ以ッテ推演ス。

刀を借りて人を殺す(かたなをかりてひとをころす)。この計略には二通りの解釈がある。一つ目は、他人の手を借りて敵を切るとの解釈、二つ目は、自分に注意が向かないようにして間接的に他人にダメージを与えるとの解釈。どちらにせよ、仕掛けた本人がやったことだとは気付かれないような計略を指す。

以逸待労(いいつたいろう)

第四計

直ちに戦闘するのではなく、敵を撹乱して主導権を握り、敵の疲弊を誘う。

以逸待労いいつたいろう(逸を以って労を待つ)

敵ノ勢ヲ困ムルニハ、戦イヲ以ッテセズ、剛ヲ損シテ柔ヲ益ス。

逸を以て労を待つ(いつをもってろうをまつ)。機が満るまでじっと耐える計略。一歩リードして優位に立ち、消耗した相手に思い通りの戦いをしたり、敵に攻めさせておいてその上手を取ることを狙う計略。待つことによってチャンスを逃す虞もあるため、注意が必要。

趁火打劫(ちんかだごう)

第五計

敵の被害や混乱に乗じて行動し、利益を得る。

趁火打劫ちんかだきょう(火につけこんでおしこみはたらくく)

敵ノ害大ナレバ、勢イニ就キ利ヲ取ル。剛、柔ヲ決スルナリ。

火に趁んで劫を打く(ひにつけこんでおしこみをはたらく)。苦境や困難、危機を利用する計略。日本にも「災い転じて福と成せ」「失敗は成功の元」との同じ意味の諺がある。

声東撃西(せいとうげきせい)

第六計

陽動によって敵の動きを翻弄し、防備を崩してから攻める。

声東撃西せいとうげきせい(東に声して西を撃つ)

敵の志乱萃シ、慮ラザルハ、坤下兌上ノ象ナリ。ソノ自ラ主ドラザルヲ利シテコレヲ取ル。

東に声して西を撃つ(ひがしにこえしてにしをうつ)。ある場所を攻撃すると企てつつ、別の場所を攻撃するとの意味。東西は異なる方向や相対する方向、「撃」は何らかの行動を指す。相手の注意を「声」で逸らし、気付かれずに侵攻することを表す。

敵戦計

余裕を持って戦える、優勢の場合の作戦。

無中生有(むちゅうしょうゆう)

第七計

偽装工作をわざと露見させ、相手が油断した所を攻撃する。

無中生有むちゅうしょうゆう(無の中に有を生ず)

誑クナリ。誑クニアラザルナリ。ソノ誑ク所ヲ実ニスルナリ。少シク陰、太ダ陰、太ダ陽ナリ。

無の中に有を生ず(むのなかにゆうをしょうず)。相手に錯覚を起こさせ、偽物やまがい物を掴ませることによって利益を得るとの「針小棒大」の意味で使われることが多い。ただし、馬鹿げたアイデアが金塊に化けるような創作の計としても用いられる。

暗渡陳倉(あんとちんそう)

第八計

偽装工作によって攻撃を隠蔽し、敵を奇襲する。

暗渡陳倉あんとちんそう(ひそかに陳倉に渡る)

コレニ示スニ動ヲ以ッテシ、ソノ静ニシテ主アルヲ利ス。益ハ動キテ巽ウ。

暗かに陳倉に渡る(ひそかにちんそうにわたる)。焼かれた桟道を修復するように見せかけ、修復が終る前に密かに陳倉に進軍して敵を襲撃することを表す。進軍方向を偽る計略や、公には全く無害で正常に見える行為の背後にある悪意を隠す計略として用いられる。

隔岸観火(かくがんかんか)

第九計

敵の秩序に乱れが生じているなら、あえて攻めずに放置して敵の自滅を待つ。

隔岸観火かくがんかんか(岸をへだてて火を観る)

陽乖レ序乱ルレバ、陰以ッテ逆ヲ待ツ。暴戻恣?ハ、ソノ勢自ラ斃レン。順以ッテ動クハ予ナリ、予ハ順以ッテ動ク。

岸を隔てて火を観る(きしをへだててひをみる)。逃げと機に乗ずる複合計略。字軍が劣勢の場合は特に、敵が陥っている危機に干渉すべきではない。それは自分が巻き添えを食らうのを防ぎ、後に事態が好転した際に漁夫の利を得るためである。

笑裏蔵刀(しょうりぞうとう)

第十計

敵を攻撃する前に友好的に接しておき、油断を誘う。

笑裏蔵刀しょうりぞうとう(笑いのうちに刀をかくす)

信ニシテコレヲ安ンジ、陰カニ以ッテコレヲ図ル。備エテ後ニ動キ、変アラシムルコトナカレ。中ヲ剛ニシ外ヲ柔ニスルナリ。

笑いの裏に刀を蔵す(わらいのうらにかたなをかくす)。「笑」とは、誠実さを装うことや同情するふりなどを表し、これによって相手の本心や同情を引き出して自分の利につなげることを表す。悪巧みを隠して友好的に振舞う計略である。

李代桃僵(りだいとうきょう)

第十一計

不要な部分を切り捨て、全体の被害を抑えつつ勝利する。

李代桃僵りだいとうきょう(すももももに代わってたおる)

勢イ必ズ損アリ、陰ヲ損イテ以ッテ陽ヲ益ス。

李、桃に代って僵る(すもも、ももにかわってたおる)。自分や自分以外の誰かが難を逃れるために、他の誰かに責任を擦り付ける計略。重要人物を救うために周辺の人物を見捨てることもこれに当る。また、責任を転嫁する対象は人とは限らず、物や事でも良い。

順手牽羊 (じゅんしゅけんよう)

第十二計

敵の統制の隙を突き、悟られないように細かく損害を与える。

順手牽羊じゅんしゅけんよう(手にしたがいて羊をく)

微隙ノ在ルハ必ズ乗ズル所ナリ。微利ノ在ルハ必ズ得ル所ナリ。少シク陰、少シク陽。

手に順いて羊を牽く(てにしたがいてひつじをひく)。不意に前を横切る羊をとっさの判断で自分のものとすることを表し、「羊」とは本来の目標とは無関係な思いがけない幸運を表している。チャンスに目を光らせ、自分の利益になると思えばどんなわずかなチャンスも利用する機転と心構えが必要なことを教えている。

 

攻戦計

相手が一筋縄でいかない場合の作戦。

打草驚蛇(だそうきょうだ)

第十三計

状況が分らない場合は偵察を出し、反応を探る。

打草驚蛇だそうきょうだ(草を打って蛇を驚かす)

疑ワバ以ッテ実ヲ叩キ、察シテ後ニ動ク。復スルハ陰ノ媒ナリ。

草を打って蛇を驚かす(くさをうってへびをおどろかす)。蛇を直接叩くのではなく、草を叩くことで捕えて殺す意思を蛇に伝えている、つまり人やものを見せしめにする計略である。また、相手に自分が望む行動をさせるために、わざと尋常ではない信号を送ることもこの計略の一つ。

借屍還魂(しゃくしかんこん)

第十四計

死んだ者や他人の大義名分を持ち出して、自らの目的を達する。

借屍還魂しゃくしかんこん(しかばねを借りて魂をかえす)

用ウルアル者ハ、借ルベカラズ。用ウル能ワザル者ハ、借ルヲ求ム。用ウル能ワザル者ヲ借リテコレヲ用ウルハ我ヨリ童蒙ニ求ムルニアラズ、童蒙ヨリ我ニ求ム。

屍を借りて魂を還す(しかばねをかりてたましいをかえす)。使い古されたものに新たな命を吹き込む計略。「屍」とは役に立ちそうもないものを指し、役に立たないように見えるものでも実は役に立つかも知れないと知恵を働かせることを忘れてはならない。

調虎離山 (ちょうこりざん)

第十五計

敵を本拠地から誘い出し、味方に有利な地形で戦う。

調虎離山ちょうこりざん(虎を調あしらって山を離れしむ)

天ヲ持ッテ以ッテコレヲ困メ、人ヲ用イテ以ッテコレヲ誘ウ。住ケバ蹇ミ、来レバ返ル。

虎を調って山を離れしむ(とらをあしらってやまをはなれしむ)。「虎」とはここでは、正攻法で戦うには危険すぎる強力な敵対者を指す。戦う相手をその本拠地や支援者から遠ざけ、倒し易くする計略。

欲擒姑縦(よくきんこしょう)

第十六計

敵をわざと逃がして気を弛ませたところを捕らえる。

欲擒姑縦よくきんこしょう(とらえんと欲すればしばらはなつ)

逼レバ則チ兵ヲ反サル。走ラシメバ則チ勢イヲ減ズ。緊ク随イテ迫ルコトナカレ。ソノ気力ヲ累レシメ、ソノ闘志ヲ消シ、散ジテ後擒ウレバ、兵、刃ニ血ヌラズ。需ハ孚アリ、光ナリ。

擒えんと欲すれば姑く縦て(とらえんとほっすればしばらくはなて)。敵を完全に包囲して全方位から圧力をかけた状態では、敵は死力を尽くして猛反撃をしてくる虞がある。そのようなときに逃げ道を与えると、敵は警戒心を解き対話に応じてくる場合がある。「縦つ」ことはそれ自体が最終目標なのではなく、敵を「擒えん」とする長期目標に近づくための手段とされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました