スポンサーリンク

古典『敬意の方向』誰から~誰へ?《尊敬語・謙譲語・丁寧語》

古典『敬意の方向』誰から~誰へ?《尊敬語・謙譲語・丁寧語》 言葉
古典『敬意の方向』誰から~誰へ?《尊敬語・謙譲語・丁寧語》
スポンサーリンク
スポンサーリンク

敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があります。
この3種類の敬語は、「誰が」「誰に対して」敬意を表しているのかという「敬意の方向」がそれぞれにあります。

尊敬語・謙譲語・丁寧語の「敬意の方向」について、確認しておきましょう。

 

敬意の方向早見表

 

敬語の種類 地 の 文 会 話・手 紙
尊敬語 作者 から 動作の主体へ 話し手・書き手 から 動作の主体へ
謙譲語 作者 から 動作の客体へ 話し手・書き手 から 動作の客体へ
丁寧語 作者 から 読者へ 話し手・書き手 から 聞き手・読み手へ

 

「敬意の方向」というと難しく考えがちですが、まず「尊敬語」か「謙譲語」か「丁寧語」かを見分けて、次に「地の文」か「会話文」かを見分けるとわかりやすでしょう。
※ 地の文=会話文ではない文

敬語の方向:例文

 

基本の文脈

AがBに言ふ。

 

Aが高貴な場合

AがBにのたまふ。

  • 尊敬語「のたまふ」が、動作の主体Aに敬意を表す。

 

Bが高貴な場合

AがBに申す。

  • 謙譲語「申す」が、動作の客体であるBに敬意を表す。

 

AもBも高貴な場合

AがBに申し給ふ。

  • 謙譲語「申す」がBに、尊敬の補助動詞「給ふ」がAに敬意を表す。

 

ニ方向への敬語

 

敬語を二つ重ねて、二人の人物に対して敬意を示す用法があります。

 

 謙譲+尊敬

「公に御文奉りたまふ」

(帝にお手紙を差し上げなさる)

「奉り」=謙譲語  : 文を受け取る帝に対する敬意を表す。

「たまふ」=尊敬語は  : 文を差し上げる者に対する敬意を表す。

 

尊敬+丁寧

「御祈りのためとこそ仰せられさぶらいしか」

(お祈りのためだとおっしゃいました)

「仰せらる」=尊敬語

「さぶらふ」=丁寧語

 

謙譲+丁寧

「たれにかは憂ひ申しはべらむ」

(誰にこの苦しみを申し上げましょう)

「申す」=謙譲語

「はべり」=丁寧語

まとめ

敬語表現は読解のヒントになるので、尊敬語か、謙譲語か、丁寧語かを見分けられると大変役に立ちます。

 

尊敬語は 動作の主語

謙譲語と丁寧語は 動作の相手に敬意を払う言い方

 

「誰に対する敬意か」が問われたら

 

  1. まず敬語の種類を確認
  2. その敬語がついている動作の「主語」と「相手」が誰なのかを確認する。

 

何度も文章を読んで練習すれば慣れてきますので、実際の文章で敬意の方向を確かめながら読んでみましょう。

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
言葉
ORIGAMI – 日本の伝統・伝承・和の心

コメント

タイトルとURLをコピーしました